トップページ営農情報新鮮野菜生活JAのご案内リンク集ネットショップええもん届ける便

  ナスの剪定 

◆ 水分変化は苦手     
 ナスというと「水が大好き」と思っている方は多いと思いますが、実はナスと言えども、乾燥から過湿といった大きな水分変化は結構苦手です。特にこれからの時期、1週間雨が降らなくて乾燥が続いた後に、ゲリラ豪雨等で畝に水が溜まるほど雨が降ると、急激な水分変化から根が傷み、その後の好天とともに萎れてしまうケースがよく起きます。
 それを防ぐためにも定期的に通路灌水をするなどして水に慣らしてやることと、敷きワラやマルチ被覆を行って急激な水分変化に対応できるようにしてやります。
◆ 主枝を決めないと整枝できない!?     
 ナスの更新剪定は習得するまで分かりづらいのが実情です。ただ、その原因の1つは主枝を決めていないからというケースもよくあります。
 そのため、まずは主枝とする枝を1株あたり3~4本程度決めてしまいます。厳密に言えば、第1花のすぐ下やさらにその下の脇芽を活用するなど、主枝の取り方もコツがありますが、最終的には勢いがよく、誘引しやすい枝を選ぶことが大切です。
◆ 整枝の第一歩は摘心から     
 主枝が決まったら、いよいよ整枝を始めていきます。ナスは枝と葉の分かれ目から側枝が出てくるので、『側枝の花のすぐ上(もしくは同じ位置)の葉を1枚残して摘心する』ということです。
 こうすることで、枝を整理出来るとともに、無駄に枝を伸ばさない分、さらに新しい側枝の発生が促されるので、収量が増えます。ナスは葉2~3枚おきに花が付くので、摘心が遅れると次の花が付いてしまい、「もったいないなぁ…」と思っているといつまでたっても整枝が出来なくなってしまいます。
 まずは、勇気をもって花の上で摘心するというところから始めてみるといいでしょう。
 

知っておきたい病害虫
 チャノホコリダニ

【症 状】
 チャノホコリダニは、イチゴやキュウリなどでも発生する害虫ですが、ナスでよく被害を目にします。
 チャノホコリダニは、体長約0.1~0.5ミリ程と非常に小さく、肉眼で確認することが非常に難しい害虫です。そのため、茎葉に被害が出てからようやく発生に気づき、その時には大発生しているというケースが多いといえます。
 ナスでは、生長点の新葉がねじれて裂け目を生じ、硬く奇形葉になってしまい、葉が小さいまま生長を停止し、芯止まりとなります。
 さらに果実に発生すると、その表面がかすり状に褐変し、果皮が硬化するなど独特の被害症状になります。
【主な対策】
露地栽培では、降雨が少ない梅雨入り前の6月、梅雨明け後の7~8月に発生しやすいので天候に留意しながら警戒をする。
被害を受けると、生長が停滞してしまうので、定期的に葉面散布を行うなどして樹勢の回復を図る。
被害を確認したら速やかに殺ダニ剤で防除を行う。ただし、害虫の中では最も抵抗性が発達しやすいので、出来る限り、1剤につき1作1回に抑えるようにする。
 また、同じダニでもハダニとはまた少し違い、効果のある薬剤が違うので、注意をする。
   
   ・カネマイトフロアブル
   ・コロマイト乳剤 など

  ※適用内容は品目によって異なりますので、ご確認の上、使用してください。

 ハローいなば2018年7月号7ページより掲載



お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

▲安全・安心な農産物作りに戻る

ご利用にあたって | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 利用者等との利益相反管理方針   このページの先頭へ
中 大