野菜(タ行)に戻る


※見たい質問のタイトルをクリックして下さい!!


台木が太らない原因 花が飛んでしまう原因 赤くならない原因 実が大きくならない原因 葉が枯れてしまった原因・対処法
結実しない原因 果実が傷む原因 適除のポイント 腐る原因・対処法 害虫の防除法
ホルモン処理 実が小さく落花する原因・対処法 葉がしおれた原因・対処法 ひび割れの原因・対処法 葉が黒く変色してしまった場合の対処法
連作障害の原因 花が根元から切れる原因 保存方法 種から育てる方法 青枯病
ミニトマトの苗の茎が赤くなる原因 ミニトマトの葉が黄色くなり落ちる原因 トマト・ピーマン・ナスの育苗の時期 わき芽かき 栽培方法
実が硬い原因 葉が黄色くなりちぢれる原因 栽培時は雨を避けた方が良いか? 葉が内側に巻いてしまう原因 雨よけ&水やり
穴あきになる原因 葉が変色し、枯れてしまう原因・対処法 茎が割れた原因 ミニトマトのうどん粉病 育苗について
ミニトマトの茎が紫色に変色した原因・対処法 実がつかない原因 葉や実について ミニトマトの実がしおれる原因 ほおずきトマトの木が大きくならない原因
ミニトマトが枯れてしまう原因 葉が丸まる原因 ミニトマトの葉が
白くなる原因
ミニトマトの収穫時期と
保存方法について


質問 2004/12/30  受付NO.00289   【台木が太らない原因】
<1回目の質問>
トマトの栽培について質問なんですが、セルトレイで接木後定植すると接いだ部分の穂木の方だけが太り、台木は全然太りません。培土は市販のものを使用しているので問題ないとおもいますが、やっぱり台木が太らないので倒れてしまいます。台木が太らないのは接木が悪いのでしょうか?なにか原因が分かれば教えてください。
<2回目の質問>
親和性には問題ないと思います。私が思っているのは接木時のなんらかの原因ではないかと思うのです。接木はウィズというものを使用しているのですが、穂木だけ成長するような感じになるのです。別に商売で栽培しているわけではないのでここまで深く悩むことではないかとは思いますが、ヨレヨレで必ず支柱が必要になるのです。これが収穫にも影響するような問題だったら大変です。分かる範囲で教えてはもらえないでしょうか???
<1回目の回答>
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねのトマトの台木について、わかる範囲でお答えします。接木で台木を選ぶにあたっては、@耐病性、耐寒性が大きいことA接木親和性(穂木が台木によく活着し、その後の生育が正常に進むこと)があること、この二つを考える必要があります。使用された台木と穂木に、親和性がなかった可能性があります。種子を購入されたお店などで確認された方がよいと思います。また、接木では台木と穂木の形成層を密着させることが大切です。どの接木方法をされたか分かりませんが、例えば呼び接ぎの場合、切り込みが浅いと接木部が離脱しやすい、などの注意点があります。
<2回目の回答>
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。穂木と台木の親和性に問題がないとすれば、ほかに原因があるのだと思いますが、はっきりとしたことをお答えできません。すみません。ただ、穂木と台木で生育差はみられるものの、定植から一ヶ月を経過(枯れずに)しています。このことは、根から養分や水分が吸い上げられているということですね。購入した苗を定植しても、支柱(ヒョロヒョロしていますから)をしますから、このまま様子をみられてはいかがでしょうか。
回答


ページのtopに戻る


質問 2004/12/20  受付NO.00286   【花が飛んでしまう原因】
トマトの花が10節くらいでついてしまいます。普通7〜8節だと思うのですがどうして花が飛んでしまうのですか?
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。メールの内容からは栽培環境がわかりませんので詳しくはお答えできませんが、樹勢が強い場合、着花が遅くなることがあります。少し肥料が多いか残肥があるのかもしれませんが、以前栽培したものと比べて葉の先が反り返って縮んでいるとか茎が太すぎるということでなければ大丈夫だと思います。 回答


ページのtopに戻る


質問 2004/8/19  受付NO.00229   【赤くならない原因】
ミニトマトも植えたのですが、2つ緑のトマトがなって一週間ほどたっても赤くならないのですが、何かいけないのでしょうか?いらない葉や枝も切ったし、日当たりも悪くはないし、水も十分やっています。隣にきゅうりとピーマンが植えてありますが、元気に育っています。
男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございました。トマトは未熟期、緑熟期(開花後35〜40日)で種子・果実が発育、肥大して、その後色づき始めます。催色期(開花後40〜50日)で、果頂部から30%ぐらいのところまで着色するようになり、半熟期(開花後45〜55日)、成熟期(開花50〜60日)と次第に全体が着色するようになります。品種によって赤色、桃色、黄色、白色になるものがあり、また成熟の期間も多少違いがありますが、順調に生育すれば色づくようになると思います。病虫害(トマトかいよう病、灰色かび病、オンシツコナジラミなど)によってトマトの色づきが悪くなることがありますが、この場合、葉や茎にも病斑が出ます。もし、病虫害であれば農薬を使い防除することになります。 回答


ページのtopに戻る


質問 2004/8/13  受付NO.00228   【実が大きくならない原因】
プランターでフルーツトマトを育てています。花も咲き、ちっちゃい実も見えていたのですが、それから大きくなりません。よく見たら、白くなって死んでいるようです。そこで肥料を足し、日陰に置いておいたところ、白い虫が大量発生しているのです。どうしたらよいのでしょうか?
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。メールの内容からは、栽培環境が良くわかりませんので、はっきりとお答えすることができませんが、トマトの実が大きくならない原因として、生理落果が考えられます。トマトの生理落果は窒素を多く含む肥料の与え過ぎにより、株が栄養生長に偏ってしまった場合や受精不良、花が多く着き過ぎて養分競合が起きた場合などに起こりやすくなります。回避する方法としては追肥を控えめにして、受粉をしっかりと行う他、ホルモン剤を散布して強制的に着果させる方法もあります。また、1果房に着ける実を4〜5個程度にして養分が行き渡るようにします。人工受粉の場合は、気温が高くなると花粉の受精する能力が低くなるので、早朝に行うようにしましょう。使用するホルモン剤の種類・用法については、最寄りのJAやホームセンターにお尋ね下さい。発生している白い虫についてですが、ナス科やウリ科などの植物の害虫で、体長約1.5mm翅が白粉で覆われた、オンシツコナジラミ、シルバーリーフコナジラミというものがありますが、メールの内容からは判断しかねます。トマトの育て方を、本組合HP「質問コーナー」「野菜」「受付00033」で簡単に解説していますので、よろしければ参考にしてみて下さい。 回答
質問 2008/7/17  受付NO.00754   【トマトの実が大きくならない原因について】
トマトベリーガーデンをベランダと畑の2箇所で栽培しています。両方とも既にトマトトーンを規定どおり使用し、畑のトマトは実が順調に生っている状態ですが、ベランダのトマトは一番花から小さい実がなったまま、大きくなりません。また実がなる前に、花が茎からポッキリと折れ落ちていたりしているものもあります。上のほうにはまた花が咲いているのですが、2つあった花のうち1つが同じように茎からポッキリと落ちてしまいました。ベランダのトマトには元肥は入れていません。最初の実がついた少しあとから、住友液肥を規定の分量で割りお水の代わりに週に1回与えたのですが、2度ほど与えただけでそれ以降は普通のお水しかあげていません。またお水は、土の表面が乾いてすぐには与えず、1〜2日ほど経ってから与えるようにしています。先日まで晴天に恵まれず(それでも花が咲き、実がなりましたが)気温もあまり高くありませんでした。この頃は日光は2時間程度しか当たっていなかったかも知れませんが天気がよければ日光は、3時間〜4時間程度当たります。昨日今日は特に天気が良いので、4時間程度当たっています。今のところ害虫等は見あたりません。脇芽かきもしています。現在3段目あたりの花が咲きそうな感じです。草丈は70センチ程度あります。写真の真ん中が実がなっているところと、花が茎からポッキリ折れ落ちている写真です。どうぞよろしくお願いします。
北海道 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。おそらく、腋芽を残していたというのは、着果にはそれほど問題にならないと思います。ただし、写真を見る限りでは、茎がやや細く、樹勢が弱そうに見えます。液肥をされているとのことですが、液肥はあくまで人間でいうお粥みたいなものですので、一時的な栄養剤にすぎません。きちんと、実をつけて太らせるには、土に肥料をふり、それを根から吸収させなければなりません。特に、畑の土は前に野菜を作った時の肥料が残っていることが多いので、比較的暴れやすいトマトは元肥なしで作ることもありますが、肥料分があまり含まないことの多いプランタ栽培は特に注意が必要です。
回答


ページのtopに戻る


質問 2004/8/04  受付NO.00221   【葉が枯れてしまった原因・対処法】
子供が学校で育てているミニトマトを夏休み家に持ち帰って観察しています。水はかけているようですが、元気がありません。花も咲かなくて、実は2個だけ付きましたが、そのあとは全然だめです。咲いていた花も、実に成らずに枯れてしまいます。葉は緑ですが下の方からだんだん枯れています。虫らしきものは見当たりませんが葉にらせん状?に模様ができています。子供は観察日記を書かなくてはならないのです。どうすればトマトが回復してくるでしょうか?それとも、もう手遅れでしょうか?
男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。葉が下のほうから枯れてくる様子から、根が弱っているように思われます。水やりをきちんとされているようですが、やり過ぎになっていないでしょうか。
水をやりすぎると、
・根が弱り、養分の吸収不足や病気にかかりやすくなる。
・土中の肥料分が流亡してしまう。
などにより株が弱ってしまいますので、やり過ぎないように注意して下さい。葉のらせん模様はハモグリバエの食害の可能性がありますが、樹が弱る直接の原因ではないと思います。葉が枯れてしまうのは葉枯れ病かも知れません。その場合、農薬による防除が必要ですが、メールの内容だけでは判断しかねます。今後の対策としては、葉から吸収される葉面散布肥料などで樹の回復をはかる、おもい切って鉢替えをするなどの方法が挙げられます。鉢替えをする場合は、新しい土を入れ、古い根を切り、摘心をして(上下のバランスを見ながら)新しい芽を吹かせるようにします。
回答
質問 2007/7/20  受付NO.00618   【葉が枯れる原因・対処法】
今年から、自家用として、庭にミニハウスを作り、トマトのコンテナ栽培を始めました。土は赤だま土に鶏糞・ぼかし(籾殻・米ぬか等で作った)・菜種糟・化成(14-14-14)・石灰等をまぜてました。自分で種をまき育てた苗を4月の中ごろ植え付けしました。水はコンテナ栽培に為毎日掛けてます。最初は、順調に育っていたようでしたが、1ヶ月位前から徐々に下葉が枯れ始め現在正常な葉は、上4分の1位です。雨の日以外は、ビニールは屋根を除いて開けて放っております。(最初のころ ビニールを締め切っていたのが原因のような気がした為)現在、益々ひどくなっている気がします。病気(カビ等の)だと思うのですが、どんな病気か色々調べましたが解りません。写真添付致しますので原因と対策ご教授下さい。また、来年以降同じハウスを使うとしたらどんな事をしたら良いでしょうか?(消毒など)お教え下さい。お手数かけますが宜しくお願いします。
全体図 枯れ掛けた部分 枯れた部分の拙者
千葉県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねの件につきまして、下記のとおりお答えします。
病気の断定はできませんが、やはり原因は生育初期にハウスを締めきっていたことだと思います。トマトは、それほど暑さの必要な野菜ではなく、逆に熱すぎると葉が焼けたりするなどの生理障害が起きます。おそらく、その葉焼け症状などの状態に、他の病気も併発して症状がひどくなったのではと考えられます。現時点で可能な対策とすれば、殺菌剤の散布で病気の進行を止めることだと思います。もちろん、一度病気になった葉を治すことは無理ですが、殺菌剤によって進行を止めることは可能だと思います。種類は、いくつかありますが、効果などを含めると「アミスター20フロアブル」などがオススメかと思います。その他、耕種的防除としては、カビによる病気ですので、暑さ対策と湿度対策が必要だと思います。特に、換気は出来る限り行っていただきたいですし、水やりは数日に1度程度で結構です。来年に向けてとすれば、肥料のやり過ぎも見受けられますので、元肥は抑えていただきたいと思います。石灰は必要ですが、他の有機質肥料・化成肥料をやり過ぎると、病気が発生しやすくもなります。また、同じハウスで来年も栽培した場合でも、今年栽培した茎などをきちんとハウス外に持ち出してしまえば、連作を原因として病気が発生する可能性はそれほどないと思います。
回答


