topに戻る

 ケアマネージャー(介護支援専門員の資格者)が、介護に関する相談、要介護認定の申請代行を行います。要介護認定後は、ご本人やご家族の意向を元に、介護を利用される方が可能な限り、ご自宅においてその方の能力に応じた日常生活を営むことができる様、ご本人に合った介護サービス計画を作成します。
 又、要介護認定を受けられた方だけに限らず、在宅の高齢者の方々やご家族に対し、介護等に関しての必要なサービスを、総合的に受けられるよう市町村やサービス提供機関等との連絡調整を行います。

【対象となる方】
  要支援1〜2、要介護1〜5までの認定をうけている方

【サービス提供施設のご案内】
  わかばの家ケアプランセンター

介護が必要と感じたら、市町村の「要介護・要支援」の認定を受ける必要があります。
まずは、わかばの家ケアプランセンターまでご相談下さい!
@申請
 行政の窓口に申請します。(ケアマネージャーが代行して行います。費用はかかりません。)
 
A調査
 訪問調査・・・調査員がご家庭を訪問し、心身の状態などについて調査を行います。→1次判定
 主治医の意見書・・・行政から主治医に、心身の状態などに関して意見書の記入を依頼・作成してもらいます。
 
B審査・判定
 介護認定審査会(2次判定)・・・調査票と医師の意見書をもとにどのくらいの介護を必要とするか(要介護度)を判定します。
 
C認定
 審査会の判定結果をもとに非該当、要支援1・2、要介護1〜5に分けて判定されます。

※非該当の場合・・・介護保険によるサービスの利用は出来ませんが、市町村の行う介護予防サービスを受ける事はできます。
 
D介護サービス計画の作成
 利用者の状態や希望を考慮した介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。
 
E介護サービスの利用
 介護サービス計画(ケアプラン)に沿って、各サービスを利用します。




topに戻る