野菜(カ行)に戻る


※見たい質問のタイトルをクリックして下さい!!


成長が遅い原因 水のやり方 小松菜とチンゲン菜が硬くなる原因


質問 2004/8/30  受付NO.00238   【成長が遅い原因】
小松菜と二十日大根を植えているのですが、芽が出た後、かいわれ大根のようにひょろりと伸びるのです。普通はこんなふうにならないのでは?その後の成長もすごく遅いんです。なかなか大きくなりません。何が問題なのでしょうか?
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。小松菜や二十日大根は芽が出てすぐのころは茎も細く、カイワレダイコンのようにも見えますが、その後もヒョロヒョロと伸びるだけのようでしたら、徒長しているものと思われます。質問の内容からは栽培環境が良く分かりませんので、はっきりとお答えすることはできませんが、日当たりが悪かったり、水をやりすぎて根が弱ったりしていると、生長が軟弱になってしまうことがあります。二十日大根は、発芽するまで乾燥しないようにたっぷり水をやる必要がありますが、発芽した後はやり過ぎないように注意して、よく日の当たる場所に置いてやる様にしましょう。小松菜も同様に日が良く当たる場所で栽培するようにして下さい。また、二十日大根は酸性の土に弱いので、元肥に石灰肥料を施すこともポイントです。ある程度育ってきて、苗が混雑するようになってきたら、間引きをして、大きく育つように間隔を空けてやるようにしましょう。 回答


ページのtopに戻る


質問 2002/10/30  受付NO.00055   【水のやり方】
プランタン等で小松菜を栽培したいと思っているのですが、水のやり方(頻度、量)がいまいちわかりません。教えて下さい。
質問ありがとうございます。水はやり過ぎないように注意して下さい。土が乾いたら、たっぷりではなく、土が湿る程度にして下さい。冬季は水の消費量は少ないので、頻繁に水をやると根腐れをおこします。また、葉にかけるのではなく、土にかけるようにして下さい。
※露地で雨に当たるのは仕方ありませんが、葉に水がついていると病気にかかりやすくなります。
参考までに、プランターでの栽培方法も紹介します。春はジンチョウゲの花の咲くころ、秋はハギの花の咲くころ種をまきます。栽培箱に種をばらまきしたら、種が隠れる程度に薄く土をかぶせます。新聞紙を1枚かぶせ、その上から水をやると発芽しやすいです。発芽したら、はが触れ合う程度に間引いていきます。間引きは収穫でもあります。生長するにしたがって何回か間引きを繰り返します。間引き収穫が終わるころ、油粕を少量施しましょう。そして残した株を大きく育てます。秋まきの場合は、何株か畑に残しておくと、翌春とう立ちしたら花茎を切り取り、菜の花としてあじわえます。
回答


ページのtopに戻る


質問 2007/5/25  受付NO.00570   【小松菜とチンゲン菜が硬くなる原因】
14階のコンクリートのルーフバルコニーでプランター菜園を楽しんでます。太陽は日の出から日没まで当たってます。4月25日に種を蒔いた〈小松菜とチンゲン菜〉成長過程ですが、とても硬いのです。秋育てたものはとても柔らかでした。気象台発表の最高気温は25-26度ですが、バルコニーでの直射日光下はもっと高いと思います。何故硬くなるか?柔らかく美味しい葉菜の育て方を教えて下さい。
福岡市
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねの件につきまして、お答えします。参考にしてみて下さい。一般的に考えられるとすれば、温度と品種の2つが考えられます。
【温度】
通常、温度が高いと、葉が柔らかくなる(というより軟弱な状態で育つ)傾向があります。ですので、一般的に夏秋よりも冬春の方が葉が固くなる傾向があります。また、温度によって生育日数(播種してから収穫するまでの日数)が変わってきます。このとき、生育日数が短い方が柔らかく日数が長い方が硬くなる傾向があります。
【品種】
葉菜類は、特に葉色・葉の形・茎の長さ・葉の硬さなどが、品種に直接的に影響を受けることが多くあります。また、それぞれの品種には適切な栽培時期があるので、適切な栽培時期以外に播種をすると、葉色が悪かったり、硬くなったり、葉柄が長くなったり、正常な形にならないということもよくあります。ですので、もしよければ一度種子の袋の裏を見て播種適期や収穫適期を確認していただきたいと思います。あと、まさかとは思いますがトウ立ちなどはしていませんでしょうか?コマツナやチンゲンサイは、種をまいた時期から低温に遭遇すると花芽分化をしてトウ立ちをします。トウ立ちをしてしまうと花がついたり硬い芯が伸びてきたりして食べられるような状態ではなくなることがあります。
回答


ページのtopに戻る




野菜(カ行)に戻る