野菜(ヤ行)に戻る


※見たい質問のタイトルをクリックして下さい!!


性質、収穫時期


質問 2002/10/3  受付NO.00050   【性質、収穫時期】
今年ヤーコンに挑戦しようとうえてみたのですが台風21号による風と塩害で葉は茶色く枯れ落ち茎しか残っていない状態です。海が近いので塩の量はかなりの事だと思います。収穫は11月頃だそうですがこれからまた葉が生えて育ってくれるでしょうか...それとも諦めたほうがいいのでしょうか?
千葉県 主婦
質問ありがとうございます。ヤーコンは、近年健康野菜として脚光をあびてきておりますが、栽培面積はまだまだ少なく、本組合ではお尋ねの内容にはっきりお答えできるような経験を持ちあわせておりません。ですから、わかる範囲でお答えします。ヤーコンの一般的な性質として、
@繁殖力が強い作物である。
A茎の基部の塊茎が種芋となり、それから塊根(いも)をつくる。
B干ばつに弱い。
C湿気に弱い。
D背丈が高いので、風害に弱い。などです。
この時期(9月〜10月)は、ちょうど「いも」の肥大時期にあたり、台風対策で80cm程度に上葉を切ることもあるようです。(このことで塊根の収量が落ちることはないとのことです。)通常、8月下旬に肥大促進のためにPK化成(成分:リン、カリ、マグネシウム。お近くの農協やホームセンターなどでお尋ね下さい。代替肥料もあると思います。)をするので、もし追肥をしていないのでしたら、回復促進も兼ねて散布してはどうでしょうか。降霜(11月下旬〜12月上旬)で地上部が枯れあがるまで「いも」は肥大し、多量に含まれるフラクオリゴ糖含量も多くなります。一般的には地上部が枯れた頃に収穫するので、茎の枯れ方があまりにひどく、地上部の回復がまったく見込まれないようでしたら収穫して、親株を越冬させて、冬場保温、かん水管理して、翌年産の苗としてみてはどうでしょうか。
回答


ページのtopに戻る




野菜(ヤ行)に戻る