トップページ営農情報新鮮野菜生活JAのご案内リンク集ネットショップええもん届ける便

  オクラ 

◆ 初期生育はゆっくり     
 オクラの生育は、ほかの作物などと比べても、一番花が開花する頃までは生育が意外とゆっくり進みます。
 花が咲かないからといって、「肥料が足らないのでは?」と肥料をやりすぎると、生育期の中盤以降に一気に肥料が効いて、草勢が強くなりすぎます。また、「水が足らないのでは?」と水をやりすぎると、根痛みによって生育不良や欠株を招くこともあるので注意が必要です。
◆ あえて密植気味に     
 一番花が開花する頃になると、次第に生育が早くなり、草勢も強くなっていきます。しかし、オクラは草勢が強くなりすぎると、背が届かないほどの巨大な株になってしまい、着花不良が発生したり、着果しても変形果が多くなったりします。
 そのため、オクラでは草勢を抑えるために、あえて1か所1株にせず、2~3株にして密植気味にし、生育を抑えるのがコツです。購入苗の場合は、1鉢に3~4粒播いてあるのが一般的ですが、それらは整理をせずに1か所に3~4株のまま植えるようにします。
◆ 摘葉して樹勢コントロール     
 また、オクラでは草勢を見ながら、摘葉をして樹勢をコントロールしていくのもよく行われます。一般的には、収穫期の莢の下に葉を1~2枚程度残して摘葉をしていきます。もし、それでも樹勢が強いようなら、着果位置まで摘葉し、樹勢が弱いようなら多めに残すようにすることで樹勢をコントロールしていきます。
 また、収穫期となる夏場は、過乾燥によって草勢や品質の低下が起こりやすいので、積極的に灌水をします。
◆ 収穫適期を逃さない     
 オクラは、適期を過ぎて莢が大きくなりすぎると筋張って硬くなってしまい、商品価値がなくなってしまいます。他の野菜以上に収穫適期が狭いので、取り遅れのないよう注意して収穫して下さい。
 

知っておきたい病害虫
 炭疽病

【症 状】
 炭疽(たんそ)病は、野菜や草花などの葉や果実・茎などに発生する病気ですが、特にスイカなどのウリ科野菜に発生するのがよく知られています。
 最初、葉や果実に発生した場合は、灰褐色で円形の病斑を生じ、さらに病斑が拡大すると、中心部が灰白色になったり、同心円状の紋を生じたりします。
 発病した部分は枯れるため、多発すると植物の生育は悪くなります。特に果実の場合は、病斑の部分が腐り、茎や枝の場合は病斑が生じた部分から上が枯れ、被害が大きくなります。
【主な対策】
被害葉や残渣を除去し、栽培環境の浄化に努める。
高温多雨の季節では、発生と蔓延が多くなるので、施設栽培や雨除け栽培に努める。
窒素過多の栽培を避ける
発病後の薬剤防除は困難を伴うので、発病初期を的確に捉えて早期防除に努める。
 ・トップジンM水和剤
 ・アミスター20フロアブル
 ・ベンレート水和剤 など

※適用内容は品目によって異なりますので、ご確認の上、使用してください。

 ハローいなば2019年6月号6ページより掲載



お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

▲安全・安心な農産物作りに戻る

ご利用にあたって | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 利用者等との利益相反管理方針   このページの先頭へ
中 大