トップページ営農情報新鮮野菜生活JAのご案内リンク集ネットショップええもん届ける便

  青ネギ 

◆ 発芽は高温に注意     
 ネギは、発芽適温が15~20℃前後と言われており、特に30℃を超えるような温度になると発芽率がガクッと落ちてしまいます。春や秋のは種であれば問題はありませんが、夏場の気温が高い時期は発芽不良になるケースもあるので、寒冷紗で地温上昇を防ぐなど注意が必要です
◆ 苗を作って回転数アップ     
 青ネギというと、「畑に直接種まきをして栽培するもの」というイメージがあるかもしれませんが、セルトレイに5~6粒ずつは種を行い、その苗を定植するという方法もあります。
 ネギはどうしても本葉2枚頃までの生育初期に時間がかかりますが、この方法を使うと栽培期間を2ヶ月弱程短縮することができ、畑の回転率を上げることが可能です。定植作業の手間が増えてしまいますが、発芽も安定するので、試してみてはいかがでしょうか?
◆ スリップスに要注意     
 青ネギ栽培で特に気を付けたいのがスリップス(アザミウマ)です。青ネギは白ネギ以上に緑色の葉身部が大切なので、スリップスの発生は、とても見栄えを悪くしてしまいます。
 そのため、まずは粒剤を使って、初期からスリップスの発生を抑えます。
●ダントツ粒剤
●アルバリン/スタークル粒剤等
 その上で、飛び込んでくるスリップスには薬剤散布で防除をする必要があります。最近では、速効性で効果の高い剤と残効性に優れた剤を混用することで、高い効果が得られることが知られています。

【速効性の剤】
 ●ディアナSC ●ハチハチ乳剤 ●アグリメック
   
【残効の長い剤】
 ●アタブロン乳剤 ●マッチ乳剤 ●ウララDF

 こういった剤もいつかは効果が低下してきますので、出来るだけ同じ種類の剤の連用はさけるようにしましょう。
 

知っておきたい病害虫
 ブロッコリー・黒すす病

【症 状】
 ブロッコリーの黒すす病は、ここ近年、鳥取県でもブロッコリーで発生が確認されてきている病気で、特に今年は秋以降の台風と天候不順により発生が目立っています。
 葉身に発生すると、褐色小斑点および円形~楕円形の輪紋病斑を形成し、やがて病斑中央部に穴が開き、病斑周辺は黄色になります。一般的に高温多湿に発生しやすく、近年では台風通過や大雨をキッカケに発生が広がるケースが多いと言われています。
 花蕾に病気が発生すると、まず黒色の小班点を生じ、のちに病斑が拡大して黒褐色に腐敗します。花蕾の症状だけ見ると、黒腐病(細菌性病害)との判別が難しいのですが、葉身病斑が異なる(黒腐病は葉の緑からV字状に枯れ込んでくる)ので、その点で判別をしてください。
【主な対策】
前年発生したほ場では、作物残渣から次年度に発生した事例もあるので、栽培後に石灰窒素を投入し混和するなどして残渣の分解に努める。
台風や大雨といった荒れた天気があれば定期的に薬剤散布を行う。特に結球開始直前に薬剤散布をすると効果が高い。
  • アミスター20フロアブルほか
 ※適用内容は品目によって異なりますので、ご確認の上、使用してください。

 ハローいなば2017年12月号7ページより掲載



お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

▲安全・安心な農産物作りに戻る

ご利用にあたって | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 利用者等との利益相反管理方針   このページの先頭へ
中 大