家庭菜園

冬の間に地力を高めるたい肥づくりを

 土地の生産力を地力と呼びます。この地力が大きいと、野菜は良質なものが得やすくなるのですが、地力は野菜づくりを重ねるにしたがって消耗してしまうので、これを常に増強してやることが大切です。
 この地力づくりの大きな力となるのが、たい肥です。土壌を団粒構造にすることにより、水もちや排水が良くなり、ゆっくり効果を表します。また、微量成分を含んだ肥料分ももっており、野菜の生育をよくします。そのほか、たい肥をえさとしている微生物の中には、植物ホルモンを分泌し、根の生育を助けるものや、病原菌を抑えるものがいるので、病害虫への抵抗力をつけるのにも効果的です。
 たい肥の材料として、稲わら、落ち葉、枯れ草、家畜糞尿などの有機質資材が必要となります。これらには、微生物のえさとなる糖類やたんぱく質が含まれており、これを微生物が分解して、たい肥となるのです。
 したがって、たい肥づくりの基本は、これらの微生物が働きやすい条件を上手につくり出すことにあります。大切なのは、水と空気のバランス、微生物の体を構成するたんぱく質のもととなる窒素です。
 たい肥のつくり方は、材料に水と窒素源(油粕、硫安、鶏糞など)を与え、適当な酸素量となるように、踏み固めることに始まります。材料を30cmほどの高さに積み、窒素源と水を与えて踏みつけ、さらに2層、3層と積み上げ、ビニールシートをかけ、降雨を避けて発酵させます。
 発酵が進んできたらころから、2〜3回切り返して積み直し、材料が十分に分解され、黒ずんで砕けやすくったら完成です。
 冬の間を利用して、よいたい肥をたくさんつくり上げ、来年の野菜づくりに備えましょう。


12月の園芸

今月や来月には、草花を直接扱う作業はほとんどありませんが、冬中にやっておく花壇や庭の整理、耕耘をしておくのもよいでしょう。落ち葉は土中に埋めて腐らせ、たい肥にします。
植え忘れたり、植え残した球根も、あきらめないで植えてみましょう。
球根の3倍程度の深さに植えるという標準より、少し浅植えにして、ビニールやポリなどのマルチで土を保温し、根の伸長を助けてやります。本格的な寒さが来る前に少しでも根を伸ばす工夫をしてやるのです。球根だけでなく、秋まきの草花は、寒さに当たらなければ、春になっても草丈が伸びなかったり、花が咲きませんが、根がしっかり伸びていないと、冬越しできなかったり、良い花が咲かないことがあります。少し植え付けが遅れても、根を伸ばす工夫と寒さにも十分に当たる配慮をしてやれば、春、通常の開花時期に咲きます。
マルチをしたり、屋根覆いをして防寒している秋まき草花の苗は、植物自体からの水分蒸散は少ない冬場とはいえ、雨が当たらず、土は乾燥しますので、地表が乾いたら、十分な水やりをしましょう。午前中にやります。


お問い合わせ
営農指導部 農業企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2003