果物(ア行)に戻る


※見たい質問のタイトルをクリックして下さい!!


栽培について


質問 2008/1/9  受付NO.00680   【栽培について】
イチジクをたくさん露地栽培する際、石灰・肥料・堆肥など、どんな割合で入れたら良いですか。株間はどの位あけますか。大きな実が成るドーフィン・日本種はこの地域で栽培可能でしょうか。
岐阜県 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねの件につきまして、下記のとおりお答えします。
マスイドーフィンは、どちらでも比較的大きな果実を成らせることができます。ただ、害虫に注意が必要です。
○植え付け時、1,000u(10a)当たり苦土石灰100kg、リン酸質肥料40kg、堆肥1,000kgを目安に施用します。
○2年目から窒素質肥料・リン酸質肥料・カリ質肥料の含まれている化成肥料を、樹齢に合わせて量を増やしながら施用します。1,000u(10a)当たり化成肥料で50〜80kgで始めてください。
○植え付け間隔は2m×4mを目安とします。1,000u(10a)当たり130本前後が目安です。
(参考)上記肥料について、130本で割って1本当たり施用量の参考として下さい。
回答


ページのtopに戻る




果物(ア行)に戻る