家庭菜園

夏の強光・虫よけに効く、べたがけ資材

 これから種まきする軟弱野菜(ホウレンソウ、コマツナ、チンゲンサイなど)は夏の強光下では育てにくく、また、アブラムシ、コナガなど厄介な害虫にやられやすく、失敗しがちです。これらの害から野菜を守るのに、べたがけ資材を被覆する方法があります。
 この資材は、正しくは長繊維不織布、割繊維不織布と呼ばれ、プラスチックを毛髪より細い繊維にして、熱で融着、または絡ませた、ごく薄くて軽い(1u当たり15〜20g)資材で、ふわふわっとしていて、物が透けて見えるぐらいのものです。そのため、作物の葉上に直接覆うこともできるところから、”べたがけ”という呼び名が付けられたものです。被覆材としてはかなり安価であるので、近年、これを畑の全面に覆う栽培も急速な広がりを見せてきました。網目は不規則ですが、小さいため、虫は通さないので、裾をきちんとしておきさえすれば完全に侵入を防ぐことができますし、光線透過率は75〜90%なので、強光を和らげ、かけ通しにしておいても軟弱化するほどでない、というところが特色です。図のように、じかがけ、トンネルがけ、うきがけなどの被覆の方法がありますので、対象野菜の性状や畝のつくり方などを考えて、合理的な方法をとり入れるとよいでしょう。風で飛ばされないよう、端のほうは土で押さえたり、針金を曲げて留めたりします。専用の留め具も市販されています。幅は1mから3m内外まで各種ありますが、長さが100m巻きと長いので、家庭用としては切り売りしてもらうか、何人か共同で買うようにしたほうがよいでしょう。
 
・防虫のときは、裾をきちんと閉めておく。
・じかがけでは、生育につれて押さえを緩める。


七月の園芸

 梅雨時の花の少ない時期を楽しませてくれたハナショウブは、花が終わったら今年咲いた茎の脇から出た新芽を株分けして、植え付けます。植え付け場所には有機質や化成肥料を施しておきます。こうして秋までに株を充実させておくと、来年、良い花を咲かせます。種から育てるなら、秋になってからまき、冬の寒さに当てて、春の発芽を待ちます。
 咲く花が少なく、華やかさが失われる冬の花壇に、潤いを提供してくれるハボタンは、夏から栽培がスタートします。種は、いつまいても発芽し、育ちますが、程よい大きさで冬を迎えるには、七月上旬が標準的なまき時でしょう。小ぢんまりと育てるならば、もっと遅くまきます。しかし、九月に入ってからまくと、育ちが悪く、冬になってもうまく着色しません。種まきは暑いときですので、薄まきで、覆土も薄くします。本葉2〜3枚の時、さらに7〜8枚の時に、植え広げます。間隔は、次に植え広げるまで葉が触れ合わないくらいに余裕を持たせましょう。
 アサガオ、コスモス、マリーゴールドなどの春まき草花を、今からまくと、背丈の低いうちに花が咲きます。直まきで育てます。
 梅雨明けは、水やりに気を配りましよう。

 

種は薄まきで、覆土も薄くします。
ハナショウブは、花が終わったら今年咲いた茎の脇から出た新芽を株分けして、植え付けます。 本葉2〜3枚の時、さらに7〜8枚の時に、植え広げます。間隔は、次に植え広げるまで、葉が触れ合わないくらいに余裕を持たせましょう。



    


お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2004