野菜(ハ行)に戻る


※見たい質問のタイトルをクリックして下さい!!


黄変してしまう原因 栽培のポイント 白い粒々が付く原因 葉が黄色くなる原因・対処法 葉に粒状のものが付く原因・対処法


質問 2004/8/9  受付NO.00224   【黄変してしまう原因】
路地栽培でほうれん草をやってます。良くありません。普通ほうれん草と言えば濃い緑ですが、うちのほうれん草は黄緑で売り物になりません。原因として考えられるのは何でしょうか?
男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。質問の内容からは、栽培環境がよく分かりませんので、はっきりとお答えすることはできませんが、ほうれん草が黄変してしまう原因としては次のようなことが挙げられます。
○土壌酸度による障害:ほうれん草は特に酸性に弱い植物なので、石灰質の施肥が不十分で、土壌が酸性に偏ると葉が黄変してしまうことがあります。
○ホウ素欠乏:微量要素であるホウ素が欠乏すると、葉縁部が黄変して葉身が萎縮するなど奇形化症状が現れることがあります。
○べと病:葉の表面に黄白色・小斑点の病斑を生じて、後に葉の大部分が淡黄色となって枯死し乾燥します。葉裏には、灰紫色・粉状のカビを生じます。 病班は開葉した外葉に発生することが多く、秋期に感染した場合は萎縮し奇形になることがあります。比較的低温、多湿条件で発生しやすくなります。
○えそ萎縮病、モザイク病:えそ萎縮病はソラマメウィルトウイルス(BBWV)、モザイク病は6種類のモザイクウイルスが単独または重複して感染するこ とによって発生します。新葉が葉脈透化を生じてモザイク症状を呈します。BBWVが感染すると芯葉・展開葉がえそを伴って萎縮して株全体が黄化・枯死することも多く、被害が激しくなります。アブラムシによる虫媒伝染で広がります。
土壌酸度やホウ素欠乏による障害は施肥や土壌改良によって防ぎます。べと病は農薬を使って防除することになります。ウイルスによる病気は回復が見込めませんので、感染拡大を防ぐため、被害株は抜き取って畑外に出すようにします。
回答


ページのtopに戻る


質問 2004/6/10  受付NO.00158   【栽培のポイント】
今、学校でほうれん草の事を調べています。育て方などは、もう調べてありましたが、ほうれん草の問題がどうしても、見つかりません。よろしければ、教えてください。
女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。ほうれん草栽培の技術的なポイントを簡単に説明します。
※土作り:排水性の良い有機質に富んだ土が良く、酸性土壌では著しく生育が不良になりますので、土壌酸度はpH6.5〜7.0程度にします(石灰資材の投入が必須です)。
※品種:作型に適合した品種選びが重要(ほうれん草の品種選びは大変奥が深いです)で、特に4月〜7月の作型は抽苔(ちゅうだい:ほうれん草は長日植物で日が長くなると花芽分化を起こし、やがて花を咲かせ食用にならなくなります)が問題となるので、晩抽性品種を選ぶことが大切です。
※作型:周年栽培のできる作物ですが、6月〜7月播きの、夏どり栽培が特に難しい作型になります(夏まき栽培では品種と共に潅水に熟練を要します)。
以上のようなことが挙げられます。
回答


ページのtopに戻る


質問 2004/4/16  受付NO.00136   【白い粒々が付く原因】
ベランダでプランターを使って家庭菜園をしています。ほうれん草を育てているのですが、根元のあたりの葉が白い透明のような小さな粒々がついています。今の所ほうれん草に異常はありませんが、何なのか教えて下さい。それと、いちごも育てています。去年の秋に苗を買って、花も咲いてきたのですが、実になる部分や葉の裏に白い粉(たぶんカビのようなもの)がつき始め、うどんこ病に効くスプレー式の殺虫剤を撒いたのですが、余り効き目がありません。マルチングもわらも敷いていない状態です。敷いたほうがいいですか?対処法を教えて下さい。今後どのように管理すればいいかも教えて下さい。
神戸市 主婦
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。ほうれん草についてですが、それはほうれん草の成分であるシュウ酸とカリウムが水と一緒に外に出てきたものだと思われます。水で洗えば落とせます。イチゴのことですが、その白い粉はおそらくうどんこ病だと思います。効果のある農薬は幾つかありますが、種類や使用法によっても効果が異なるので、詳しくはお近くのJAまたはホームセンターでお尋ねください。また、うどんこ病は湿度が高く、20℃前後になるとよく発生します、よく日に当て、水やりは葉に直接かからないようにし、やり過ぎないようにしましょう。マルチは果実が土に触れるのを防ぎ、雑草を抑える効果があるのでしたほうがいいと思います。 回答


ページのtopに戻る


質問 2003/7/7  受付NO.00094   【葉が黄色くなる原因・対処法】
4月初めに蒔いたほうれん草がうまく芽が出て、ある程度の大きさになると、葉が黄色くなって半分くらい駄目になりました。何か病気でしょうか?
主婦
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねの内容から、立枯病と思います。土壌伝染性の病気で、連作圃場で発生しやすくなります。予防的に対応するしかありませんので、以下を参考にして下さい。
・堆肥を入れる場合(入れたほうが良いです)、未熟堆肥は避ける
・土壌の過乾、過湿にならないよう潅水に注意する
・強日射、高温による発芽生育の不良を防ぐよう遮光等を行う
・輪作(作付場所を変える)
・播種前、バシタック水和剤200倍に、1時間種子浸漬を行う。
回答


ページのtopに戻る


質問 2006/3/27  受付NO.00459   【葉に粒状のものがつく原因・対処法】
1年前より家庭菜園を楽しんでおりますが、鳥取いなば様のホームページを参考にさせていただいております。内容がとても濃く大変役立っております。早速ですが、現在ほうれん草の成長初期ですが葉にザラザラとした粒状のものが着いております。貴ホームページに同じような質問を見つけましたがデジカメ写真を付けますので見てください。解答欄にある「それはほうれん草の成分であるシュウ酸とカリウムが水と一緒に外に出てきたもの」だとするとそれは無害ですか?栽培時には必ず発生するのですか?またこの発生を防止する方法がありますか?教えてください。
愛媛県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。ほうれん草の成分であるシュウ酸とカリウムが水と一緒に外に出てきたものだと思われます。これは生育期間が長ければ長いほど多く発生するようです。ほうれん草の生理現象ですのであまり気にしなくても良いと思います。また、食べて害を及ぼすものではありません。ほうれん草が元気な証拠だと思って、見守ってください。 回答


ページのtopに戻る




野菜(ハ行)に戻る