果物(ラ行)に戻る


※見たい質問のタイトルをクリックして下さい!!


栽培のポイント
ラフランス・幸水の植え付け方法
ラフランスの自然落下防止について


質問 2004/11/1  受付NO.00264   【栽培のポイント】
ラフランスの苗木を畑に植えました。栽培する上での注意点や肥料の与え方を教えてください。また、単独でも結実するものなのでしょうか。
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。ラフランス(洋ナシ)は立木栽培にするため、風が当たらない場所で育てることが大切です。また西洋ナシは夏冷涼で、日当たりの良い場所が適しています。施肥は10a当りでチッソ:リン:カリが10:6〜8:8〜10を目安にして、11月〜12月の元肥を中心に施肥します(西洋ナシ成木の10a当りの施肥例、窒素15s、リン酸6s、カリウム12kg、苗木の場合は少なめにします)。ただ、施肥量は土壌条件によって変わりますので、実際に栽培されている畑の状態や、生育状況に合わせて変える必要があります。また、ラフランスは自家不和合性で、受粉樹があったほうが良く、受粉樹としては幸水や豊水が揚げられます。 回答
質問 2005/3/14  受付NO.00315   【栽培のポイント】
らふらんすを育てて収穫してみたいと思っています。台風などの強い風にあたると、落下しやすいので、棚を作って、枝をむすんでやらないといけない。というようなことを聞きましたが、どうなんでしょうか。成長すると、かなりの大木になりますか?和梨も育てたいと思っていますが、ともに棚を作るのは必要でしょうか。趣味で、あまり広くない畑で色々な果実を作りたいと思っていますので、それぞれ一本だけにしたいと思っているのですが。
女性
質問をお寄せいただきありがとうございます。ラフランスの主産地は山形県です。栽培は一般的には立木栽培を行い、幹を支える頑丈な支柱が必要となります。木の大きさは3mくらいまで大きくなります。結実のためにバートレット等の他品種の花粉が必要となります。日本梨は大きく分けて、赤梨、青梨に分けられますが、赤梨のほうが栽培しやすいでしょう。栽培するには簡単な棚があったほうがつくりやすく、風等で落下する心配がありません。品種は豊水・幸水などが安全で、できるなら2品種以上栽培したほうがよく、互いの花粉を利用し受粉したほうが実の止まりが良くなります。下図はそれぞれの樹形になります。
回答


ページのtopに戻る


質問 2005/4/7  受付NO.00321   【ラフランス・幸水の植え付け方法】
【1回目の質問】
ホームセンターで去年売りれ残りのラフランスと幸水の苗木を購入しました。ラフランスは150cmの高さで直径3センチぐらいの真っ直ぐな幹の先の方にか細い枝(直径7ミリ程度)が4本出て、枝にはまだ硬そうな芽がいくつか付いていますが、幹には芽がありません。また、幸水も130pの高さで直径3センチぐらいの真っ直ぐな幹の先に3本の細い枝(直径10ミリ程度)が3本出て、枝先は芽吹いた状態になっていますが、幹の部分には芽はありません。本などを読むと苗木が60センチ程度の一本の幹に芽がいくつも付いている場合は、鉢に植えつけてから、幹の半分ぐらいのところで切っておくようですが、小生が買い込んだ二つの苗木は既に1年が経っており、主幹の途中、途中の芽は、どちらも枯れ込んで潰れてしまっている状況です。このような場合、どのように植えつければよいでしょうか。アドバイスをお願いいたします。
【2回目の質問】
早速ですが、デジカメを借りて写真を撮ることが出来ましたの見て頂けないでしょうか。ラフランスと幸水は新苗とは別に、売れ残りの果樹と一緒に片隅におかれていたので、やはり2年目だと思われます。左がラフランスで芽がまだ硬く、右の幸水は少し芽吹いています。下記のメールのように恐る恐る新枝を少しだけ切ってみましたが、まだ、不十分であれば、ご指導ください。また、デコポンと日向夏も、去年伸びた枝をそのままにしてあります。どのあたりをいつ頃に切れば宜しいでしょうか。常葉樹で柑橘類は梨とはまた違うのかと思い、剪定できていません。こちらも何卒ご指導のほど宜しくお願い致します。
千葉県
【1回目の回答】
質問をお寄せいただきありがとうございます。芽が無い部分でも前年芽があった場所より発芽する場合があり、もう少し早い時期でしたら@2年生の場合(1年生との見分け方として幹の半分から上のあたりにしわ(前年の頂芽)とその部分から伸びた枝があります)とA1年生の場合で切るところも異なってきます。苗木が1年生の場合、枝はふつうありませんが、生えてくる場合もあるので、メールの内容からは苗木が1年生か2年生か判断がつきませんが、今の時期ですと既に芽が動いているので、1年生でも2年生でも今ある枝を生かしてやるのが良いでしょう。図のように伸びた枝の上の部分で切ってやります。伸びた枝も5cmほど残して切ってやります。なお、鉢で育てるには直径1m、深さ80cmくらいの大きさが必要になりますし、3年ほどで植え替えが必要になってきますので、地植えをおすすめします。日当たりの良いところに植えてやり、潅水を十分にしてやります。肥料は油粕程度で良いでしょう。
【2回目の回答】
柑橘とラフランスはそのままでも良いと思います。幸水については、写真では下の方から芽が出ているように見えますので、思いきって@地面から60〜70cmの所で切る(添付写真の赤く線を引いている所)か、心配でしたらA伸びた枝を半分に切ってやると良いでしょう。(写真の黄色く線を引いている所)どちらにしても葉芽を残して、花芽は必ず取ってやります。あと、鉢がやはり小さいように思います。
回答


ページのtopに戻る


質問 2008/6/6  受付NO.00726   【ラフランスの自然落下防止について】
ラフランスを栽培して5年目になりますが毎年花が咲き、着果するのですがしばらくすると自然落下して結実した果実が少なくなります。周囲には豊水の和梨を植えてあります。自然落下の防止についてご指導願います。
奈良県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。洋ナシと豊水の開花時期が異なれば、交配不良となって早いうちに落果してしまいます。また、交配が良好に行えたとして、果実が多くて(着果しすぎて)生理落果を起こす場合がありますので、実止まり後に摘果を行ってはどうでしょうか。交配についても、自然交配では、着果しくいので人工授粉を行ってはどうでしょうか。
回答



ページのtopに戻る


果物(ラ行)に戻る