ページのtopに戻る


質問 2004/7/29  受付NO.00218   【結実しない原因】
タネからプチトマトを育てました。花は咲くのですが実がつきません。また、丈が1mくらいになっているのですが、下の方から葉が取れてきました。先日トマトトーンというのを買ってきて花に散布しましたが、つく様子がないです。花はたくさん咲いているのに実がつかないのはなぜでしょうか?ちなみにキュウリは順調に育っています。
女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。トマトが結実しない原因には、受精がうまくできていない、肥料過多で樹勢が強くなりすぎて果実に養分が回らない、などが考えられます。トマトの受精は温度、日照に左右されやすく、夏にあまりにも高温になるとうまく受精できないことがあります(逆に低温過ぎても受精しにくくなります)。トマトトーンを使っても実が着かないということですが、使用時期、回数、濃度等、適切に使用されていますでしょうか。ホルモン剤はこれらを守って適切に処理されないと思ったように効果が得られないことがあるので、きちんと守って使用するようにしましょう。また、葉が下のほうから枯れてきているということですが、お尋ねの内容からは、栽培環境や株の状態が良くわからないので、原因をはっきりとお答えすることはできません。もし、デジカメで撮った写真等を送っていただければ、より詳しく判断ができると思います。施肥を含め、基本的な栽培方法を本組合HP「質問コーナー」「野菜」「受付00033」で簡単に解説していますので、よろしければ参考にしてみて下さい。 回答


ページのtopに戻る


質問 2004/7/22  受付NO.00209   【果実が傷む原因】
トマトを栽培してますが、何故かヘタと反対側のおへそ?の部分が傷んだようになって実ってしまいます。これは病気なのでしょうか?またお水の上げすぎなのでしょうか?
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねの内容からは、栽培されている環境や果実の傷んでいる状況が良くわかりませんのではっきりとお答えすることはできませんが、トマトの果実が傷む原因として次のようなものがあります。
○尻腐れ症:幼果期のカルシウム欠乏により起こる生理障害で、果実のお尻部分が黒く窪んだようになります。
○疫病:トマトの各部位に発生します。果実では周縁部が不鮮明な褐色病班を形成して、後に凹陥して腐敗します。また、表面に白いカビを生じます。比較的低温で多雨の時に発生しやすくなります。
○灰色疫病:トマトの各部位に発生します。果実では、暗緑色・水浸状の円形病班を形成し、灰色粉状〜綿状の菌糸を生じ、ビロード状になります。高温・多雨で発生しやすくなります。
○斑点細菌病:葉・茎・果実に発生します。果実では褐色水浸状の小斑点を生じて、後に拡大して黒色となり、中心部はコルク化してそうか状になります。20〜25度の温度条件で発生しやすくなります。
この他に果実に症状の現れる病気には、かいよう病、灰色カビ病などがあります。尻腐れ症の場合は、症状のある実は早めに取り(1果房に4〜5果成らせます)、吸収の早いカルシウム肥料を施肥します。病害の場合は農薬を使い防除することになります。使う薬剤の種類・用法については最寄りのJA、ホームセンターにお尋ね下さい。
回答
質問 2007/8/8  受付NO.00626   【トマトの果実の傷みについて等】
質問1:トマトの果実の傷みについて(写真参照)
果実の上下の傷み、そして実の中も太い芯と筋が発生、収穫した殆どのトマトで発生しています。味もあまりよくありません。 環境は、苗の間の間隔がやや狭く日の当たりがよいとは言えない状況にあります。また隣に田があります。
質問2:メロン、スイカが枯れた
台風4号の後、メロン、スイカが枯れてしまいました。実も付けてもうすぐしたら収穫ができるという状態でした。根を抜いてみたところ根元にウジがわいて根元がボロボロになっていました。このウジがいったい何でしょうか。またなぜ発生したのでしょうか。
質問3:長なすの味について
長なすを収穫したのですが、実が硬く非常に味が悪いです。品種の問題でしょうか。それとも育て方に影響しているのでしょうか。これだけの情報でわかれば教えて下さい。
質問4:キュウリの味について
キューリを収穫したのですが、加賀太キューリのように縦に黄色の線がはいり、またイボイボが黒いものでした。味は苦く決して美味しいとは言えないものでした。品種の問題でしょうか。それとも育て方に影響しているのでしょうか。
これだけの情報でわかれば教えて下さい。
三重県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねの件につきまして、わかる範囲でお答えします。
質問1
断定はできませんが石灰欠乏症による「尻ぐされ」だと考えられます。軽い縦割れ症状もあるところを見ると、過湿による根痛み等でカルシウムが十分に吸収できなかったのではと考えられます。対策としては、過湿などの根痛みを防ぐとともに、カルシウム剤の葉面散布をしていただければと思います。また、果実の芯に関しては、品種による差が大きいと思われると同時に、密植気味であったことと、今年が日照不足であったことも影響しているのかもしれません。
質問2
おそらくウリハムシの幼虫だと考えられます。成虫は、メロン・スイカ・カボチャなどの葉を食べる害虫ですが、産卵は野菜の株元に行い、ふ化した幼虫は根を食害しながら成長して行きます。
質問3
なすの実が硬く味が悪いというのは、石なすなどの結実不良によるものだと考えられます。温度不足、水不足、日照不足、肥料不足などいろいろなケースが考えられますが、一般的には温度不足による場合が多いようです。これらの対策として、トマトトーンなどによるホルモン処理を行うことで、結実を安定させることがいくらか可能になります。
質問4
黒イボであることを考えると、品種によるものだと考えられます。縦に黄色の線というのも、生理障害で無いこともありませんが、黒イボのことも含めると、こちらも品種のような気がします。ですので、今一度品種を確かめていただきたいと思います。
回答


ページのtopに戻る


質問 2004/7/9  受付NO.00199   【適除のポイント】
トマトを地植えにしています。隣に違う種類の苗を植えているのですが、トマトの葉っぱが大きくて太陽が当たりにくくなっています。他の植物への日差しをさえぎっている何枚かの葉っぱは切ってもよいのでしょうか?
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。トマトの樹勢が強い様でしたら、葉の途中から(先端部分10p程度)適除しても構いません。ただし、適除は一度に行わないで(一度にするとストレスがかかるので)、1日2〜3枚程度にして下さい。尚、作業は天気の良い日に作業することが基本です(傷口を早く乾かせて病気の侵入を防ぎます)。 回答


ページのtopに戻る


質問 2003/5/22  受付NO.00075   【腐る原因・対処法】
ルイ60トマトとスィートトマトを栽培しているんですが、葉が腐ってきている(葉のいたるところに茶色斑点がみられます。)これはどう対策をとればよいのでしょうか?一応日当たり、風通しのよいところで育て、ちゃんと朝水をかけています。あとは、アブラ虫除けで牛乳を薄めた液体をたまにかけています。まだ、殺虫殺菌剤はまだ使用していません。どれを使用してよいのかわからないので、教えて下さい。 
茨城県 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。病斑を拝見しないとわかりませんが、トマトでよく発生する疫病と思われます。発病してからは防除が難しい病気です。病斑の見える葉は、早目に取り除いて下さい。地表には敷きワラなどをして、茎葉への土の付着を防止して下さい。薬剤については、最寄りのJA、ホームセンターなどにお尋ね下さい。 回答
質問 2004/6/22  受付NO.00170   【腐る原因・対処法】
今年初めてプランターでミニトマトを育てています。無事育ち、実が沢山出来て喜んでいたところ、ある程度の大きさになると、どれも、おしりの方だけが黒くなっていき、グジュグジュに腐っていきます。まだ一つも、収穫できてません。虫がいるような感じもなく、葉っぱは緑で元気そうです。初めてなので、何も分からず、苗を買って来て、そのまま野菜用の土に植え、月に一回程度、野菜用の肥料を、土の上に撒いてます。何が原因でしょうか?治りますか?これから出来るトマトは収穫できますか?
大阪府 主婦
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねの内容から、「尻腐れ症」であると考えられます。尻腐れ症はトマトの生理障害の1つで、石灰質肥料の不足や窒素肥料過多、土壌の乾燥などで、植物体内のカルシウムが不足することによって起こります。対策としては石灰、過燐酸石灰などカルシウムを含む肥料(長期肥効型のものが良い)を元肥、追肥として施して下さい。また1果房に4〜5の着果数になるように摘果をして、症状のある実は早めに摘果するようにしましょう。乾燥すると被害を助長するので、2〜4段のトマト肥大期は定期的に潅水するようにしてください(朝と良く乾くようなら夕方も)。カルシウムは植物体内をゆっくり移動するので、今、石灰肥料を与えても効果が現れにくい場合もあります。葉面散布するカルシウム剤もありますのでそれを使うのも1つの方法です。使用する薬剤の種類や使用方法は最寄りのJAやホームセンターにお尋ね下さい。 回答


ページのtopに戻る


質問 2004/5/22  受付NO.00150   【害虫の防除法】
ミニトマトとバジルとピーマン、ししとうを、プランターに入れて趣味で育てています。トマトに実がつき、ピーマンとししとうはこれからという時期に土にたくさんの小さい黒い虫(羽のある小さいコバエのような虫:飛んだり、地面をうじゃうじゃ這っています)がわきました。農薬を使わずに虫を駆除するための良い方法を教えてください。
大阪府 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねの黒い虫は、特定しかねますが、今のところ被害(葉をかじったり)を出していないようでしたら少し様子を見られてはどうでしょうか。また、日当たりが悪く、土が湿っている(特に腐葉土や堆肥を多く含んだ土)と、コバエがわきやすくなります。日当たり、風通しを良くして、地表を少し乾燥気味にするようにしてみてはどうでしょうか。 回答
質問 2004/6/16  受付NO.00163   【害虫の防除法】
家庭菜園でトマトを育てています。今年で3年目なのですが、どうも今年のトマトはヒョロヒョロと丈ばかりのびて、茎がしっかりと太くなりません。何が原因なのでしょうか?それと、いくつかのトマトの茎にびっしりと赤茶の小さな虫がついているのを発見しました。何の虫でしょう。何か駆除の方法はありますか?我が家で食べる分だけ栽培していますので、農薬は使いたくないのですが。
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねの内容からはどのような環境(露地、ハウス栽培)で栽培されているかわかりませんが、肥料の効きすぎや温度による徒長、または連作障害が考えられます。トマトは連作障害のおきる植物で、連続して同じ土で栽培すると生育が悪くなることがあります。連年、同じ場所での栽培は避けるようにしましょう。トマトの栽培方法を本組合HP「質問コーナー」「野菜」「00033」に載せていますので、よろしければ参考にしてみて下さい。トマトの茎についている赤茶色の虫についてですが、モモアカアブラムシやナミハダニなどが考えられます(ただ、これも実際の画像等を見てみないと特定できませんのでご了承下さい)。モモアカアブラムシは直接加害するほかにウイルス病を媒介します。ナミハダニは葉を食害します。これらは農薬で防除することになります。農薬の種類や用法については、最寄りのJA、ホームセンターにお尋ね下さい。 回答
質問 2007/6/14  受付NO.00590   【害虫の防除法】
トマトの栽培をしていますが、土から虫がたくさん現れました。だんご虫のようですが、丸まらないやつです。土の表面にたくさんいます。茎や葉には直接の被害はありませんが、葉が元気がありません。駆除する必要がありますか?ある場合はどのようにしたらいいでしょうか。よろしくお願いします。
神奈川県 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。「ダンゴムシのようだが丸まらない」とのことですので、「ワラジムシ」なのではと推測されます。調べてみますと、ワラジムシは枯れた葉やコケが主な食料ですので、生長している植物を食害することはまず無いと考えられます。(ダンゴムシの場合は、枯れた葉やコケも食べますが、生きた植物(特に苗の段階)を食べることもあります。)ですので、ワラジムシ自体は特に大きな問題になることはないと思うので、駆除する必要はないかと思います。ただし、あまりにも多く発生しているようなら、ワラジムシが「発生しやすい条件」であることが問題といえることもあります。というのも、ワラジムシは湿気の多いじめじめした暗い場所で見つかることが多いのですが、このような条件は植物(特にトマトの場合)はあまり好ましい土壌条件とはいえません。ですので、この点に心当たりがあるようなら、かん水を抑えたり、株元に日光が当たるように適度に葉を取ったりするなどの対策をした方が良いかもしれません。元気が無いということと関連があるかもしれませんので。 回答
質問 2007/7/20  受付NO.00620   【害虫の防除法】
春先にミニトマトの苗を購入し、育てています。先月初めごろから、オンシツコナジラミ(本屋で虫の名前を調べました)が発生しています。今月、アセフェート粒剤を根元に蒔いて様子を見ましたが、虫はなくなりません。茎が黄色っぽくなり、葉がついている枝は簡単に折れてしまいます。(実がついている茎は黄色くても折れません。)@発生してからでは遅いのでしょうか?今からでも間に合う除去方法を教えてください。Aまた、今赤い実がなっているのですが、食べても大丈夫でしょうか??以上、よろしくお願いいたします。
大阪府 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねの件につきまして、お答えします。粒剤での防除は、初期発生を抑えるという意味合いでしかないので、ある程度発生してしまったのなら、水和剤や乳剤などを水で溶かしたものを散布する形で防除するのが効果的です。家庭菜園で発生する程度のコナジラミなら、それほど防除の難しい害虫ではないので、「コナジラミ類」で適用のある農薬を散布していただければ良いかと思います。ちなみに、アセフェート粒剤は「オルトラン粒剤」か「ジェイエース粒剤」のいずれかだと思いますが、「ミニトマト」の適用使用基準では、両方とも「定植時」のみの使用となっています。(「トマト」には生育期間中の株元散布が認められています。トマトとミニトマトの境界線は果実の直径3cmより大きいか小さいかです。)確かに間違えやすい点ではありますが、農薬取締法で定められておりますので、注意をして使用していただきたいと思います。コナジラミが発生していても、その果実は食べても構いません。 回答
質問 2007/8/28  受付NO.00639   【害虫の防除法】
葉の裏に黒い点々の様な虫がいっぱいついてしまいましたどうすればいいでしょう。
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。メールの内容から、アブラムシかと思います。まだまだ収穫が続くようでしたら、農薬による防除をお勧めします。最寄のJAやホームセンターなどで、トマトへの登録と収穫前日数を確認してお求め下さい。弱い虫ですが、繁殖能力が高いので、葉の表裏(とくに裏)、若芽の中、まんべんなく散布して下さい。暑い時間は避けて散布して下さい。涼しくて風の弱い朝方がよいでしょう。 回答


ページのtopに戻る


質問 2004/5/26  受付NO.00151   【ホルモン処理】
今、ミニキャロルを作っているのですが・・・ホルモン処理というものがトマトにどういった働きをしているのか、詳しく教えてください!ホルモン処理は、週に1・2回といった感じでしています。
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。トマトのホルモン処理は着果・果実肥大促進のために行います。この処理で使われるのは「オーキシン類」と呼ばれる植物ホルモンです。トマトは受精すると種子からオーキシンが分泌されるようになり、その影響で果実が肥大していきます。しかし、受精不良になった場合や受精しても株の栄養状態が悪く、他の花と養分競合を起こして子房内のオーキシン濃度が低くなった場合には落花してしまうことがあります。これを防ぐために人工的にホルモン処理を行い、着果・肥大を促します。ホルモン処理の時期、回数についてはお買い求めの薬剤の用法・用量を守って使うようにしましょう。 回答


ページのtopに戻る


質問 2004/2/23  受付NO.00126   【実が小さく落花する原因・対処法】
去年から花を育てたり、野菜を作ったりしているのですが、ベランダで作るせいかなかなか上手くいきません。夏に作ったトマトも実は小さいし、花はついても実がなる前にポロッと落ちてしまったりしてしまいました。そうならないコツがあれば教えてください。
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねのトマトについてお答えします。詳しい栽培状況が判らないので、判る範囲でお答えします。トマトは吸肥力が強い作物です。最初に肥料が効きすぎると樹勢が強すぎ、落花したり、果実の肥大が悪かったり、果実に生理障害(尻腐れ、すじ腐れ)、生育障害(茎の窓あきど)が出たりしやすくなります。大玉トマトはミニトマトに比べて、栄養的に大変わがままなトマトです(栄養生長と生殖生長とのバランスが大事です。)。改善策としては、下記を参考にしてみて下さい。
@茂りすぎて1段目が実どまりしない場合
 ・元肥は控えめにして、第1回追肥は第一花房が確実に肥大してから
 ・第一花房が2〜3花咲いた頃に、植物ホルモン剤(最寄のJAかホームセンターにお尋ね下さい。)を散布します。
A1〜2段はとまるが、樹勢が弱体化して4〜5段の実どまりが悪い場合
 ・元肥に有機質肥料を深めに施し、2回目以降の追肥を遅れないように適切に。
回答


ページのtopに戻る


質問 2003/7/15  受付NO.00097   【葉がしおれた原因・対処法】
はじめまして。トマト(桃太郎)を10本うえ、実が大きくなり後は赤くなるのを待つだけとなりました。ところがその内4本が立て続けに元気がなくなってしまいました。茎と実の付いた枝はそうでもないのですが、葉が全部しなしなになっています。これはもうだめなのでしょうか?どうしたら良いのか教えてください。
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。メール内容から、「青枯病」だと思います。根や茎が侵されます。初め茎先端の葉が日中しおれ、曇天日や朝夕に回復しますが、やがて株全体が急にしおれてしまいます。実が太りだすこの時期、よく見られます。連作や窒素肥料の偏用で発病が助長されます。今後は以下の点を参考に管理して下さい。
・症状の見える株は、できるだけ早く抜いて、圃場害に持ち出して下さい。(今成っているトマトが、もし収穫できそうなら、もう少し待ってみましょうか)
※被害植物とともに土中で越冬し、翌年根の傷口などから侵入し発病する恐れがあります。
・排水を良くし、潅水量は少なめに栽培して下さい。
・芽かき作業等で伝染するので、作業は高温乾燥時に行って下さい。
・来年のことですが、苗を購入される場合、接木したものを選んで下さい。(抵抗性台木による接木。購入されるJAや苗屋さんにお尋ね下さい)
・難しいかもしれませんが、植える場所を変えて下さい。
回答


ページのtopに戻る


質問 2003/7/13  受付NO.00095   【ひび割れの原因・対処法】
初めて家庭菜園です。桃太郎トマト、4つ目の房を最終に 先を摘み取りました。それぞれ3個づつにし、合計12個がりっぱにできました。赤く熟すまで待ち、収穫していますが、ひび割れがしてしまいます。そのようにならないコツがあれば教えていただきたく、よろしくお願いいたします。
三重県 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。摘果・摘芯とも理想的な管理をされていますね。お尋ねの烈果は、乾湿変化の激しい場合、特に乾燥が続いた後の降雨や潅水で起こります(水分で果肉が膨らみ、その膨らみに外の皮が追いつかずに裂けます)。乾湿差をなるべく小さくする管理(特に乾燥後の多潅水は避ける)を心がけてください。 回答
質問 2008/10/7  受付NO.00787   【トマトの実に亀裂が入る原因及び対策について】
貴社のHPいつも拝見させて頂いております。トマト栽培に関してご意見を頂けましたら幸いで御座います。簡易雨よけで桃太郎を栽培しておりますが、毎年栽培後半になると、ホゾの部分より十文字に実に亀裂が入ってしまします。潅水のしかたにより実の裂果が起こることは承知していますがその現象とは異なる要因ではないかと思います。原因、及びその対策をご教授願いたいと思います。宜しくお願いします。
 長野県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。裂果については、いろいろな原因があり一概にまとめることはできませんが、一般的にトマトのヘタ側から見て同心円状に割れている場合(同心円裂果)は過湿などで急激な果実の膨張に果皮の膨張が追いつけなかった場合に多く、ヘタから放射状に割れている場合(放射状裂果)は、高温乾燥などで果皮が固くなり、果実の膨張に果皮が対応できなくなった場合に多いようです。ただし、いずれも単一の原因ではなく、両者の要因が絡み合って発生します。そのため、同心円裂果の場合は、雨よけなどで雨が直接かからないようにすると同時に、ビニールマルチや排水対策を徹底して、急激な土壌水分の変化を起こさないようにすることが大切です。一方で、放射状裂果については、雨よけとともに寒冷紗などで軽く日除けをして温度上昇を抑えてやることも大切です。また、品種によっても裂果しにくさが異なるので、裂果しにくい品種を作ることも大切です。また、場合によっては裂果ではなく、乱形果となる場合もあります。乱形果は、果実全体が変形する場合もありますが、果実の一部分に変形をきたすこともあります。ただし、これらは受粉期の低温が最大の原因であるため、収穫期前半に発生する問題になります。 回答


ページのtopに戻る


質問 2003/6/18  受付NO.00084   【葉が黒く変色してしまった場合の対処法】
今年初めて荒地を開墾し、トマトを植えてみました。下のほうの葉が枯れたように黒く変色し、病気ではないかと思うのですが、どうしていいのか分かりません。トマトの実はいくつか付いています。よい方法を教えてください。
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。着果した部位から下の葉はあまり仕事をしません。むしろ、風通しが悪く、病気がつきやすくなります。ですので、実がついている枝から下の葉は取ってしまって良いです(一度に取ってしまうより、何回かに分けたほうが木の負担にならなくてよいです)。天気が良い日、できれば午前中(切り口が早く乾くように)に取って下さい。取る時はハサミを使わず(病気の伝播防止)、手で下に折って、上に持ち上げるときれいに取れます。 回答
質問 2008/5/30  受付NO.00717   【プチトマトの葉が黒くなる原因について】
ベランダでプチトマトを育てていますが、下の方の葉先が黄色くなって、さらに黒くなってきました。(背丈は80cmくらいで、花は3段くらい目まで咲いています。1段目には、実もなっています。東向きのベランダで午前中のみ日が当たります。水は毎朝やっています。)1段目より下の葉先がどんどん黒くなってきて、困っています。何か病気なのでしょうか?原因と対処法を教えていただきたいです。
 
東京都 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。栽培環境から農薬は使いにくいと思いますので、できることでお答えします。トマトは日当たりを好み、乾燥にはとても強い(湿害にはとても弱い)植物です。日当たり条件は仕方ありませんが、かん水について工夫してみましょう。暑い日が続いて土がよく乾くようでしたら、毎朝でもかん水してあげて下さい。ただ、今の時期、土を少しほじってみて湿気があるようでしたら、毎日まではやらなくてよいと思います(湿害に弱いので)。日当たりがとてもよいわけではありませんので。下葉について、役割を終えた葉は下の段から枯れてきます。その枯れた葉が病床になることもあるので、切除(下→上にポキッと簡単に取れます。)します。できれば傷口が早く乾くように、日のあたる時間帯がいいのですが。それと、負担になるので、まとめては取らないほうがよいでしょう。※株元は風通し良くしてやります。
回答


ページのtopに戻る


質問 2003/4/3  受付NO.00064   【連作障害の原因】
トマトなのですが、去年プランターでトマト栽培をしました。今年もプランターで栽培をしようと思うのですが、土を変えたほうがいいのですか?ナス科の野菜は連作したらだめだよと、聞いたのですが・・・?また、土を変えずに、土を復活させる方法があったら教えてください!
男性
質問ありがとうございます。おっしゃるとおり、トマトは連作に弱い野菜です。連作障害の原因は、今だ不明な点が多いようですが、
@土壌養分の不足または不均衡
A土壌反応の悪化
B土壌物理性の悪化
C毒素の集積
D土壌微生物(病原体、害虫を含む)
などの内容があります。
土壌消毒、土壌の加熱、湛処理(水稲は水を張る(湛水)ため、連作障害がありません)など方法はありますが、プランターの土(そう多くはない量ですね!)は新しいものに変えた方がよいと思います。我が家も、畑でトマトやナスを栽培(家庭菜園です)していますが、面積が限られているので同じ場所になってしまうことがあります。最初は調子良いのですが、実が成る・太るようになってから、バタバタっと萎れてしまうことがあります。(連作障害の一つ、青枯病です。)そういうことにならないように、土を変えた方が良いと思います。その土は、今年はトウモロコシなど別の野菜を作られてはどうでしょうか。
※参考までにナス科(シシトウ、ピーマン、ジャガイモ、トマト)
回答


ページのtopに戻る


質問 2002/5/30  受付NO.00036   【花が根元から切れる原因】
現在、マンションのベランダでミニトマトを栽培しています。日当たりもよく、風通しも悪いとはいえません。現在、高さは60cmくらいに成長しております。しかし、花が、ちらほら咲いていい感じかな?っと思うと、花が散ると同時に、花の、根元から切れてしまいます。せっかく、花が咲いたのにと、毎日悩んでいます。何か、肥料の関係でしょうか?
愛知県 男性
質問ありがとうございます。移植時期や元肥、追肥の施用状況などがわかりませんが、着果が安定するにはまだ早いように思います。早く咲いた花はだいたい実どまりが悪いので、心配なさらなくて良いと思います。元肥を施用していれば、今は追肥をしないで下さい。肥料が効きすぎると、実どまりが悪くなります。また、強制的に着果させる方法もあります。お近くの農協、ホームセンターなどに置いてある(または注文できる)もので、「着果ホルモン:トマトトーン」というのがあります。これを200倍(水1リットルにトマトトーン5cc)にして使ってみてもよいと思います。(農薬ではありません。)着果だけでなく、肥料が効きすぎて、木が暴れる(茂りすぎる、そのため着果もしにくい状況。過繁茂は病害虫発生の原因にもなります。)時などにも良いです。参考になりましたでしょうか。  回答


ページのtopに戻る


質問 2001/11/07 受付No.00025   【保存方法】
実家の母が、畑を借りて野菜を作っていましたが、このたび立ち退きでせっかく作っていたミニトマトを、緑のまま収穫しました。たくさんとったらしいのですが・・・一度にたくさん食べられないし・・・。なにか、よい保存の仕方があれば教えてもらいたいのですが。宜しくお願いします。 
  女性 
質問ありがとうございます。トマトの保存方法として、密閉したものより、穴のあいたビニールのようなものに入れて、冷蔵庫の野菜室に保存しておくのが良いと思います。蒸れると腐れの原因になりますよ。 回答


ページのtopに戻る


質問 2001/3/14 受付No.00009   【種から育てる方法】
トマトを種から育てたいです。どうして育てたらいいかを教えて下さい。
豊田市 35歳 会社員
苗を5月に育成する場合、3月中旬以降に種まきをします。(今が最適な時期ですね)準備した育苗箱などに、まず、種まき用土を入れます。市販の種まき用土を使用する場合のほか、被覆肥料を含む培養土の上に、ピートモスとバーミキュライトを等量混合した用土(ピートライト)を重ねて作った用土も簡便に用いることができます。表面を平らにならした後、余分な水分が底から出るまで十分に潅水します。この湿らせた用土にトマトの種を条まき(すじまき)します。指で3〜5cm間隔に約1cmの深さの種まき溝を作り、この溝に種を1cm程度の間隔に指でもむようにしてまきます。まいた後、タネの周囲の用土をかけて覆土し、その上を1枚の新聞紙で覆っておきます。この新聞紙の上からジョウロで新聞紙を湿らせる程度に潅水します。種をまいた育苗箱は、日中は陽のよく当たる暖かいところに置き、夕方は家の中に入れます。こうした移動が困難な場合は、育苗箱全体を発泡スチロールの箱などに入れてフタをしたり、プラスティックフィルムをかぶせたりして、確実に保温できるように工夫しましょう。種まきしてから7〜10日前後して発芽してきたら、新聞紙を取り除き光を十分当てて育苗します。発芽までは、用土が乾かない程度に、用土の上の新聞紙を湿らせるようにして潅水します。発芽がそろい、本葉が出てきたら、よい苗を選んで、ポリポットなどに鉢上げをします。(4月の作業)
トマトの栽培こよみです。
3月 4月 5月
主な作業 栽培準備 種まき 保温して育苗開始 鉢上げ 定植
いかがでしょうか。種まき後の感想等、またお寄せください。
回答


ページのtopに戻る


質問 2004/6/30  受付NO.00184   【青枯病】
今年の5月1日から「種付き培養土」で売られていた「ミニトマト(ミニキャロル)」と「ミニトマト(イエローキャロル)」と「ホーム桃太郎」を育てているのですが…、ミニキャロルはまだマシなんですが、イエローキャロルは葉がクルクル(カサカサ)になってきて…、桃太郎は最初から枝が垂れ下がったままなんです。質問コーナーを読ませて頂いたら「青枯病」っと言うのが載っていましたが…これがそうなんでしょうか?最近、実が沢山出来始めたところなんですが…、もしこのまま育てて赤くなっても、病気の木の実だったら食べれないのでしょうか?教えて下さい。
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。葉がクルクルまくということですが、水が不足しているのではないかと思われます。朝(または夕方)に水をしっかりやってみて下さい(但し、排水がきちんとできる様にしておきましょう)。その後、症状が回復せずさらに弱ってしまうようでしたら青枯病がの可能性が高いです。青枯病は以下のような特徴があります。
青枯病:根・茎が侵されます。初め茎先端の葉が日中しおれ、曇天日・朝夕に回復しますが、やがて株全体が急にしおれ青枯れ症状を呈します。茎を切断するとその部分から白濁色の汁液を出します。被害株の細根は初め褐変し、やがて腐敗・消失します。
青枯病にかかるとそれ以降の生育は期待できませんが、すでに実が着いていて特に痛んでいる様子がないようなら、その実を食べることはできます。
回答


ページのtopに戻る


質問 2005/4/8  受付NO.00322   【ミニトマトの苗の茎が赤くなる原因】
ミニトマトを3月末からプランターで育てています。1週間ほどで芽も出できて順調に伸びてきたと思っていたのですが、よく見ると三分の一の苗の茎が赤くなっています。葉の後ろまで。他のものは薄い緑色なのですが、何か病気でしょうか?また育てていく上で特に注意しなければいけない点は何ですか?教えてください。
沖縄県
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。せっかくお問い合わせをいただきましたが、メールからでは判断がつきかねます。すみませんが、最寄りのJAか農業改良普及所にお尋ね下さい。
※病気ではなく、要素欠乏による症状のように思います。併せてお尋ね下さい。
ミニトマトの栽培方法について、本組合HP「質問コーナー」のバックナンバー「野菜」の「2002/4/27 受付NO.00033」に紹介しています。ミニではなくトマトですが、参考にしてみて下さい。
回答


ページのtopに戻る


質問 2005/5/19  受付NO.00351   【ミニトマトの葉が黄色くなり落ちる原因】
家庭菜園で作っているミニトマトについて教えてください。小指の先くらいの実が既についています。先日下の方の葉が黄色くなって落ち始めました。よく見てみると他の元気な葉も周辺部が黒くなっています。水分はそこそこ2〜3日に1回、追肥は小さな実がついた時(2週間くらい前)に実施しています。病気のように見えるのですが、どのような処置をすればよろしいでしょうか?
岡山県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。メールの内容からは判断が難しいのですが、何らかの要素欠乏症(カルシウム?)かと思われます。病気の線も捨てきれませんが、トマトの葉は生長に従って下の葉は役目を終えて枯れていきます。黒くなっている葉も元気ということなので、液肥(メリット黄)をやって様子を見るのが良いかと思います。申し訳ございませんが、メールでの回答には限界がありますので、液肥を購入されるときにお店でおたずねになるか、お近くのJA、園芸試験場に問合せられたほうが良いかもしれません。 回答


ページのtopに戻る


質問 2005/5/25  受付NO.00354   【トマト・ピーマン・ナスの育苗の時期】
トマト、ピーマン、ナスの苗作りについて、質問いたします。これらの種袋のウラには寒冷地の種まきが5月あたりでも良かったのですが、私の住んでいる新潟は今年の5月気温が低く、20度以下の日が多かったせいでしょうか、なかなか発芽しません。育苗の時期としてはこれからでも良いものでしょうか?ちまたではもうトマト、ナス、ピーマンの苗が売られているというのに。
新潟県
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。こちら(鳥取県)との気候の違いから、取り扱っている品種や栽培体系も異なると思いますので、お近くのJAなどにお尋ねになった方が良いと思います。トマトやナス、ピーマンは、播種から定植までの期間がわりと長いので、これから播くよりは、苗を購入された方がよいと思います。その場合、接木苗の購入をお勧めします。少し高いですが、病害などにも強くて、初めての方にも比較的育てやすいからです。 回答


ページのtopに戻る


質問 2005/6/3  受付NO.00362   【わき芽かき】
トマトのわき芽かきですが、株の生育に合わせて止める時期もあるのでしょうか?それとも常にわき芽は取り除いたほうがいいのでしょうか?
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。わき芽は各節とも早めに取り除き、主枝を1本にします。作業は、晴天の日の午前中にしましょう(傷口が早く乾くように)。わき芽かきと合わせて、下記も参考にしてみて下さい。
(摘芯について)
収穫目標最上段果房(だいたい5〜6段果房)の上の葉2〜3枚を残して摘芯します。
(下葉のかき取りについて)
病害虫の発生を少なくするために、収穫の終わった果房の下の葉から取り除き、風通しをよくします。
回答
質問 2008/6/16  受付NO.00733   【トマトのわき芽のとり方について】
こんにちは。 いつも回答ありがとうございます。ミニトマトについて教えてください。茎の一番下の方にある葉が枯れはじめてきたので、葉をとってしまおうと思い、手でわき芽をとるように茎を下に折ろうとしたら、きれいに折れずに、茎がめくれてしまいました。このままにしておくと、そこから病気になったりしませんでしょうか。このような失敗をしてしまった場合は、どのように対処したらよろしいでしょうか。写真を添付しますので、またアドバイスをお願いします。※心配だったので、そのままの状態にしてあります。
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。下に折ってから、そのまま上に持ち上げるとわりと取りやすいと思います。鉢栽培のようですので、傷口が乾くところで(午前中のうちに)取るとよいと思います。着果した一段目の下の葉は役割を終えているので、取られたほうが(風通しをよくした方がよいですし、枯れて、そこが病床になることもあるので)よいでしょう。できれば一度に取らずに少しづつ取って下さい。 回答
質問 2008/6/3  受付NO.00723   【茎の剪定判断とハーブの葉の防虫方法について】
県外からで申し訳ありません。トマトを家庭菜園で栽培しています。「アイコ」と「こくみ」ですが、今年は非常に良い感じで成長しています。両方ともに60cmくらいには成長し、花も3段目まで咲き始め、1段目の実は大きいもので3cmくらいに成長しています。わき芽は早いうちにとり、1本だけ伸ばすようにしていたのですが、1週間見ないうちに、地面付近から立派な枝のように茎が伸びてきてしまいました。明らかにわき芽ではないのですが、これも切った方が良いのでしょうか?既に30cm以上に成長してしまったので迷っています。ハーブの葉が見事にムシに食べられてしまっています。人間に害が無く、防虫する方法がありましたら教えてください。よろしくお願いします。
岐阜県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。断定はできませんが、わき芽ではないのであれば、(接木苗であれば)台木から伸びたもの、もしくは昨年栽培した野菜の種子が落ちたものが、発芽してきたものではないでしょうか。どちらにしろ、その枝に栄養をとられてしまうので、早めに切ってしまった方がよいと思われます。ハーブについてですが、防虫ネットや不織布を張って物理的に害虫を遮断するのが、適当な手段かと思われます。
回答


ページのtopに戻る


質問 2005/6/7  受付NO.00366   【栽培方法】
トマトも発芽しておりまして今ようやく5センチほどに成長しておりますが、これも可能性としてはある程度いけそうでしょうか?
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。トマトは日長や温度にあまり影響を受けずに、一定期間の栄養成長をした後に花芽分化して生殖成長に入る植物です。どのくらい丈が伸びて、どのくらい実を着けてくれるか、わからない分、楽しみでもあります。植え付ける場所にゆとりがおありでしたら、是非試してみて下さい。その後の経過を教えていただけると幸いです。
※トマトは吸肥力が強いでの、元肥は少な目にしましょう。着果させることが大切なので、着果するまでは追肥せず、第1果房が10円玉くらいの時に1回目、第3果房が開花した時に2回目の追肥をします。その後は、生育を見ながら施用します。
※トマトの栽培方法をご紹介します。よろしければ参考にしてみて下さい。

http://www.jainaba.com/einou/situmon/sodatekata/tomato/tomato.htm
回答


ページのtopに戻る


質問 2005/6/8  受付NO.00368   【実が硬い原因】
去年のトマトを育てました。実は赤くなりましたが少し硬くて食べることはできても、おいしいと言えるような感じではありませんでした。ただ単に水不足なのでしょうか?今年もトマトを育てていますが次こそは成功させたいのでよろしくお願いします。
高校生
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。根が傷むと生育、実りに影響が出ます。根傷みの原因として、水分過多、連作障害が考えられます。
○プランター栽培でしょうか。この場合、水分不足、逆に、やり方と土質によっては水分過多になります。トマトは元々乾燥地帯で栽培されていた野菜なので、乾燥には強い方ですが、水分過多には滅法弱い野菜です。
○トマトは、連作(同じ場所、同じ土で栽培すること)すると傷害(根痛み→地上部の枯れ)が現れます。回避するには、場所を代える(土を変える)か、接木をしたトマトを購入して栽培する必要があります。
他に、栄養が不足すると皮が厚くなったり、味が悪くなったりするようです。追肥もやって下さい。わき芽も小まめに取りましょう。主枝1本仕立てが基本です。病害虫の発生を少なくするために、穫り終わった果房の下の葉から取り除き、風通しを良くしてやりましょう。下記は栽培方法です。よろしければ参考にしてみて下さい。

http://www.jainaba.com/einou/situmon/sodatekata/tomato/tomato.htm
回答


ページのtopに戻る


質問 2005/6/8  受付NO.00369   【葉が黄色くちぢれる原因】
家庭菜園でトマトの苗を一ヶ月前にホームセンターで購入し、4本植え、茎丈50cmほどに成長はしたのですが上のほうの葉が、黄色みがかり、ちぢれて、萎縮しているようです。茎は親指ほどに太いのですが、先端は、よわよわしいです。実は去年も同じ様でした。どんな病気ですか。また今からでわどうにもなりませんか。
栃木県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。現物を見ていないので、はっきりとしたことをお答えできません。まず、しおれる茎の先端の葉に、アブラムシはついていますか?新芽の中や葉の裏に多数居て、(汁を吸って)葉をしおれさせます。アブラムシでしたら、最寄りのJAやホームセンターなどで農薬をお求めになり、早めに防除して下さい。アブラムシでなければ、青枯病の可能性があります。初め、茎先端の葉が日中しおれ、曇天日・朝夕に回復しますが、やがて株全体が急にしおれる病気です。土にいる細菌の一種が根から侵入して発病します。連作(同じ場所に栽培することです)や窒素肥料をあまり多く施すと発病を助長します。対処方法としては、抵抗性台木に接木したトマト苗を購入して栽培する/排水を良くして、かん水量を少なめに栽培する/青枯病になった被害株は、その畑から出して処分する/土壌消毒を行なう、などが上げられます。青枯病発病後の効果的な防除方法はありませんが、かん水量を少なめに栽培し、生育に合わせて追肥をしてやれば、すぐには枯れずに、ある程度収量を得られることもあります。芽かきは、高温乾燥時にして下さい。他の健全な株に伝染する可能性があるので。下記は栽培方法です。追肥の方法など、よろしければ参考にしてみて下さい。

http://www.jainaba.com/einou/situmon/sodatekata/tomato/tomato.htm
回答


ページのtopに戻る


質問 2005/6/16  受付NO.00379   【栽培時は雨を避けた方が良いか?】
【1回目の質問】
先週からトマト(桃太郎)を栽培することにしました。現在アパートに住んでいるので、プランターに苗を植えました。お店の人に、水はやり過ぎないようにしたほうが良いと言われたので、苗を植えたときに少しだけあげて、あとは何もしていなかったのですが、最近雨が良く降るようになって、肥料のところにカビのような白くフサフサしたものが、ところどころに見られます。最初の水と雨で水を含みすぎたのでしょうか?これから雨の時期に入るので、ベランダとは言え、囲いを作って雨を避けた方が良いのでしょうか?初めてのことなので、どうして良いのか分かりません。
【2回目の質問】
早速のご返信有難うございます。現在東京に住んでおり、当分雨が降ると思うので早速ワラを買いに行こうと思います。今土の上にあるカビのようなものは、取り除いてからワラをしいた方が良いのでしょうか?ワラを敷いてからも、そのカビのようなものが繁殖しないかが心配ですが、やれることはやってみます。アドバイス有難うございました。これを参考に頑張ります!
【1回目の回答】
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。こちら(鳥取県東部)は雨が少なくて困っているので、うらやましい限りです。トマトは南米の高原地帯が原産で、そこは高温乾燥ぎみの気候ですから、水分過多には至って弱い野菜です。お住まいの地域の降水量や雨天率がわかりませんが、囲いまではよいと思います。ただ、雨水が土に跳ねかえって、葉や果実を汚したり、病害の元になるので、土の表面にワラや草を敷くとよいでしょう。乾湿を和らげる効果もあります。下記は栽培方法です。参考にして見てください。
http://www.jainaba.com/einou/situmon/sodatekata/tomato/tomato.htm
【2回目の回答】
返信ありがとうございました。そのカビは、どこにでもいるカビで、丁度条件が整って(ほどよい温度と湿度、さらに栄養分(肥料についていたのでしたね))発生したものと思いますので、心配ないでしょう。ワラが手に入らなければ(最近、コンバイン刈りが主流で、稲を刈り取った後、自動的に細断して田んぼにまいてしまうので、この辺り(田舎)でも入手は難しくなっています。)、その辺の草を刈って、乾いた頃に敷いても良いですよ。  
回答


ページのtopに戻る


質問 2005/7/8  受付NO.00389   【葉が内側に巻いてしまう原因】
【1回目の質問】
トマトの葉が内側に巻いてしまいます。何が原因なのでしょうか?
【2回目の質問】
葉の色は濃い緑です。黄色いところはありません。アブラムシやダニは無いように見えました。葉のウラには黒くしみのようなものもあります。ただ気づいたことに畝が低く、水はけが悪かったかな?とも思いました。成長の遅いものは株全体がそうですし他のものは一部の枝の葉とかです。実が赤く熟しているのも在りますが食べても大丈夫でしょうか?
【1回目の回答】
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。巻いた葉は若い葉ですか?その葉の裏側に小さい虫(アブラムシかハダニ)が見えませんか?該当する場合は、害虫による吸汁害によるものですので、最寄りのJAかホームセンターで、農薬を購入して防除して下さい。アブラムシとハダニでは農薬が異なりますので、虫の付いた葉を見てもらった方がよいでしょう。散布は、涼しい時間帯にしましょう。
※事情があって農薬が使えないという場合、木酢液または牛乳の希釈液を、葉の表裏(特に裏)にたっぷりかけてみて下さい。アブラムシは弱い虫なので、窒息して死にます。が、生き残ったり、近所から飛んできたりして、あっという間に増殖するので、気を抜けません。この方法はアブラムシの場合だけです。ハダニの場合は専用農薬の使用が必要です。害虫でない場合は、●症状が出た位置、●症状の進み方、●病斑の様子などを教えてください。例えば、症状は下葉から出た、最初、輪郭のはっきりしない淡黄色の小斑点ができ、次第に大きくなって、葉が巻き始めた。または、日中、茎の先端がしおれる(が、夕方や曇天日には回復)など。
【2回目の回答】
返信ありがとうございます。病害虫の被害は見えず、生育の遅い(着果・実の太りが遅い)株に、葉巻症状が多い、とのことから、旺盛な栄養成長からくる葉巻かと思われます。初期の栄養状態がよく、また、着果が遅いと、木が育ちすぎ(暴れて)、葉は深緑色になって巻くことがあります。着果すると、養分の流れが栄養生長だけでなく、生殖生長にも向くので、木が暴れなくなります(安定します)。このまま様子をみて下さい。着果し、果実が太り始めると、追肥も必要になってきます。その目安は下記栽培方法を参考にして見てください。トマトは元々、高温・乾燥地帯の野菜ですので、排水には気をつけて、水はやり過ぎないようにして下さい。熟したトマトは食べて良いと思います。
※雨が降ると、跳ねた雨水が葉や茎に付いて、汚れや病害虫の元になりますので、土の表面にワラや枯れ草などを敷いてあげて下さい。実が穫れた果房の下の葉は、その役割を果たしたので、天気の良い日に取って下さい(傷口が乾き易い天気の続く日にしましょう)。下葉を残すと、風通しが悪くて病害が発生しやすくなるためです。
回答
質問 2008/6/3  受付NO.00721   【トマトの葉が巻く原因について】
お聞きしたい事があります☆今、ミニトマトと桃太郎?という品種を、プランターで育ててます('-^*)昨年は、ミニトマトだけ挑戦して、何の害もなく 収穫できました。しかし今年は、なぜか葉が元気ありません(>_<)最初 ハモグリバエ?の害が出て、薬を散布したら 減ったのですが、1ヶ月過ぎた頃 どちらの種類も、葉の先が茶色くなり、葉の全体が内に巻いてたりなど。水は少なめにしてますが、雨が多い土地柄なので、根腐れも考えられるかも(>_<)あと、アブラムシなどはついていませんでした。実がどちらもなってきてるから、どうにか収穫までもっていきたいのです☆説明不足でわかりにくいと思いますが、どんな原因があるか教えて下さい。よろしくお願いいたします(*v_v*)
長崎県 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。一般的にトマトの葉が巻く原因の多くは、栄養過剰ですが、写真を見た限り、茎などもそれほど太いわけではなく、巻き方も栄養過剰の様子ではないようです。ですので、逆に、根傷みなどによって弱っているように見え、その弱った状態のため、病気にかかりやすい状況になったのではないかと考えられます。また、定植はいつごろされましたか?。こちらは鳥取ですので長崎の適期が分かりませんが、あまり早すぎる定植は、植物体が本来の成長を行うことができず、それによっても樹が弱ってしまい、おのずと病害の発生もおこりやすい状態になります。茎の太さや葉の色を見て、液肥の散布を行って樹勢を回復させつつ、病気がひどいようなら殺菌剤も利用していくことをお勧めします。
回答


ページのtopに戻る


質問 2006/6/6  受付NO.00472   【雨よけ&水やり】
家庭菜園でトマト(桃太郎)を、うね高20センチでシルバーマルチを使用し植えています。現在一段目に花がつき始めている状態です。雨よけをすると病気になりにくいと聞き簡易の雨よけトンネルをしています。雨が降っても根からの水分吸収が大幅に制限されると思いますが、水やりは必要ですか?
愛媛県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。トマトの雨よけは、病気発生を抑えるということだけでなく、果実の割れを抑えるという意味もあります。(果実に直接雨がかかったり、土壌水分が急激に変化をすると割れてしまうため)そのため、生産現場では、トマトはほとんどがハウスで栽培されています。さて、お尋ねの水やりの点ですが、雨よけトンネルの規模が分かりませんので、なんとも言えませんが、基本的にトマトは乾燥に強く、湿潤にやや弱いので、多少乾燥している方が生育がよくなります。(かん水を少なめにすることで、トマトの糖度が上がるというメリットもあります。)逆に、あまり湿っていると、果実の割れが増えたり、根痛みを起こして、生育途中で枯れてしまうなんてこともよくあります。畝高20cmでシルバーマルチとのことですが、植物の根の張り方は思っているよりも広く、トマト、ナス、キュウリ、メロンなど、いずれもマルチの外側(つまり通路の部分)にまで伸びてきます。ですので、一見するとマルチによって水分吸収が制限されるように思いますが、実際にはそれほど制限を受けているわけではありません。逆を言えば、水をやるなら、通路に行えば充分ともいえます。
※但し、通路かん水は、水が溜まる状態だと、その水の中を病気が泳いで広がっていくおそれがありますので、くれぐれも水が溜まるようなことのないようにして下さい。
まとめますと、通路に流入してくる水の加減にもよりますが、マルチ&雨よけだからといって、さほど水やりに神経質になる必要はないと思います。
回答


ページのtopに戻る


質問 2006/6/19  受付NO.00480   【穴あきになる原因】
トマト桃太郎6株のうち3個の果実が穴あきになってます。第1〜3段まで、トマトトーン100倍を1回散布。原因は何ですか?
奈良県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。写真を見た限りでは、チャック果と窓あき果だろうと考えられます。いずれも、花が形成される段階での障害によるもので、各器官(おしべ・めしべ・子房など)が分化し、離脱して独立した器官になれなかった状態がこのような変形果になるのです。子房に雄ずい(雄しべ)が結合した状態で開花し、程度の軽いものは抱合線のある果実(チャック果)となり、重症のものはその一部が裂けて、果皮の破れた状態の窓あきとなります。原因としては、花芽分化・発育過程で5〜7℃の低温に遭遇したことに影響すると思われます。(特に、今年は3月の夜温が低かったこともあり、例年よりも発生が多いようです。)ただし、この花芽分化が起こる時期というのは、本葉2枚が展葉した頃からはじまるので、苗を購入して定植される場合、自分は低温に遭わせた覚えが無くても、その影響を受けてしまっているということがあるようです。対策としては、購入苗の場合では、少しでも発生の影響を軽減させるため、保温に努めてやるといいと思います(夜温が13℃以下ではチャック果・窓あき果が発生しやすいので、それ以上の温度を確保する)。保温ができない場合は、あまり早植えを行わず、十分に夜温が上がった頃になって定植をするようにします。また、品種によって発生しやすさ、しにくさがあるようですが、完全に防げる訳ではありませんので、夜温の確保が大切かと思います。 回答


ページのtopに戻る


質問 2006/6/15  受付NO.00489   【葉が変色し、枯れてしまう原因・対処法】
現在、ミニトマトをプランターにて栽培しています。順調に育ち、いくつか収穫も出来たのですが、まだ成長をしている上のほうの葉が、萎びて丸くなり、灰褐色に葉脈の区画に沿って、変色し、枯れていきます。萎びて丸くなるのは、上の方の葉だけで、中部や下部の葉は、青々とみずみずしいが、一部、葉脈に沿って、灰褐色に変色して、枯れています。写真を添付しますので、参考にしてください。ちなみに虫は見当たらず、夕方や曇りの日にも、回復しません。一応、葉水もして見ましたが、効果はなく、枯れていきます。生育環境など、詳細を下記に記します。
・マンション3Fの南向きベランダ、プランター栽培
・今年の4月頃、トマトの苗と『野菜の土』をホームセンターより購入
・土は、鉢底土には、鹿沼土・中粒を2cmほど敷き、その上に、『野菜の土』を入れた
・潅水は、土の表面が乾いてから上げている
・肥料は、果実・花用の液肥を2本差している(プランターの大きさ:46cm×24cm)
・樹高木は、約164cm(1本の苗より、3本がその大きさです)
宜しくお願いします。
兵庫県 女性
写真だけでは正確な判断は難しいですが、輪紋病でなないかと思われます。中葉や下葉に発生せず、上葉に病気が発生しているのは、写真から見る限り、先端部の茎が細く、開花している花と生長点までの距離が短いことなどから、栄養不足(肥料不足)のために、上葉で病気が発生しているのではないかと思います。液肥による追肥をされているとのことですが、成分内容が分からないので何とも言えませんが、果実が着果し始めると養分吸収が増えますので、その吸収量に応じた養分を補充出来ていないのだと思います。(プランター栽培の場合、どうしても過かん水ぎみになるので、液肥の養分が流れやすいこともあります)液肥も良いですが、粒状の肥料を使われた方が良いと思います。葉水をされたとのことですが、基本的に、植物の病気は菌(いわゆるカビ)が原因のものが9割以上ですので、湿気を好みます。病気が発生した際に葉水をするというのは、一部の病気(うどんこ病など)を除いて逆効果です。 回答
質問 2008/5/30  受付NO.00712   【トマトの葉に付く褐色の斑点について】
4月中旬にホームセンターで苗を購入し、ベランダ菜園を始めました。土は花・果実用の肥料などがあらかじめ混ざっているタイプの土です。南向きのベランダですが、朝日は当たらず、日中4〜5時間直射日光が当たります。ベランダはパネルタイプなので風等しはいまいち…1週間前くらい(?)から根元に近いあたりの葉に褐色の斑点(2ミリ〜)が付き始め、だんだんと植えの方に広がってきました。最近はその褐色になった斑点が交わり大きな斑点へと変わり、葉が透けてきているところもあります。疫病?ベト病?褐色病? 色々ネットで調べてみましたが判別が付かず。そんな時に貴サイトにたどり着き、質問させていただこうと思いました。写真を添付させて頂きます。対処法(もうこの病気に少しでもかかってしまったら捨てなければいけないのかな…)など教えて頂けると嬉しいです。宜しくお願い致します。
  
和歌山県 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。回答が遅くなって、すみませんでした。写真を見るだけでは断定できませんが、おそらく生理障害のように思われます。まず、4月中旬に苗を購入・定植というのは、暑さをそれほど必要としないトマトにとっても、十分な気温とはいえません。このような気温下では、根から十分に養分(特に微量要素)を吸収できないので、葉にこのような障害が発生しているのだと考えられます(もちろん、寒さによる直接的な影響の可能性もあります)。ただし、生理障害だと安心するのは禁物で、生理障害が発生すると言うことは、それだけ樹が弱っているので、おのずと病気にかかりやすい状態になります。そのため、病気を併発する可能性は十分にありますので、できれば殺菌剤等での予防と液肥による葉面散布を行って元気づけを行っていただければと思います。 回答


ページのtopに戻る


質問 2006/7/19  受付NO.00494   【茎が割れた原因】
トマトを育てているのですが、最近になって茎が割れてきてそこからびっしり根のような白いものが生えてきました。最初は茎がブツブツした感じになっていて気にはなっていたのですが。雨が2・3日続いたので一気に生えてきたようです。上の方はこれからまた生えてくるのかブツブツしています。トマトの味や見た目は普通ですが、とても気持ち悪くて…非常にその正体が気になります。いったい何なんでしょうか?よろしくお願いします。
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねの件につきまして、お答えします。ご指摘の通り、根(不定根)が伸びたのだと思われます。まず、茎が割れた原因はいくつか考えられますが、「軟腐病」や「茎えそ細菌病」といった細菌性の病気が疑わしいように思います。そして、茎のブツブツの件ですが、これは茎が割れたことにより、割れた位置よりも上側の部分が養分や水分を吸収できなくなるため、今まで茎だった部分が根に変化し、根が生えてきたのだと考えられます。このような根を不定根といい、トマト以外の野菜でも生えてくることがありますが、野菜の中でもトマトはよく不定根が生えることで知られています。茎が割れたりしていなくても、根傷みなどで、根からの吸収状態が悪いと、株元周辺から不定根が出ることもありますし、下の方のわき芽が伸びて、地面に触れたりすると、そこから根が張るということもよくあります。確かにあまり気持ちの良いものではありませんが、根ですので心配はありません。 回答


ページのtopに戻る


質問 2006/8/7  受付NO.00505   【ミニトマトのうどん粉病】
ベランダ菜園のミニトマトの葉が、うどん粉病にかかってしまいました。罹病した葉を切り取る程度では追いつかず、枝ごと茎の根元から折っています。このところ毎日4、5本の茎を折っているので、大丈夫かな・・・と思っています。でもそのくらい、すぐに白い斑点が出来てしまうのです。茎を折る以外、もっとよい方法がありますでしょうか。薬剤はなるべくなら使いたくないのですが、難しいでしょうか。お返事をよろしくお願いいたします。
東京都 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。うどんこ病は程度が低ければ大きな問題にはなりません。それに、通常トマトやミニトマトでは、あまり”うどんこ病”は見られないで、キュウリのうどんこ病が、ミニトマトの方に広がっているのかもしれません。対策に関しても、キュウリと同様ですが、無理な摘葉・摘心などは、逆に病害の発生を助長させるので注意して頂きたいと思います。 回答


ページのtopに戻る


質問 2006/1/24  受付NO.00538   【育苗について】
小さい育苗用のポットにトマトの種をまこうと思います。温度管理と日当たりの管理のコツを教えてください。
新潟県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねの件につきまして、下記のとおりお答えします。
まず、トマトは他の野菜に比べても発芽適温が高く、25〜30度が適温といわれています。そのため加温装備が必要となります。 もし、今の時期に播種をしたい場合、ハウス内で内トンネルをして、さらに電熱マットの上に育苗箱を置いて加温をする形で発芽をさせることが一般的です。(電熱マットがないと、今の時期では発芽揃いが悪く、かえって種代が高くつくと思います。)電熱マットなしでも安定させて発芽をさせるには、天候などにもよりますが、ハウス内でも2月末以降、露地(トンネル被覆)だと4月以降になると思います。温度面で心配でしたら、一度播種をする前に土を入れた育苗箱を被覆した状態で温度を測ってみた方がよろしいかと思います。また、温度面や保水の面を考慮すると、ポットに播種するよりも育苗箱に播種をした方が、温度の確保や適湿を保つという点で、発芽が安定しますので、移植の手間はかかりますが、育苗箱に播種されることをオススメします。最近はセルトレイ育苗もありますが、セルトレイも育苗箱と比べると温度確保が難しいので、特に早い時期に播種をする場合は、セルトレイよりも育苗箱をオススメします。育苗箱に播種をした場合、ラップをするような形でビニールで育苗箱をくるむと、保温効果と保湿効果により発芽を安定させることができます。おおよそ、1週間から10日ほどで発芽をするので、ある程度発芽をしてきたらビニールをはずしてやります。その後は、昼温で20〜25度を確保し、夜温は15度前後から徐々に下げていき、ポットに移植する頃(本葉2〜3枚程度)には、夜温10度前後に下げていきます。育苗のポイントとしては、ご指摘の通り、日照を確保してやることが大切です。特に、ある程度大きくなり、葉がぶつかり合うまでには、「ずらし」を必ず行って下さい。ずらしが遅かったり、不十分だと徒長してしまうので注意が必要です。(一日中の日照が確保できない場合は、特に午前中に日照が確保できる場所をオススメします)また、ポットに移植をして、ポット内で活着するまで(約1週間程)は水分を切らしてはいけませんが、その後はあまり水分が多くなりすぎないようにすることが大切です。灌水は朝方行い、夕方には土壌表面が乾いているような状態が理想です。(夕方から夜間にかけて土壌水分が多いと、徒長しやすくなる)トマトは乾燥には強い野菜で、土壌水分がやや少ない方が根の張ったガッチリと締まった苗になります。ですので、活着後は次第に灌水間隔を広げて、萎れさせない程度に灌水を行っていくと、本圃への定植後の活着や、その後の生育も良くなります。また、ハウスやトンネル内での育苗では、ちょっとした晴天時に温度が一気に上昇しますので、このような時は一部分でも開放して、換気をしてやる必要があります。この点を見逃すと、生長点を焼いてしまう(茶色くなってチリチリになる)ので気をつけます。
回答


ページのtopに戻る


質問 2007/6/6  受付NO.00587   【ミニトマトの茎が紫色に変色した原因・対処法】
今年初めて苗を買い、プランターでミニトマトを育てています。花も咲き、実もなり始め順調だったんですが、茎が紫色に変色してしまいました。一部分なんですが、このまま放置してて大丈夫でしょうか?それとも茎を切除した方がいいのでしょうか?わからないことばっかりなので教えていただけると嬉しいです。よろしくお願い致します。
千葉県 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。写真を見せて頂きましたが問題無いかと思います。トマトやミニトマトでは、樹勢や温度の関係などから、たまに茎が紫色に変色することがありますが、特に問題はありませんし、どちらかと言えば「良くあること」です。また、トマト以外の野菜でも、野菜が低温などに遭遇した場合に紫色が濃くなることがよくあります。(アブラナ科野菜やなすなど)これは、植物が低温に対する防御反応の結果として、アントシアン(なすやブドウの果皮の色素と同じ)が多くなることで発生しますが、これも、特に問題はありませんし、ブロッコリーやキャベツなどは(食べる時)湯がけば元の緑色に戻ります。 回答


ページのtopに戻る


質問 2007/6/11  受付NO.00588   【実がつかない原因】
初めてベランダで家庭菜園をしています。接木のハウスもも太郎をベランダで鉢で育てていて、他に違う品種のミニトマトが2鉢と合わせて3鉢あります。順調に成長はしているのですが、もも太郎だけが花は咲いているのに実がつきません。他のミニトマトは実が沢山ついています。現在1mくらいに伸びていますが新しい葉に元気がなく、上から15センチ位、葉が全体に萎びています。下の葉や茎は真横にピンと張ってすごく元気があります。水は土の表面が乾いた時に夕方たっぷり与えています。(住友液肥2号を2回に1回程度与えています。)何が原因なのでしょうか…
富山県 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねの件につきまして、お答えします。質問内容だけでは判断しかねますが、次のような傾向があるので回答させていただきます。参考にしてみて下さい。
○トマトが結実しない
・木ボケ、木負けによる場合
 肥料をやりすぎると、茎葉の生長ばかりが強くなる「木ボケ」になり、花がつかなかったり、花が咲いても実が付かず落ちることがあります。しかも、実がつかないと、着果による負担が無いので、さらに木ボケを起こして暴走する可能性もあります。逆に、根や茎葉が十分にできず、樹の勢いが弱いと花がついても「木負け」し、上段の花房の着果・肥大が悪くなります。ミニトマトは、トマトと比べて樹勢の強弱が着果率に与える影響が少ないので、木ボケや木負けをしても、ミニトマトの方が着果率が良いという傾向があります。
・苗の状態で何らかの障害を受けている場合
 トマトでは、開花している花は開花時期の約2ヶ月前には花芽分化をしています。(6月上旬に開花している花は、4月上旬頃には花芽に分化しているということ)そのため、ポット苗の段階で低温や過乾燥など、育苗管理の不備などがあると、花芽分化に影響を受け、結果として結実しないという場合もあります。特に、育苗期の管理や定植直後の管理などによって一番花が結実しないと、その後の2番目以降の花が結実しにくくなる傾向があります。特にホームセンターなどでは、大量の苗を軒先で管理しているところも多く、店舗によっては育苗管理が適切ではないこともあるので、注意が必要です。
・その他
 その他にも、開花期の温度(最高・最低気温)や過湿、過乾燥、日照不足などによっても、結実不良になることが知られています。特にベランダでの栽培では、日照不足の傾向が強くなる上、そのベランダの向きが問題になることが多くあります。(一般的に、東もしくは南向きが適するが、北もしくは西向きは日射量が不足する上に、過湿気味になるので、病気なども発生しやすい。)
以上のような点が基本的なトマトが結実しない条件・理由となります。トマトでは、このような着果不良を回避するために、一般的に「トマトトーン」という着果促進剤を利用することが知られています。水で100倍程度に薄めた液を、霧吹きで花に数回吹き付けます。(このとき、生長点に液がかかると薬害を起こすことがあるので注意して下さい。)また、ミニトマトは成るのにトマトが成らないというのは、基本的にトマトよりもミニトマトの方が着果しやすいという傾向があるからです。
○上から15cmぐらい、葉が全体に萎びている
 一般的に、萎れは下葉から生じることが多く、上葉から萎れるのは珍しいといえます。普通、上葉から枯れるというのは、萎れている上部分と萎れていない下部分の間で、何らかの外傷や病害によって、水分や栄養分が上まで運ばれていないと考える方が一般的です。ですので、一度、萎れている部分と萎れていない部分の間に、茎の折れや食害、病害などが生じていないか確認していただきたいと思います。もし、それらの障害が内容なら、何らかの土壌性病害の可能性がありますが、こうなった場合は、残念ながら打つ手はほとんど無いと考えた方が良いでしょう。なお、「水は土の表面が乾いた時に夕方たっぷり与えています」とのことですが、夕方の水やりは、病害発生を助長させるので、基本的に水やりは朝方に行うようにして下さい。また、プランターなので通常の畑での栽培よりも乾燥しやすくなるでしょうが、トマトは乾燥に強く、逆に過湿は弱い野菜なので、かん水はそれほど必要としません。甘いトマトを作るという意味でも、水は極力控えた方がいいと言えますので、参考にしてみて下さい。
回答
質問 2008/8/11  受付NO.00767   【トマトの生育状況について】
はじめまして。web検索でたどりつきました。マンションの8F半日陰でトマト(フルーツトマト)を育てています。夏場、直射日光は入りませんが明るさは十分入ります。購入はホームセンターにて購入したとき40cmくらいですでに第一花房の花が咲いていました。その後60cmほど成長し第3花房まではついています。第一花房は三つ実がつきましたがそれ以降全く実がつきません。写真を参考につけます。花は元気よく咲きますが小さな実をつけた後茎からポッキリ落ちてしまいます。余裕のある鉢に水はけのいいように(一日日が当たらずベランダでの栽培で根腐れなどを考慮してです。)軽石7:バーミキュライト:2腐葉土:1を混ぜた土で水は葉っぱが少ししおれた頃に少し上げています。たまに薄めた液肥もあたえています。↓は消していただいてかまいません。参考までに。商品名は「さかもとさんのフルーツトマト」でしたこれは普通の中玉以上のトマトを極力水を与えず甘くするという方法だそうです。子供の頃育てていたトマトはもっと鈴なりだったのですがそれはミニトマトだったからでしょうか?それともこれは普通のトマトの生理現象なのでしょうか?お手数ですが宜しくお願い致します。

   
 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。今後の参考にしてみて下さい。断定は出来ませんが、樹勢低下や高温障害による着果不良ではないかと考えられます。トマトは、夏場の作物ではありますが、決して高温に強いわけではありません。特に今年のように連日30℃を超えるようだと、露地での栽培でも交配不良になりやすく、花は咲くものの、結実しないということも良くあります。さらに、この高温や乾燥によって、樹の勢いが低下すると、その交配不良が進む可能性があります 回答


ページのtopに戻る


質問 2007/7/6  受付NO.00608   【葉や実について】
トマトの葉っぱや実の事で質問させて頂きます。このトマトはハウスの中で育てています。どぅしてこうなったのかわからなくて・・・。
大きくなったトマト 茶色くなったトマト(まだ小さい) トマトの葉
大阪府 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。ハウス栽培とのことですが、それ以外の詳しい状況が分からないので、判る範囲でお答えします。まず、茶色くなったままの小さいトマトは、恐らくカルシウム欠乏による尻腐れ症状だと思われます。カルシウム欠乏といっても、土壌中にカルシウム成分が含まれていたとしても、乾燥条件などの場合、根からカルシウム成分が吸収されにくくなり、カルシウム欠乏になるケースが多々あります。対策として、市販されているカルシウム成分を含む葉面散布剤を定期的に散布します。ただし、この葉面散布剤の散布は、散布したから直るという訳ではなく、散布をした時期以降に開花・結実した果実に作用するので、散布した時点で、ある程度結実している果実に対しては効果はあまりないので注意して下さい。また、大きくなったトマトの変形果も、何らかの微量要素系の欠乏による生理障害も考えられますし、直射日光の当たり具合による日焼け果の可能性もあります。日焼け果は乾燥状態で特に発生しやすいので、先の尻ぐされ症状から推測すると、日焼け果の可能性が高いかもしれません。最後に、葉に関しては、高温による焼け症状にも見えますし、カルシウム欠乏症も発生しているので、微量要素欠乏の可能性もあるかと思います。場合によっては、ハウス内で有機質肥料や堆肥などを使用したことによるアンモニアガス障害の可能性もあります。 回答


ページのtopに戻る


質問 2007/7/6  受付NO.00610   【ミニトマトの実がしおれる原因】
ミニトマトをベランダで育てています。屋根はなくコンテナ栽培です。長雨が一週間程続いた後実が一部しおれているのがありました。ミニキャロルと千果はなんともないのですが、明日香という種類だけです。雨の間は水はやってませんが、多雨のせいか水分不足かまったくわからずに実自体もそのままにしててよいのか、それとも切って捨てたほうが良いのか?迷っています。よろしくお願いします。
鹿児島県
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。実が一部しおれているというのは、実だけが萎れているということでしょうか?。それとも、株全体が萎れているということでしょうか?。もし、株全体が緑色のまま萎れているのであれば、青枯病が疑われますし、実の場合は、何らかの生理障害か茎の一部分が腐るような病気が発生している可能性があります。品種によって差があるのは、ちょっとした日当たりや雨の当たり方の違いの場合もありますし、品種自身が持つ土壌性病害や生理障害への抵抗性の違いもあるかと思います。実だけの場合、おそらく実は回復することはないので、他の実に影響かもしれないので、早く取って方がいいでしょうし、株全体の場合は、ほかの株に移る可能性があるので、こちらも早く取った方がいいでしょう。 回答


ページのtopに戻る


質問 2007/7/27  受付NO.00622   【ほおずきトマトの木が大きくならない原因】
6月に9cmポット植えのほおずきトマトを買いました。有機石灰は土が白く覆われるくらい、元肥に有機肥料を一握りやりました。 去年ししとうを植えた後の畑に少し高めに植えました。1ヵ月経っても全く木が大きくなってきません。葉の色も薄くなってきました。次々花が咲き、小さい実のうちに、落ちてしまいます。花のほおずきはうまく育っているのに、どこが悪かったのか今後はどのようにすべきか、どうぞよろしくお願いします。
静岡県 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねの件につきまして下記の通りお答えします。
ホウズキトマトは、別名ストロベリートマトといい、味は酸味があり、おいしいと評判です。この作物はナス科ホウズキ属です。ご質問の内容から@連作障害、A管理に問題、B低温・日照不足による交配不良の3点が考えられます。基本的にナス科は連作を嫌います。昨年栽培されたシシトウはナス科の作物で、ホオズキトマトもナス科です。そのため連作障害の可能性があります。連作障害の場合は、残念ですが抜いていただいたほうがいいと思います。ハウスではトマトやトウガラシを同じ場所に続けて栽培される場合がありますが、これは土壌を消毒して連作を行っています。土壌消毒をしない場合は、同じ科のものを植えるまでにあけておく期間が必要で、作物によって2〜7年がよいとされています。その期間は違う種類(科)の野菜を栽培して下さい。ナス科を栽培される場合は違う場所で行って下さい。どうしてもナス科の作物の後に定植される場合は、完熟堆肥を投入して土を入れ替えるつもりで土作りを行ってください。次に考えられることは管理方法(生育管理と圃場管理)です。水はけがいい圃場を好みますので、水はけの悪いところは根痛みによる生育不良や腐れの原因となります。根が傷むと葉の色が悪くなったり着果不良になりやすくなります。元肥については、有機石灰に限らず石灰類は散布された後は速やかに耕うんして土壌に馴染ませてください。有機石灰は散布してから定植されるまで短い期間でも構いませんが、もし消石灰や苦土石灰を散布された後は2週間〜1ヶ月間ほど間をあけましょう。また、肥料が効きすぎている場合は、着花不良や実が腐れ易くなりますので気をつけましょう。ホウズキトマトは石灰質が好きで、あまり水・窒素成分を好みませんので生育の途中で少しずつ施肥されるのがよいと思います。交配不良の場合は梅雨明け後には回復すると考えられます。以上簡単ですが質問の回答とさせていただきます。
回答


