果物(マ行)に戻る


※見たい質問のタイトルをクリックして下さい!!


剪定方法 栽培ポイント 実を大きくする方法など 樹につく虫は? 桃や杏に割れ目が出来る原因
山桃の葉が枯れてしまった原因 受粉の仕方について 渋果について 整理落下防止について


質問 2003/05/07  受付NO.00070   【剪定方法】
1年前から桃(大玉白鳳)をプラスチックの鉢(直径60cm位)に植えましたが、枝がバンバンと伸びてしまい、このままで実がなってくれるのか心配です。どうすればよいですか??また、新たに桃(大玉白鳳)を植えたいと思うのですが、毎年の剪定方法などで、コツがあれば教えていただければと思います。もう1つお聞きしたいのですが、梨(豊水・ラフランスなど)、鉢植えでも楽しむことは出来ますか?
山形県  男性
質問ありがとうございます。「大玉白鳳」だと単独でも結実します。お尋ねのような内容ですと、植えておられるのは「白桃」系の桃ではないでしょうか。そうだとすると、ご予定の「大玉白鳳」を植えられると、受粉して結実するようになります。できれば、根元に敷き藁をして、潅水は極力控えてください。鉢はもう少し大きいものに代えた方がよいです(植え替えは11月頃がベストです)。剪定方法について、少し見えにくいかもしれませんが、別添を参照して下さい。そして、もう一つの質問、梨の鉢植えです。梨の鉢植えはできます。とくに、豊水は大丈夫です。
回答


ページのtopに戻る


質問 2003/3/12  受付NO.00063   【栽培ポイント】
みかんで、はるみ、清見を、植えようと思いますが、暖かい地方でない為すこし心配です。植えても、おいしいのができるのかとか、寒さにどうなのかよくわかりません。育て方と注意点を教えてください。
岐阜県 男性
質問ありがとうございます。「はるみ」、「清見」は糖度が高く、和歌山県以西でよく栽培され、1月〜2月頃に出荷されるみかんです。みかんは寒さに弱く、前記品種を植えられても、お住まいの岐阜県では、寒害を受けて枯れる可能性があります。
「早生温州」は12月には収穫が終わるので、まだ寒害の被害を受けにくいと思います。収穫終了後、コモなどをまいて、木を寒さから守ってやって下さい。「夏みかん」は酸味が強く、比較的寒さに強いようです。-氷点下が続くような気象条件では、みかんの栽培は難しいと思います。たとえ枯れても仕方がない、というくらいの気持ちで、お近くのJAやホームセンターに聞いてみて作ってみられてはどうでしょうか。
回答


ページのtopに戻る


質問 2004/5/16  受付NO.00147   【実を大きくする方法など】
中古で買った家の庭にそれぞれ梅、桃、柿、ビワの木があります。梅はしだれ桜のような枝で小さな実が結構たくさんなりますが、途中で落ちてしまい収穫するほどの量にはなりません。肥料のやりかた、剪定のコツ、時期等教えてください。桃は地面から2〜30センチくらいのところで二股に分かれています。実がなるのですが、たくさんなりすぎて結局ほとんど落ちてしまいます。実を大きくするための手入れのコツ・時期、肥料のやり方等教えてください。また、この木は幹の何箇所かから樹液が流れて出しています。近所の方の話では、『もう寿命だ・・』ということですが手入れの方法はないものでしょうか?それから、柿の木です。まだ高さが250センチくらいですが、昨年はじめて実がなりました。小さな渋柿でした。接木をして甘柿にしたいのですが、接木のコツ・時期等教えてください。
質問をお寄せいただきありがとうございます。ウメやモモの実が沢山つきすぎて起こる落果は、摘蕾、摘果をすることである程度防止できます。
○ウメ:5月上旬ごろ、日当たりの良い短果枝では1〜2果、日当たりの悪い短果枝では1果残し、葉がない短果枝では全て摘果します。長果枝では5cm毎に1果の割合で残します。
○モモ:開花前に摘蕾を(短果枝1果、中果枝3〜4果、長果枝6〜8果)行い、満開後20〜30日までに予備摘果を(短果枝2〜3本に1果、中果枝2〜3果、長果枝4〜5果)行います。満開後40〜50日までに本摘果を行います(短果枝3〜4本に1果、中果枝1〜1.5果、長果枝2〜3果)。※短果枝(5〜15p)、中果枝(15〜30p)、長果枝(30〜50p)
また、樹木の養分を充実させ、果実の生育を良くするために収穫後、礼肥(ウメ:7月、モモ:9月)を与え、元肥(ウメ:12月上旬、モモ:11月中下旬)を与えて下さい(時期は関東を基準にしていますのでお住まいの地方によって若干異なります)。モモの幹から樹液が流れ出していることについてですが、これは「コスカシバ」という害虫の食害によるものと思われます。この虫に効果のある農薬は幾つかありますが、購入先(最寄りのJAやホームセンター)にて種類や用法をお尋ねください。カキの接木の時期は4月で、上旬から接ぐことが出来ますが、最適の時期は中旬です。
・柿の接木の方法はこちらを見て下さい!
・桃の整枝の方法はこちらを見て下さい!
・桃の剪定の方法はこちらを見て下さい!
回答


