トップページ営農情報新鮮野菜生活JAのご案内リンク集ネットショップええもん届ける便

  さやいんげん 

◆ 播種は晩霜の心配が無くなってから     
 さやいんげんの発芽適温は20℃前後で、低温ほど発芽までの日数が長くなってしまいます。さらに、10℃を下回ると正常な発育が望めないので、晩霜の心配が無くなった頃から播種をするのが適しています。無理な早まきは発芽不良にもつながるので注意をしてください。
◆ 実は高温にも弱い     
 一方で、さやいんげんは暑さにも弱いことが知られています。特に気温が30℃以上になると落莢が多くなり、ツルは生長するのにさやいんげんが成らないという事態に陥ります。
 そのため、栽培の適期は案外狭く、4~5月播種の初夏どりが一般的ですが、6~7月播種の夏どりはほとんど収穫できません。秋に向かって気温が低下してくると再び結莢しやすくなるので、8~9月播種の秋どりが再び収穫できるようになります。
◆ 適用作物名に注意を     
 以前、さやえんどうの時にも紹介をした通り、マメ類の作物の農薬の適用作物名は紛らわしいものが多々あります。
 さやいんげんもその1つで、一般的に緑の状態で収穫をして食べるものについては、「さやいんげん」という適用作物名になります。一方で、紛らわしいものに「いんげんまめ」というものもありますが、それは熟したインゲンマメになるので注意をしてください。
◆ グループ名を知っておくと便利     
 このようにマメ類の場合は、未熟なものと熟したもので農薬の適用作物名が異なるのですが、実は未熟なマメを包括的に含むグループ名として、「豆類(未成熟)」というグループでの適用作物名もあります。
 この「豆類(未成熟)」には、今回の「さやいんげん」を始め、「さやえんどう」「実えんどう」「えだまめ」「未成熟そらまめ」なども含みます。最近は、こちらのグループ名で登録を受けている農薬も少なくないので、知っておくと便利です。
 

知っておきたい病害虫
 菌核病

【症 状】
 菌核病は、さまざまな野菜に発生することが知られており、キャベツやブロッコリーといったアブラナ科野菜から、マメ科・ウリ科・ナス科などでも発生する病気です。
 初期の症状は、外葉の地面に接する部分が水浸状になり、褐色の病斑が出来ます。さらに病気が進行すると白色綿毛状の菌糸が生えます。さらに、病徴が進むと、カビの中に、灰褐色から黒色のネズミの糞のような「菌核」を形成することが特徴です。
 菌核の大きさは3~15ミリ程度で、いろいろな形のものが出来ます。また、菌核は成熟すると落ちて土壌中で4~6年という長い間生き残り、のちに病気の発生原因ともなります。
【主な対策】
被害株を見つけたら、早期に抜き取る。
残渣は次の伝染源となるので、ほ場に残さず、土中深く埋めるか焼却処分をする。
水田転作ほ場であれば水稲に戻して、湛水処理を行う。
発生を確認したら早めに適剤の防除を行う。
 ・アミスター20フロアブル
 ・アフェットフロアブル
 ・ファンタジスタ顆粒水和剤 ほか
 (上記は、「さやいんげん」での登録薬剤)
※適用内容は品目によって異なりますので、ご確認の上、使用してください。

 ハローいなば2020年1月号8ページより掲載



お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

▲安全・安心な農産物作りに戻る

ご利用にあたって | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 利用者等との利益相反管理方針   このページの先頭へ
中 大