キュウリ Cucumber

 ◆ ウリ科は出来るだけ若い苗を定植 
 キュウリは、ウリ科を代表する野菜の1つ。一般的にウリ科の作物は苗を定植しますが、基本的にある程度若い苗を植えるのが鉄則と言われています。その中でも、キュウリは「できれば直播きが望ましい」と言われるほどで、本葉数枚程度の若い苗が良いとされます。
 ナス科は花の見える「大人の苗」が良いとされますが、ウリ科は反対ですので、定植遅れのないように気をつけましょう。
 ◆ 適切な株間で 
 キュウリなどの苗ものを定植するとき、株間はどれぐらいで植えているでしょうか?
 結構狭く植えているほ場をよく目にしますが、特にキュウリは側枝の発生が多く、繁茂しやすいので株間はやや広めにしておくのがポイントです。
 特に、最近は支柱を立てて一本仕立てにするよりも、ネットでツルを数本伸ばす方法も多く見られますが、その場合は特に株間を広めに取らないとすぐに葉が重なり合って繁茂しやすいので注意が必要です。
 ◆ 風通しを良くするために適度な摘葉を
 キュウリを栽培していてよく生じるのが、繁茂しすぎて管理しきれなくなるという場面です。葉やツルが繁茂すると、取り残しが多くなる上に、風通しが悪く、曲り果が増えたり、うどんこ病の発生を助長することにも繋がります。
 そのため、先ほどの株間の調整も大切ですが、摘葉作業も重要です。風で傷んだ葉やうどんこ病などの病気が発生をしている葉を優先して取りますが、特に大きく広がった親ヅルから出た葉を適時取り除くと良いでしょう。
 但し、一度に無理な摘葉を行うと、樹勢が低下し、むしろ樹勢の低下から病気や曲り果が増えることもあるので、一度にたくさん取らないよう、樹勢を見て取るようにしましょう。
 

知っておきたい病害虫
 ホウ素欠乏症状

【症 状】
 ホウ素の欠乏症は、ブロッコリーのほか、ハクサイ、ダイコンなどのアブラナ科野菜でよく目にする症状です。
 ブロッコリーでは、茎の部分に、ハクサイでも葉の白く硬い部分に、茶色いかさぶた状のものが生じます。また、ダイコンの場合は、根の表面がコルク化して肌が荒れたり、根を切断した際に変色をしていたります。
 ホウ素は微量要素の1つですが、さまざまな作物の中でも、特にアブラナ科野菜で発生しやすい欠乏症の1つといえます。   
 
【主な対策】
アブラナ科野菜を栽培する場合は、ホウ素を含む肥料を積極的に利用する。
  • ホウ素入り野菜美人
毎年発生が目立つほ場では、ホウ素を含む土壌改良剤を施す。
  • マルチサポート
  • ホウ砂
窒素過多(特に生育後期の肥料の遅効き)は発生を助長するので、施肥は適切なタイミングに適量施すこと。
 



All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA