野菜(ハ行)に戻る


※見たい質問のタイトルをクリックして下さい!!


ネコブの対処法 芯を食べる虫の駆除方法


質問 2004/10/27  受付NO.00260   【ネコブの対処法】
白菜を作っています。台風20号までは順調に育っていましたが、台風後全体がしなえるようになり待っていれば良くなるかと思っていましたが次第に枯れるようになり6割くらいは完全に枯れてしまいました。根を見ると瘤がいっぱいついていて、これが所謂ネコブ線虫だと思っています。来年に向けてどのような対策をすればよいかお尋ねします。近所の人はガスタードが良いとか、石灰が良いとか聴きますが何が本当に良いかその処置を聞かせてください。   
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。実際の病徴を見ないとはっきりしたことは答えられませんが、恐らく、根こぶ病だと思われます。白菜の根こぶ病は線虫によって起きるのではなく、糸状菌によって起きます。根こぶ病の特徴は次のようなものです。
根こぶ病・・・初め茎・葉の生育が衰え、晴天の日には日中しおれ、夜間・曇天日には回復します。葉色は淡黄色となり、被害株の根には大・小の不揃いのコブが多数できます。被害根は後に褐色となり2次的に寄生する細菌のため腐敗し悪臭を発するようになります。
根こぶ病の病原菌は土壌伝染し、多湿・酸性土壌で発生しやすくなります。対策としては連作を避け、植え付け前に石灰を施用して土壌を中和して、土壌消毒(太陽光の利用、薬剤の散布などの方法があります。薬剤の種類は幾つかあるので、最寄りのJAやホームセンターにお尋ね下さい)するようにします。また、うねを高くするなどして排水を良くするようにして下さい。被害を受け、回復の見込みのない株は畑の外に出し、被害が広がらないようなところで処分(可能であれば焼却)することも対策のひとつです。
回答
質問 2004/12/14  受付NO.00284   【ネコブの対処法】
昨年畑を高くするために30センチくらい土を入れました。その砂土が、以前胡瓜でネコブの被害の有った物だと言うことを忘れていました。でも10年位もたっていたので大丈夫と思ったのです。長い前置きになりましたが質問します。そこに今年白菜を植えたところ、最初はよく出来ていたのに台風23号で株をねじられてから見るも哀れな姿になり8割は弱ってそのまま枯れてしまいました。そこで来年に向かってこのネコブをどうしたらよいかの質問です。先輩に聞けばガスタードがよいとか、クロールピクリンが良いとか聞きますが何時の時期にどの位の量をどうして入れたらよいか、教えて下さい。
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。メールの内容からは栽培されている環境がよくわかりませんので、申し訳ありませんが、はっきりしたことをお答えすることができません。根こぶは同じような症状に見えても原因が異なることがあります。例えば、10年前にキュウリがネコブになったということですが、症状を見ていないのではっきりとは言えませんが、おそらくネコブセンチュウによるものだと思われます。これに対し、白菜で発生する根こぶ病は、糸状菌(カビの仲間)によるものです。今年植えた白菜は、台風の暴風雨による傷みや湿害、それに伴って何らかの病害が発生したなどの原因が考えられ、ネコブセンチュウが影響しているかどうかはわかりません。来年に向けての準備ですが、ネコブ対策だけでなく、様々な土壌病害にかかりにくい健康な畑を作ることが大切です。そのためには土壌消毒を行なう他、肥料は堆肥など有機質肥料を中心に施肥し、豊かな土壌にすることなどが挙げられます。土壌消毒の方法としては、薬剤を使用する他、太陽の光や熱を利用した方法もあります。薬剤は、畑に植え付ける植物や防除対象となる病虫害によって種類が変わってきますし、使用量も変わってきますので、詳しいことは最寄りのJAやホームセンターへお尋ね下さい。 回答


ページのtopに戻る


質問 2007/10/5  受付NO.00659   【芯を食べる虫の駆除方法】
今年も白菜を作りました。葉が大きくなって良かったと思っていましたが、白菜の芯を食べる虫がいて芯を食べられてしまいました。多分よとう虫かと思いますが、この虫の駆除方法を教えてください。
埼玉県
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。夕刻、涼しくなってから活動し始めますので、その頃を見計らって捕殺するか、日中は地際に潜っている場合が多いので、少し掘ってみて捕殺するのが確実です。面積が広ければ、農薬による防除が必要と思われます。農薬はいろいろとありますので、最寄りのJAやホームセンターで、ハクサイに登録のある農薬をお選び下さい。防除は涼しい時間帯にして下さい。 回答
質問 2008/2/26  受付NO.00684   【害虫の種類・防除方法について】
私は家庭菜園で野菜を作っています。私の野菜畑の周りは雑草がしげった空き地です。白菜、小松菜、チンゲンサイ などに 蛆虫を小さくしたような 白い虫が多数入っています。2mm位から大きいのでは 5mmぐらいのものです。なにかの幼虫のようですが。なにの幼虫かまた殺虫方法がわかればうれしいのですが  
神奈川県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねの件につきまして、下記のとおりお答えします。「蛆虫を小さくしたような白い虫が多数入っています」とのことですが、入っているというのは、葉の皮と皮の間に潜っていて、葉全体としてみると白いスジが付いたような状態になっていることでしょうか?。 もし、そのような症状でしたら、ハモグリバエ類による被害だと考えられます。種類としては、名前の通りハエの仲間ですが、成虫のハエが葉の中に卵を産み付け、葉の中で孵化した幼虫が葉の中を食害していきます。その様子から「葉にもぐるハエ」ということで「ハモグリバエ」と呼ばれ、また地域によっては食害の跡が葉に絵を描いたような状態になるので、「絵描き虫」などと呼ばれることもあります。細かく分類すると、マメハモグリバエやトマトハモグリバエなどと細分化できますが、それほど大きな違いがあるわけではありません。 そして、問題の防除法ですが、この虫ほど対策が難しいものはないといえるほど防除が難しい虫になります。というのも、先程説明したとおり、葉の中に直接卵を産み付けてしまうので、例え農薬による防除をおこなったとしても、葉の中まで農薬の成分が浸透移行しない限り卵や幼虫を殺すことができない上に、成虫もハエですので、農薬防除の際に飛んでいってしまうことがほとんどで、なかなか防除できません。 そういった意味では、防虫網などで野菜を覆ってしまうのが一番確実である程度効果のある対策といえるかもしれません。ただ、結構小さなハエですので編み目の細かい網を選ぶ必要がありますし、パオパオや不織布のようなべたがけ資材のようなものを直接野菜にかぶせるとパオパオの表面から卵を産み付けることもあるようなので、必ずトンネルをつくるような形で防虫網と野菜の間に空間を持たせて置くことも大切だと思います。
回答


ページのtopに戻る




野菜(ハ行)に戻る