サイツマイモ Sweet potato

 ◆ あまり急いで定植しない 
 サツマイモの発根に直接影響する要因は地温です。特に植え付けから2週間ぐらいの地温がとても重要です。  平均気温が15℃程度以上あれば、発根することができます。4月下旬以前の早い時期の定植は地温が不十分だと、結果として十分な塊根形成がなされない場合があります。
 そのため、地温が上昇する5月中旬から下旬を適期として、タイミングを狙って定植しましょう。
 ◆ 地温確保と適湿維持のマルチ栽培 
 ポリマルチで地面を覆うと、畝内の発根部位の地温を約5℃高める効果があるので、発根・活着の促進に高い効果があります。これにより、定植適期を早め4月下旬から定植することが可能となります。
 また、土壌の適湿を確保するので、梅雨時期などに過湿になりがちなほ場にも適しています。
 ◆ 初めに伸びる根が大切
 イモになる根は、苗を定植した際に一番初めに伸びる根です。そのため、苗の状態で根が伸びているものを定植すると、イモが奇形になったり、肥大が悪くなることがあります。そのため、苗は根が伸びすぎていないものを選びます。
 また、自分で採苗する人の中には、苗を切った後、仮植えして苗の数が確保できてから、本圃に植える方も見受けられます。このやり方は、根を傷める原因になりますので、仮植えはできるだけ避けた方がよいです。
 

知っておきたい病害虫
 半身萎凋病(はんしんいちょうびょう)

【症 状】
 半身萎凋病は、ナス科の野菜に多い病気で、その名の通り、葉や株の片側半分にだけ症状が現れる病気です。
 カビが原因の病気で、株元の近くの葉の葉脈と葉脈の間が黄色くなり、しばらくたつと茶色に変化します。病気が広がり始めると、葉や株の片側だけが日中萎れたような形となり、やがて株全体が枯れてしまいます。
 土壌伝染性のある病気で、ナス科の野菜を連作すると病気が発生しやすくなります。
 
【主な対策】
まずはナス科の作物の連作を避け、特に前年発病したほ場は避けましょう。
実生苗ではなく、接ぎ木苗を選ぶことで、発病を軽減することができます。
通路に水が溜まった状態が続くと、水を伝って次々と病気が広がっていくので、通路に水を溜めないようにしましょう。
 



All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA