家庭菜園

フキの植え付けと管理


 フキは極めて数少ない日本原産の野菜の1つです。山野に自生しているものも数多く見られますが、庭先や樹陰、畑の隅などに植えておけば、数年問とり続けられるので、たいへん重宝します。普通は葉柄を食しますが、春に芽を出すフキノトウの新鮮な味も格別です。
 フキの植えつけがもっとも適当なのは、暑さが遠のき始めた8月下旬から9月にかけてです。すでに栽培されているところや、自生地から根株を掘り上げてきて、しっかりした地下茎を3〜4節(10〜15pぐらい)付けて切り離し、種根とします。
 植えつけるところには、早めに石灰、たい肥、少量の鶏糞、油カスなどを全面にばらまき、よく耕し込んでおきます。
 植えつけは、50〜60p間隔に浅めの溝を掘り、30p間隔に横向きに根を置き、その上に4〜5p程覆土します。さらにその上に、防乾・防暑のための稲ワラまたは腐葉土を覆っておきます。
 フキは乾燥に弱いので、翌年の夏には、株のまわりに広範囲にワラを敷き、乾きが激しければ灌水します。
 また、春から秋の間に3〜4回、少量の化成肥料を株のまわりにばらまき、追肥を行います。細根が浅いところに張っているので、肥料は油カスなど、根やけを起こさないものを、多すぎない程度に与えるよう配慮しましよう。
 また、夏の強い日差しを嫌うので、木の陰など、半日陰に植えつけるのが良いのですが、そうでない場合は、遮光資材を用いたり、丈の高い作物、例えばトウモロコシなどを2〜3列おきに植えたりして、工夫してみましよう。
 質の良いフキをとり続けるには、5年ぐらいで粗く植え替え、元気を取り戻させるようにします。




9月の園芸


 来春に咲く秋まき草花は、彼岸のころにまきます。秋は、気温の下がり具合いが急激なので、まき遅れないように気をつけましょう。箱まきにして、乾燥と直射日光を避けるように、発芽までは新聞紙をかけておきます。また、秋は台風も来るので、強い風雨からも守ってあげましょう。1週間ほどで発芽するので、発芽したら新聞紙は取り除きます。
 シャクヤクは、数年植えっぱなしにしておくと、花が咲かなくなります。そのような株は、9月初めに掘り上げて3〜4株くらいに株分けして植え直します。その際、たい肥を十分に施し、株間は30pぐらいに十分にとります。3年ぐらいで定期的に株分け、植え直しをしたいものです。シャクヤクは夏の終わりごろに新しい芽を伸ばすので、9月初旬に株分けするとよいでしょう。
 また、短日植物であるアサガオは、夏至を過ぎてから花芽を付けますが、この短日性を利用して、草丈が大きくならないうちに花を咲かせることができます。初夏にまく時のように種子にキズをつけて、日当たりのよいところに直まきしましょう。40日ぐらいで開花します。なお体が十分にできないうちに花が咲くので、花は小さくなります。




    


お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2005