トップページ営農情報新鮮野菜生活JAのご案内リンク集ネットショップええもん届ける便

  ハクサイ 

◆ ハクサイはお嬢様!?     
 ハクサイは、キャベツやブロッコリーなどと同じアブラナ科野菜の代表格です。
 ただ、同じアブラナ科とはいえ、ハクサイは、ブロッコリーやキャベツなどと比べると非常に根が弱く、直接畑に播種した方が良いと言われるぐらいの作物なのです。そのため、苗はあまり大きくせず、定植できる大きさになれば早めに植えてしまった方が、活着は良いといえます。
 また、根の再生能力も低いので、土寄せなどで根を切らないように、他の作物以上に土寄せ等の管理作業は注意をして行いましょう。
 実は活発でわんぱくなキャベツやブロッコリーに対して、ハクサイはデリケートなお嬢様なのです。
◆ 天候不順な年はさらなる追肥も     
 ハクサイの場合、定植して半月の頃と1か月の頃の2回、追肥を行うというのが一般的です。これは、キャベツやブロッコリーでも同様です。
 しかし、ここ数年のように、秋の天候が不順だと、例年よりも生育が遅れてしまうのはもちろん、施した追肥も雨で流亡してしまい、結果として肥料不足になるというケースもよくあります。
 そのため、結球するまでに地表面が見えないぐらい外葉を大きく育てることを目指し、生育が悪く小ぶりであれば、3回目ないしは4回目の追肥も検討してください。但し、追肥を行うのは結球するまでです。結球し始めてからも追肥をすると結球が悪くなる恐れがあるので注意してください。
◆ 肥料のやりすぎも禁物     
 ハクサイを栽培していると、よく目にするのが生理障害です。実は、いずれも肥料のやり方が影響しています。
 ・ゴマ症     
 ハクサイの葉の主脈に多数の黒い斑点が見られる場合があります。原因はいくつかありますが、特に肥料のやりすぎによる発生が多いことが知られています。
 ・心腐れ症状     
 球を割った時に、球内部の結球葉の先端または中心部が褐変・枯死をしている症状です。主因としてはカルシウム欠乏と言われていますが、実際には肥料のやりすぎにより、カルシウム欠乏が生じていることが多いです。
 実は、いずれの症状も、肥料のやりすぎで発生が助長されるので、適量に抑えることが大切です。また、年によっては過乾燥により肥料が効かず、その後、まとまった降雨で一気に肥料が効いた場合にも同様の症状が発生します。そのため、他のアブラナ科野菜よりもハクサイは丁寧な管理が必要といえます。
 

知っておきたい病害虫
 カブラハバチ

【症 状】
 「カブラハバチ」は、幼虫がダイコンやコマツナ、ミズナ、ハクサイ、カブといった柔らかい葉のアブラナ科野菜を食害する害虫です。
 体長は15~20ミリ程度で、幼虫に触れると落下して丸くなる習性があります。食害痕はチョウ目(チョウやガの種類)と似ていて、葉に大きな穴があき、多発すると葉脈を残して葉が食い尽くされます。
 カブラハバチの注意点は、見た目はイモムシのような形をした黒い害虫なので、チョウ目と間違えやすいということです。カブラハバチは、その名の通り、ハチ目の種類の害虫なので、効果のある薬剤が異なるため注意が必要です。
【主な対策】
比較的、発生後の防除でも対応しやすい害虫なので、害虫を発見したら、早めに防除に努めること。但し、チョウ目害虫を対象とした薬剤では効果が無い場合もあるので、適用害虫をよく確認しておく。

   ・プレバソンフロアブル5
   ・モスピラン顆粒水溶剤
   ・ハチハチ乳剤
   ・ディアナSC ほか
  ※適用内容は品目によって異なりますので、ご確認の上、使用してください。

 ハローいなば2018年11月号7ページより掲載



お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

▲安全・安心な農産物作りに戻る

ご利用にあたって | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 利用者等との利益相反管理方針   このページの先頭へ
中 大