家庭菜園

春まきのネギ苗づくり

 冬どりをねらう根深ネギや葉ネギは、苗を育ててから畑へ定植して栽培しますが、その苗づくりのための播種適期は、3月中〜下旬(関東以西の温暖地の場合)です。
 冬の間に石灰を施してよく耕起しておいた畑に、くわ幅の深さ10pほどの溝を60p間隔で作ります。元肥として完熟たい肥と化成肥料、油かすなどを与えて埋め戻し、底面に凹凸がないようくわで丁寧にならし、まき溝をつくります。
 まき溝全面にわたるよう、1〜1.5p間隔でまんべんなく丁寧に種をまき、2〜3oの厚さに覆土してくわの背面で軽くならし、土と種をなじませます。その上を粗めの完熟たい肥、または2〜3pほどに細かく切った稲わらで薄く覆い、乾燥などによる土の固結を防ぐよう心掛けます。
 発芽したら密生したところを間引きます。被覆したたい肥や切りわらなどは取り除かないでそのままにしておきます。葉が細いネギは雑草が生えやすいため、除草は入念にしましょう。
 草丈が6〜7pのころ、1.5〜2p間隔で1本になるよう間引きします。その後草丈10pぐらいになったら間隔が2.5〜3pになるようさらに間引きし、そろって生育させるようにします。
 間引きした後に、条間に化成肥料をまき、くわで軽く土に耕し込んで中耕します。その後さかんに生育するようになったら、1ヵ月に1回ぐらいの割含で少量ずつ追肥し、同時に中耕して良い苗に育て上げます。7月に入って鉛筆の太さより少し太めに育ったら、定植します。



2月の園芸

 今月も、水やりに気を配りましょう。水が不足すると草花を弱らせてしまいます。葉の出ている草花は定期的にやり、土中にまだ身を潜めている球根は、土の表面が乾いたらやりましょう。日中、暖かいうちにやります。
 来月下旬には、春まき草花の種まきなどが始まりますから、今月中に地ごしらえをしておきましょう。消石灰をまいて酸性を矯正しておきます。1uに100g程度でよいでしょう。1週間ほど後に、1u当たりバケツ1杯のたい肥や腐葉土、200gくらいの緩効性化成肥料をまいて耕します。油かすや骨粉も、少しでいいですから、施しましょう。
 ニホンサクラソウは、他の宿根草より低温で根を伸ばし始めますので、鉢植えのものは、2月中旬には株分けして植え替えてやりましょう。大きな芽と中くらいの芽は花芽が入っているため花が咲きますが、細くて小さな芽は葉が出るだけで花は咲きませんから、区別して育てましょう。
 花壇の宿根草には、油かすや骨粉を少し混ぜたたい肥を株の周りに施します。浅い溝を掘って施し、土をかけておくとよいでしょう。
 ヒヤシンスなど球根草花の水栽培では、立春を過ぎたら部屋に取り込んで、日当たりの良い暖かな場所に置いて、開花を待ちましょう。花壇に植えた球根草花も、もう十分に寒さを受けているでしょうから、日光の透過がよいビニールシートのトンネルで覆ってやれば、早く咲きます。




    


お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2005