トップページ営農情報新鮮野菜生活JAのご案内リンク集ネットショップええもん届ける便

  初夏どりブロッコリー 

◆ ブロッコリーを初夏どり?     
 ブロッコリーというと、夏に定植して、秋から冬にかけて収穫をするというのが一般的ですが、春に定植をして、5月末から6月にかけての初夏に収穫をする初夏どりの作型もあります。
 一般的な秋冬どりに比べると、栽培が比較的難しいとされていますが、ポイントを押さえれば、意外と上手に栽培できます。
◆ 温度を確保したい育苗     
 初夏どりブロッコリーは、1月末~2月上旬に播種をします。厳寒期の育苗となるので、ビニールハウスまたはトンネルの中で、しっかりと温度を確保してやることが大切です。
 通常は、128穴のセルトレイに1粒ずつ播種するのが一般的ですが、セルトレイはその形状により土が冷えやすいというデメリットもあります。 もし、セルトレイでは発芽が安定しないという場合は、一度育苗箱でバラ撒きをし、本葉が出始めた頃にセルトレイに移植をすると、比較的安定した発芽を確保することができます。
◆ GW以降の害虫防除が重要     
 予定通り、苗が生育すれば、3月下旬から4月上旬にかけて定植することになります。
 定植したばかりの頃は、まだ気温が低い時期で、それほど害虫は問題ありません。とにかく順調に活着をさせて、定期的に土寄せ・追肥をすれば構いません。
 問題なのは、4月末頃からの害虫被害です。初夏どり作型では、収穫期に向けて気温が上昇していくので、それに比例して害虫も増えます。そのため、少し気を抜くと爆発的に被害が拡大してしまいます。
 その中でも、特に気を付けたいのは、アブラムシの被害です。秋冬どりではあまり被害が多くありませんが、初夏どりはアブラムシの被害が顕著です。アブラムシは発生初期では見つけにくく、気づいた時には大被害になっていることも多いので、十分気をつけましょう。
 

知っておきたい病害虫
 赤色斑点病

【症 状】
 ソラマメで発生する「赤色斑点病」は、「チョコレート斑点病」とも呼ばれ、その名の通り、赤褐色の小斑点を生じる病気です。
 病気が進むと病斑はさらに拡大して、直径1~2ミリで周辺が明瞭な濃褐色の斑点となり、激しく発病した場合は病斑同士が融合していきます。
 葉や茎の発生はそれほど大きな収量低下にはつながりませんが、莢に発生すると品質が低下して等級が落ちる原因となるので、出荷販売を目的としたほ場では対策が重要です。
【主な対策】
3月以降はほぼ発生する病気と見て、他の病害と合わせて予防防除に努める。
 ・ジマンダイセン水和剤(さび病・輪紋病登録)
発生後は治療剤に変えて防除を行う。
 ・ロブラール水和剤
 ・カンタスドライフロアブル など
※適用内容は品目によって異なりますので、ご確認の上、使用してください。

 ハローいなば2019年1月号11ページより掲載



お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

▲安全・安心な農産物作りに戻る

ご利用にあたって | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 利用者等との利益相反管理方針   このページの先頭へ
中 大