花(ハ行)に戻る


※見たい質問のタイトルをクリックして下さい!!


ジャンボひまわりの肥料について ひまわりの管理方法について


質問 2008/5/7  受付NO.00699   【ジャンボひまわりの肥料について】
4月からジャンボひまわりを育てています。 背丈4mを目標にしています。 どんな肥料を与えればよいのでしょうか。
 京都府 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。(丈を伸ばすための栽培方法の)実績がないので、一般的な回答になります。ご了承下さい。地上部と地下部のバランスを保つためにも、地下=根の生育が大事です。場所選びも必要ですが、根がしっかり伸びるように、腐葉土をたくさん入れて、よく耕してから播種することが肝要かと思います。その際、できれば完熟堆肥(=元肥)を入れます。ひまわりは吸肥力が強い植物(まったく肥料をやらなくてもそこそこ育つ)なので、生育を見ながら化成肥料を2週間に1回くらい追肥していけば良いと思います。土質や気候にもよりますので、いろいろ試してみて下さい。よろしければ結果をお送り下さい。楽しみにしております。 回答


ページのtopに戻る


質問 2008/7/30  受付NO.00761   【ひまわりの管理方法について】
いただいたひまわりの種をまいたら7月中ごろ10本ほど咲きました。茎の直径が5センチ、高さが3メートルの立派なものです。東を向いて咲き誇っていた大輪も、そろそろ下を向き始めます。来年も咲かせるために、この後どんな手当をすればよいのか教えてください。
男性
やがて花は枯れます。→種の実りが始まり、花の中心から盛りあがり、その重さで下向きに垂れるようになります。→花が枯れてから一ヶ月以上が経てば採種可能な時期になります。→種の硬さ(成熟度)を調べます、花冠の中心にある種と外回りにある種 を数個採取し、種の中心部を指で強く押してもびくともしないくらい硬かったら、種の実りは完成しています。→茎ごと花を切り、日中風通しの良いところに置き2〜3週間くらい乾燥させます。この時、鳥が種を食べに来るので乾燥させる場所には注意してください。十分に乾いたら種を取り、袋に入れて涼しいところに保管し、また来年も立派なヒマワリを咲かせましょう。 回答


ページのtopに戻る

花(ハ行)に戻る