その他(ハ行)に戻る


※見たい質問のタイトルをクリックして下さい!!


対処法


質問 2006/6/19  受付NO.00478   【ハモグリバエの対処法】
マンションのベランダでプランター菜園をしています。マンションは5階なので、虫もそう来ないだろうと思っていましたが、ベビーリーフ、シソ、ミニトマトの葉が、すぐにハモグリバエにやられてしまいます。見つけ次第葉をちぎるなどしていますが、それだけでは追いつきません。いつの間にか、ハエの卵らしき白い点々がたくさんできています。卵や幼虫を食べたとしても害はないとのことですが、やはり気持ち悪く感じています。可愛がっていた野菜にうねうねと「絵描き」されるのもがっかりしてしまって・・・何かよい対策はありませんでしょうか。お教えください。よろしくお願いいたします。
東京都 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。ハモグリバエは、マメ科作物を中心に、数多くの野菜に被害を与えます。ですが、ハモグリバエによって野菜の生育が大きく影響を受けることは少ないように思います。ですので、直接葉を食べない果菜類に関しては、無理に葉を取らずに、放任にしておいた方がよい場合もあります。とはいっても、葉菜類など葉を食するものとなると、放っておくわけにはいきません。対応策としては、次の3点が上げられます。
@農薬の散布
ハモグリバエに登録のある農薬はいくつかありますが、ハモグリバエの場合、その特性上、葉の中にいる幼虫を殺すというのは難しくなります。ですので、基本は予防散布を徹底して、卵を産ませないことです。また、産んだとしても、農薬の効果で殺卵させるということが大切になります。
A不織布、防虫ネットで野菜を覆う
ハモグリバエの被害に遭う前に、ネットなどで野菜を覆い、物理的にハモグリバエの被害を抑える方法です。特に葉菜類では、他の害虫の被害を抑えるという意味で大変効果的です。ただし、マンションのベランダなどの場合、露地と比べて(恐らく)日当たりが悪く、不織布などで、さらに日照量が減ることが想定されますので、過湿ぎみにならないよう注意が必要です。
<当JA参考ページ>べたかけ資材
http://www.jainaba.com/einou/katei/backno/0406/katei.htm
B特にハモグリバエの発生原因となりやすいマメ科野菜の栽培を避ける。先程も述べましたが、ハモグリバエの被害を最も受けるのはマメ科の野菜です。通常の露地の圃場で、ハモグリバエの被害が多発しているような圃場では、エンドウマメやインゲンマメといったハモグリバエが付きやすいものが植えてある場合が見受けられます。もし、マメ科作物を同じ所に栽培されているのであれば、そこについたハモグリバエが伝染源となって、他の野菜に付くことが多いですので、一緒に栽培するのは避けて下さい。
回答
質問 2006/10/3  受付NO.00524   【ハモグリバエの対処法】
例年、エンドウのハモグリバエに悩まされています。種まきの時にダイシストン粒剤を土壌混和すると良いとのことですが、ダイシストンは手に入りません。どう防除すればよいのですか?
奈良県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お近くに店舗がなければ仕方がありませんが、最寄のJAやホームセンターの農薬コーナーでお尋ね下さい。エンドウマメのハモグリバエでは、”エルサン乳剤”も登録があります。確認してみて下さい。 回答


ページのtopに戻る




その他(ハ行)に戻る