ページのtopに戻る


質問 2005/7/12  受付NO.00393   【樹につく虫は?】
今回、家を新築するにあたり、南側にモモの樹(品種は大久保です)を植えるつもりにしていますが、次の点を質問します。
1.モモの樹につく虫はどんなものがいますか?子供がいるので特に毛虫などはどうでしょうか?また、その対策はどうすれば、よろしいでしょうか?
2.私方は大分県大分市内ですが、モモの実は無事できるでしょうか?
大分県
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。品種については、お住まいの地域の気象条件がわかりませんので、苗木を購入される際、相談された方(お住まいの地域で一般的に栽培されている品種を参考にされてもよいです。)がよいと思います。桃は病害虫がつきやすい樹木です。毛虫もつきますが、果実内や樹幹内に侵入して食害する害虫が重要です。参考までに簡単な栽培方法を添付します。交配、袋掛け、防除、整枝方法など、参考にしてみて下さい。
※病害虫がつきやすい分、ある程度防除しないと収穫できません。防除できる環境か、よく検討してみて下さい。

※栽培方法はこちらを見て下さい!
回答


ページのtopに戻る


質問 2005/8/30  受付NO.00415   【桃や杏に割れ目が出来る原因】
今日桃を食べていて思ったのですが、桃や杏にある割れ目は、なぜ出来るのですか?教えてください。
愛知県
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。”割れ目”は包合線(ほうごうせん)といって、核(=種)に沿うように割れています。その割れ目内部に、養分を運ぶ線が走っています。運ばれる養分で周りは太るのですが、その割れ目上は太りが悪く、そして、割れ目になるようです。私も何気なく食べていたので、勉強になりました。 回答


ページのtopに戻る


質問 2007/5/31  受付NO.00578   【山桃の葉が枯れてしまった原因】
庭で山桃の木を育てていますが、窒素、リン酸、カリの元肥をやり過ぎたせいなのか、葉っぱが徐々に枯れてきたんです・・・。どうしたら、元気になるのか、教えてもらえないでしょうか・・・。
大阪府 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。土壌排水、刈り込み具合、樹齢など、詳しいことがわからないので、はっきりした回答をしかねますが、@主幹に侵入した害虫によるものA排水不良による根腐れB枝の切り込みすぎC窒素肥料のやりすぎなどが考えられます。@の場合、最寄りのJAやホームセンターで相談して下さい(虫が侵入した穴があります。)。回復の見込みは、専門の方に見立ててもらう必要があると思います。



ページのtopに戻る



質問 2008/4/2  受付NO.00691   【桃の受粉の仕方について】
桃(台湾水蜜桃)の受粉の仕方が分かりません。 どれがおしべ・めしべも分かりません。又、人工受粉が必要なのか、どうかも分かりません宜しくお願いします
沖縄県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。桃の1花の花弁の中心にある1cm前後の柱状の部分がめしべで、それを取り巻くようにある柱状のものがおしべです。自分の花粉では受精しにくいので、他の花の花粉をめしべに付けてやると実止まりがよくなります。花粉を取るのは自家用では難しいので、開花時期に異品種の枝を切ってきて、交配したい樹の花に軽くこすりつける程度で良いと思います。
回答


ページのtopに戻る


質問 2008/4/30  受付NO.00696   【桃の渋果について】
ももについての質問です。現在庭に白鳳・白糖・あかつきの三本を地植えしております。2年苗を3年前に植えました。昨年実はある程度の大きさになったのですが、3本とも半分程度の果実が渋いのです。日当たりは良好です。肥料は冬に油粕や骨粉等を与えております。水やりは特に行っておりませんが、日照りが1週間程度続く場合はジョウロでたっぷりやっております。現在は高さ2.5m、幅3m程度に育っております。今年は葉チジレ病が発生し、発症した若葉は除去しております。枝に成らせる実の個数は適度に管理していたつもりです。袋がけはしましたが、カメムシと実の中に何かの幼虫がたまにいました。何か原因と対策はあるのでしょうか?宜しくお願いいたします。
男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねの件につきまして、下記のとおりお答えします。まず、果実が渋い件につきまして、樹勢が弱ったり、枝に障害等が発生すると、樹液の流動が悪くなり、果実が渋くなる場合があります。樹齢が進んでくると比較的発生は少なくなります。土壌改良を行って、樹勢の維持を心がけてください。虫の件(カメムシ・果実の中に入っている虫)につきまして、カメムシについては、袋掛けが終了していれば特に問題はないと思います。ただ、収穫前の対策として、アルバリン顆粒水和剤2,000倍液散布で対応することをお奨めします。
現在果実に入っている虫については、シンクイムシ類と思われますが、時期的に果実に入るにはやや早い気がします。
シンクイムシの対策として、DDVP乳剤1500倍液の散布で対応して下さい。ただし、袋内に包み込んだ場合、農薬は効きませんので注意してください。
回答



ページのtopに戻る

質問 2008/6/18  受付NO.00735   【桃の整理落下防止について】
初めまして。家の庭に桃の木を6本植えております。先代の父が12年ぐらい前に桃を植えておりますが、整理落下が結構多くて、何か薬等で防ぐ方法は無いのでしょうか。摘果もしていますが、摘果の数が少ないのかも知れません。私は普通の会社員で農業のことはまったくの素人です。以上です。宜しくお願い致します。
愛媛県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。生理落果については、薬で抑えることはできません。まず、品種の問題があります。清水白桃・浅間白桃などは、花粉が少なくて交配が十分でなければ生理落果する場合があります。(落花後しばらくしてから)(6月上旬頃)果実がやや大きくなって落ちる場合は、摘果等が不十分で実がつきすぎ、養分競合で落果する場合があります。また、摘果時期が遅れると多くの実が落果し、新梢が急に多く発生したり、二次伸びが多くなった場合に生理落花で落とす場合があります。以上3点ぐらいが考えられます。
防止策:交配を十分に行う
    摘花・摘果を早期に行う(実止まり確認後、早期に1新梢一果にし、その後1.5ヶ月間で弱い枝の果実を間引く)肥料は元肥のみとし追肥は行わない
回答




ページのtopに戻る


果物(マ行)に戻る