ページのtopに戻る


質問 2007/8/22  受付NO.00635   【ミニトマトが枯れてしまう原因】
はじめまして。家庭菜園経験1年生です!インターネットでミニトマトのことを調べていてこのページのことを知りました。今、原因不明の枯れで困っています。アドバイスをいただければと思いますので、よろしくお願いします!
【栽培環境】
●ベランダでのプランター栽培です。
●プランターサイズが縦15×横25×奥行き17センチサイズの鉢に1株植えています。
●半日ほど直射日光が当たります。
●5月中旬に10センチ位の苗を購入して、すぐに植えましたが、7月までわき芽もほとんど出ず、花もほとんど咲かず、アドバイスをいただいて追肥したところ、ようやく実が5つほど出来ました。
●肥料は液肥を一週間に1回、7月下旬に油粕を施しました。
●水は、土の表面が乾いてから鉢底から水がでるまでたっぷりあげるようにしています。
●虫の被害は今のところエカキムシが少し来ているくらいに思います。
●東京都在住、女性です。
症状は半月くらい前から徐々になのですが、うどんこ病らしき白いフワフワしたものが株の根元にまずでて、その後はっぱに広がって行ったので、花屋さんで相談してベニカXを使用しました。(写真「茎1」)その後フワフワはなくなったのですが、フワフワの跡が写真「茎2」のように茶色くなりました。ピントがボケてて申し訳ないのですが、「茎3」がアップにしたところです。茶色くまだらになっています。最近では株の下3分の2位が色が茶色味がかって来ました。その後葉っぱが黄色く枯れるようになってきました。(写真「葉1」)下葉のほうから順に、葉がまだらに黄色く変色し始め、放っておくと2,3日でその葉の茎全体が黄色くなり萎れてしまいます。(写真「葉2」アップが「葉3」です。)根元に少し力をかけると、簡単に折れます。最近は症状の出た葉から順に早めに切るようにしていますが、それでも症状が進み今では株の下から半分位まで葉っぱがなくなってしましました。(写真「全体」)分かりづらい説明ですみません。鉢が小さすぎたせいか、鉢底の穴から根っこが3センチ位出てきているのが確認できました。整理障害でしょうか?それとも何かの病気でしょうか?出来るのであれば、なんとか元気に育てたいと思っています。アドバイスをよろしくお願いします!
茎1 茎2 茎3 全体
葉1 葉2 葉3
東京都 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。お尋ねの件につきまして下記の通りお答えします。
株元から病気のような白いものが出たとのことですが、シラキヌ病という病気の可能性が高いです。この病気はうどんこ病の薬では効きません。水をやりすぎないで風通しの良い場所で栽培するようにしてください。病気の出た葉を摘んでおられるとのことですが、力を加えずに摘み取れるような枯れた葉を取り除くのは構いません。ただし、無理に葉かきをされると、傷口から病気が入ったりしてミニトマトの株自体が弱ってしまいます。病気の葉が気になる場合は、傷口が乾きやすい天気の良い日を選んで葉かきを行いましょう。葉かき後は、防除を行うことが望ましいです。トマトの基本的な特性は日当たりが大好きで強い光を好みます。過湿を嫌い、排水の良い条件でよく育ちます。根は繊細で深く広く伸び、根が張りやすい環境をつくることが重要です。根は深く、1mくらいまで伸びることがあります。横にはよく広がりますので栽培されている鉢が小さすぎることが考えられます。鉢が小さいため土の湿乾の差が激しく根が弱っているかもしれません。また、植付けの際、根が切れていないようにみえても根痛みを起こすことがよくあるので、やさしく植え付けを行ってください。基本は浅植えです。植付け時の苗で10cm程度の大きさで植え付けられたとのことですが苗が少し小さいと思います。苗半作といわれるように、種や苗の状態はその後の生長や収量に大変影響があり、とても重要です。植付けの際、根が切れていないようにみえても根痛みを起こすことがよくあるので、基本は浅植えでやさしく植え付けをして下さい。トマトやナスといったナス科は、1番初めに咲いた花に実がつかなかったりすると2番目や3番目の花も実がつきにくくなってしまうことがあります。ミニトマトはナス科でも実付きが良い方ですが、花を咲かそうとするより茎や葉を伸ばそうとする力が強くなり、実がつきにくくなってしまったと考えられます。次回、栽培されるときは大きめな鉢で栽培してやり、根の張りやすい環境にしてください。購入苗の状態は1番目の花が膨らんだ苗を選んで栽培されると実がつきやすいです。(購入苗が小さすぎる場合は大きなポットに移し替えて再育苗されることをお勧めします。)以上簡単ですが、ご質問の回答とさせていただきます。
回答


ページのtopに戻る


質問 2007/8/30  受付NO.00640   【葉が丸まる原因】
大玉トマトの苗を5月24日に植えました。草丈が50センチくらい伸びた辺りで上の葉っぱがクルクル丸まって伸びるようになりました。今、丈は70センチくらいで、花は3段目まで咲き1段目の実は大きいものは直径2センチくらいで4つほどついています。葉っぱの成長は激しく、畑がせまいので、あまり長くなった葉先は切り落としたりしています。一緒に植えたミニトマトの葉は普通に伸びるのですが、大玉は何故か先の葉がクルクルとねじれてしまいます。何かで肥料をあげすぎると葉が縮むと言うようなことを読んだ気がするので、追肥をひかえてます。(畑を作った時、かなり肥料を混ぜたような気がするので)下はマルチにしているので、水やりもあまりしていません。水が足りないのでしょうか。この先肥料や水はどうしたらよいか教えてください。丸まるのは何か病気があるのでしょうか。長く伸びた葉は途中で切り落としても問題ないでしょうか。よろしくお願いします。
北海道 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。一般的に、トマトの上位葉が丸まるというのは、肥料(特に窒素成分)が多いときに起きる典型的な症状で、比較的多く見受けられる症状です。トマトとミニトマトで差があるのは、トマトよりもミニトマトの方が肥料が多くても、葉が巻きにくいという差によるものですが、ミニトマトでも肥料が多すぎると、トマトと同様に葉が巻くことがあります。葉を巻くこと自体は、それほど問題にはなりませんが、窒素過多によって他の生理障害(カルシウム欠乏による尻ぐされ症状など)が発生したり、病害虫の被害を受けやすくなる可能性があります。ですので、今後作られるときは元肥を少なくするか、元肥そのものを入れずに作り始めるということも必要かと思います。かん水については、トマトは乾燥に強い野菜で、水分もそれほどいる野菜ではありませんので、基本的にかん水はそれほど神経質になる必要はありません。また、先のような窒素過多による葉巻き症状が出ている状態でかん水を行うと、さらに土壌中に含まれる肥料分が溶け出して葉巻症状が悪化することがあるので、注意が必要です。また、長く伸びた茎は途中で切り落としても構いません。現場でも、日照確保のために葉の先を切り落とすことは良くあります。ただし、あまり上位葉の葉を切ると、樹勢低下などに繋がることもありますので、注意は必要です。 回答


ページのtopに戻る


質問 2008/5/30  受付NO.00716   【ミニトマトの葉が白くなる原因について】
こんにちは。ベランダでミニトマトを育てているのですが、最近、葉の表が白っぽくなったり、葉の裏が赤紫色になっているのを見つけました。(写真を添付させていただきます)種から育てたので、丈は13cmほどでまだ小さな苗ですが、これは何が原因でしょうか。他の質問の回答を見せていただきましたが、要素欠乏などと関係あるのでしょうか。このままにして育てていても、大丈夫なのでしょうか。今は、うどん粉病になってしまったきゅうりが近くにあるのですが、その影響もあるのか、心配です。初めてのベランダ菜園なので、いろいろと質問ばかりですみません。よろしくお願いします。
 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。写真だけでは判断しかねますが、葉の表が白っぽくなるのは、隣のきゅうりのうどんこ病がミニトマトにも移ってきている可能性があると思われます。うどんこ病であれば、明らかに葉の表面に白いカビがはえているのが確認できます。もし、白いのがカビではなく、葉そのものが白くなっているのであれば、生理障害か微量要素欠乏によるものと考えられます。これは、葉裏が赤紫色になっているのも同様かと思います。今の時期に発生する生理障害は、低温によるものと、過湿などによる根痛みによるものが多いです。生理障害が起きている状況では、どうしても他の病害を併発しやすい状態にありますが、病気の発生に注意しながら液肥などの葉面散布等で補ってやれば、それほど問題にはならないかと思います。 回答



ページのtopに戻る


質問 2008/6/23  受付NO.00739   【ミニトマトの収穫時期と保存方法について】
先日、トマトの件で相談させてもらった者です。 また質問なんですが・・・ こちらは今、3週間ほど雨続きなのです。ミニトマトが少しオレンジ色になったのに、次々とヘタのとこからとれて、下に落ちてました(;_;)オレンジ色の時に 収穫したらダメなのでしょうか?早い収穫は、味がおちるとかありませんか(?_?)あと、もし早くてもOKだったら、どのようにして保管してたら、赤く食べれるようになりますか?なんか 基本的な質問なんですが、よろしくお願いします。                                
長崎県 女性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。長雨で根が傷んで、生理的に落果させているのだと思います。少し青いかな、と思う頃に穫っても、だんだん色が出てきますが、味がのってくるかは不明です。とくに今回は、樹が力を弱めて落としているので。樹の負担を軽減するうえでも、試しに穫ってみられてもいいのではないでしょうか(下段で、色がある程度ついたものだけ)。雨が落ち着き、樹に元気がでてくあれば、上の段は回復していくと思います。
回答
質問 2008/8/26  受付NO.00778   【トマトの正常な収穫方法ついて】
1段〜3段目まではガク割れや尻腐れもなく、真っ赤なトマトを収穫できたのですが、4段目以降はヒビ割れ、ガク割れ、また、色も赤と黄色のまだら模様のトマトになりました。肥料は、週1回PK液肥(500cc~1000cc) 何が原因でしょうか、5〜6段まで正常なトマトを収穫するにはどうすれば良いのですか
奈良県 男性
質問をお寄せいただき、ありがとうございます。様子が分かりませんので断定はできませんが、ハウスなどの場合は高温乾燥による影響、露地の場合は土壌水分の変化(乾燥状態から大雨が降って、急に過湿状態になったなど)が考えられます。基本的にトマトは、土壌水分の急激な変化を嫌いますので、ハウスなどの雨よけをするのは必須です。高温にはあまり強くなく、7月以降の夏場では、ハウス内は高温すぎて着果不良になったり、変形果が発生したりします。高温時の着果不良を抑えるために、トマトトーンなどのホルモン処理を行う場合もありますが、この場合も、温度や濃度の関係で、着果はするものの変形果や奇形果を発生させるときがあるので、注意が必要です。 回答



ページのtopに戻る



野菜(タ行)に戻る