野菜(ハ行)に戻る


※見たい質問のタイトルをクリックして下さい!!


ピーマン・トマト・きゅうりの
植え替え準備方法
葉が縮れる原因 ピーマンの葉につく黒い粉について 生育状況について
実が落下する原因 栽培方法


質問 2004/5/6  受付NO.00143   【ピーマン・トマト・きゅうりの植え替え準備方法】
子供と一緒に初めて家庭菜園をしました。すぐに植えられる消石灰を入れたがやし、ピーマン、トマト、プチトマト、きゅうりを植えました。日照時間が短いので、木を刈り、6時間は日が当たるようになりましたが、一向に成長しません。トマトは花が咲いていますが、20cmほどで、先日追肥しました。・・がこのゴールデンウイークの天候不良で、葉が一部黄色くなり始めました。まだしっかりとはしていますが・・初めの段階で、土が痩せてたのでしょうか?腐葉土などを加えて植えたほうが良かったのでしょうか?植え替えるとき(今回は駄目と見極める)時期などがありましたら教えてください。
質問をお寄せいただきありがとうございます。現場を見ていないのではっきりしたことを申せませんが、今後の生育が見込めない様でしたら早めに準備にかかった方が良いでしょう。下記は、それぞれの野菜の準備方法です参考にしてみて下さい。
○ピーマン:植え付け2〜3週間前に元肥として堆肥(3〜4kg/u)、化成肥料(100g/u)、過リン酸石灰(30g/u)を施肥します。30pの深さの溝を掘り、溝の中と掘り上げた土に半分ずつ施肥しよく混ぜます。
○トマト:畑には定植の2週間ほど前に元肥として、苦土石灰(150g/u)、堆肥(2kg/u)、化成肥料(150g/u)を施します。深さ30p、幅40pの溝を掘り、溝の中と掘り上げた土に半分ずつ施肥しよく混ぜます。
○キュウリ:植えつける2週間前までに、元肥の堆肥(4〜5kg/u)、苦土石灰(120g/u)を全面に散布して深く耕し、保水性、排水性、通気性のよい土作りをしておきます。1週間前に化成肥料(二握り/u)、リン酸肥料(30g/u)を施しよく耕しておきます。
植え付けの時、地温が低いと活着が遅れ、ひいては病気にかかりやすくなりますので、マルチをしたほうが良いでしょう。これから植える場合、地温の心配はありませんが、雨等による泥はね(病気にかかりやすくなります)を回避するためにもマルチまたは敷きワラをした方が良いでしょう。
回答


ページのtopに戻る


質問 2005/5/18  受付NO.00350   【葉が縮れる原因】
私は今、トマト・ピーマン・オクラを育てているのですが、なぜかピーマンの葉が縮れはじめてきました。下の葉よりもより新芽に近いところが縮れはじめています。これは日光が強いからでしょうか?それとも病気か何かなのでしょうか・・・また、オクラに関しましては葉が落ちてしまい茎と花と思われるものだけになってしまいました。どうしたろ良いのでしょうか?教えてください。
熊本県 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。考えられる原因を下記のとおりあげました。ただ、せっかく送っていただいた画像だけでは判断しかねるので、最寄りのJAに現物を見てもらった方が良いと思います。防除、追肥が必要な場合は、その資材名も聞いてみてください。
(可能性1)
害虫が葉の裏にいる可能性があります。アブラムシの場合、肉眼でも確認できますが、白い紙で軽く葉の裏をこすってみて、緑色のスジがつけばアブラムシがいます。また、オレンジ色のスジがつけばダニがいます。
(可能性2)
害虫ではなく要素欠乏、この場合、ホウ素欠乏による症状の可能性があります。5月は前記の害虫のほか、スリップスも発生し始めます。日光は関係ないと思います。
回答


ページのtopに戻る


質問 2008/7/16  受付NO.00746   【ピーマンの葉につく黒い粉について】
ピーマンの葉に何だか黒い粉みたいなものが付着しています。こっすても取れません。実にも同じようなものが付いています。原因を教えてください。
岐阜県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。様子が分かりませんので断定はできませんが、その黒いものに粘着性が無いようなら、おそらく生理的なものだと考えられます(粘着性があるならアブラムシの排泄物&すすかび病の疑いが強い)。寒さにあったり、根傷みを起こしたりすると、葉が黒っぽくなることがありますが、特別に問題はありません。ただ、樹勢が弱すぎるようなら、液肥などで樹勢回復に努めた方がよいでしょう。 回答


ページのtopに戻る

質問 2008/7/17  受付NO.00747   【ピーマンの生育状況について】
ピーマンを並べて植えていますが片方の苗が極端に成長しません。買って来た時の苗の上体からすれば幹が大きくなり多少成長はしています。原因と対策を教えていただけますでしょうか。
 福岡県
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。詳しい状況が分かりませんので断定はできませんが、(並べて植えているので)管理などはほとんど同一条件だと思われますので、可能性としては苗の問題(特に接ぎ木苗での接ぎ木不良が多い)か、土壌病虫害(特にネキリムシ等による根部の食害被害)の問題のどちらかの疑いが強いと思われます。対策としては、とにかく液肥などで樹勢回復に努めていくしかないと思います。 回答


ページのtopに戻る

質問 2008/8/11  受付NO.00768   【ピーマンの実が落下する原因について】
こんにちは。プランタ菜園でのピーマンについて教えて下さい。ホームセンターで苗を買い、10号鉢に植え替え育てています。既に3個の実を収穫し、新しい実がミニトマトほどの大きさになったのですが、気がつくと、突然その小さな実が落ちていました。まだ成長途中だったのですが、考えられる原因は何かありますでしょうか。屋根ありなので、激しい雨にあたることもありませんし、強風もなかったと思います。そんなに簡単に取れてしまうものでしょうか?今後の収穫のこともあり気になりました。アドバイスをお願いします。
愛知県 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。今後の参考にしてみて下さい。断定は出来ませんが、おそらく着果不良・交配不良だったのではないかと思います。着果不良・交配不良は、低温・高温・過乾燥・過湿などが主な原因ですが、特にピーマン・とうがらしは樹勢管理が着果に影響を与えることが多いので、特に土壌水分管理や肥培管理に注意をしていただきたいと思います。
回答


ページのtopに戻る

質問 2008/8/26  受付NO.00774   【ピーマンの栽培方法について】
よく、ナスは暑い夏に枝を少し切って株を休ませるとおいしい秋なすが取れると言いますが、 おなじナス科のピーマンも夏に枝を少し切って株を休ませた方がいいのでしょうか?
埼玉県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。なすを『暑い夏に枝を少し切って株を休ませるとおいしい秋なすが取れる』というのは、『休ませる』ということよりも『枝を切る』ことに意味があります。というのも、なすの枝は、老化していくにつれて花のつきが悪くなったり、ついたとしても充実した花にならなかったりします。そのため、夏場の天気の良い頃に、古い枝を切って新しい枝を伸ばして、それに花を咲かせると、ちょうどそれが秋なすとして収穫できます、という訳です。ただし、枝を切って新しい枝が伸びるには、それなりの樹の勢いがいりますし、日数もかかります。そのため、一度、果実の着果などを減らして、株を休ませてやって、樹を伸ばすことに栄養を注いでやって、秋ナスに向けて枝を伸ばしてやります。また、一度に枝を切ってしまうと、樹の勢いが弱い場合などは、秋ナスがつくどころか、そのまま枯れてしまったりすることもありますので、なすの剪定に馴れるまでは、一度に切らずに部分的に切るなどした方がいいかと思います。
回答


ページのtopに戻る

野菜(ハ行)に戻る