家庭菜園

トンネル栽培で冬どり葉菜類を


 秋野菜の育ち盛り、収穫のシーズン入りですが、次の時期に備えて、今から種まきできる野菜の作り方を紹介しましょう。ただし、すぐに厳しい寒さに入るので、露地まきではとても冬どりには間に合いません。トンネル栽培にすることが必要です。
 トンネル栽培で、今から種まきできる野菜は、小松菜、シュンギク、ホウレンソウ、コカブなどです。関東南部以西の平坦地(の気温)で、これらの野菜の種まきの限界は10月下旬です。さらに寒い地域では、この作型は無理で、翌春まで種まきはお休みとなります。
 栽培方法としては、全面に早めに完熟たい肥をまいて15〜20pの深さに耕しておいた畑に、図のようにベッドを作って油かすと化成肥料を施し、よく耕します。
 くわ幅(15p内外)のまき溝を3条作り、溝幅全面に渡るように種をまき、5〜7oぐらいの厚さに覆土します。畑が乾いていたら、種をまく前に溝内にたっぷりかん水しておきましよう。
 種まきを終えたらすぐにトンネルで覆います。そして裾に土をかけ、密閉状態にして発芽を促します。発芽して盛んに育ち始めたころ、項部に穴をあけて換気を図ります。密閉状態を長く続けると育ちが軟弱になり、冬の寒害を受けやすくなりますが、適度に換気すれば、育ちはゆっくりですが健全に育ってくれます。
 乾きやすい畑では10日に1回くらい、トンネルを外して十分かん水します。生育半ばのころに1、2回溝と溝の間に追肥して軽く土を混ぜ込んでください。
発芽し、さかんに育ち始めたころ頂部に径4〜5cmほどの穴をあける。



10月の園芸


 秋まき球根の植えつけは、今月から11月上旬ごろにやりましょう。温帯原産の球根草花は、秋の涼しさで発根し、冬の寒さに十分に当たって花芽を作り、春、暖かくなると花を咲かせる仕組みになっています。
 たいていの球根は土が凍るような露地で越冬しますが、フリージアやその仲間のホザキアヤメ(バビアナ)、ヒオウギスイセン(ワトソニア)など南アフリカ原産のものは、凍る場所は不適当です。霜が降りる地域では、鉢やプランターに植えて、霜がくるまで日当たりの良いところで育て、その後室内で育てると、春に花が咲きます。夜間でも15℃を保てるように管理すれば、年内に花が見られます。
 9月に種まきした草花は、今月上旬に一度植え広げて、気温がまだ高いうちにどんどん育てて、下旬に花壇に定植して寒くなるまでに根を張らせてやります。定植する花壇は、早めに地ごしらえをして準備しておきましよう。
 スィートピーは10月初めに直まきして育てます。種は一日水に浸して、膨らんだものはそのまま、膨らまないものはナイフで種皮に傷をつけてまきます。
 秋まき草花の種子の発芽適温は、春まき草花より少し低く15〜20℃ですから、気温が高い年や南西地方では、まだまけるところがあるでしょう。
 ヒヤシンス、チューリッブ、クロッカスなどの球根の水栽培は、気温(水温)が15℃を下回るようになったら始めます。水温が高いと、病原菌など微生物が発生して球根を腐らせてしまいます。発根や根の伸長に光は不要ですから、寒くなるまで容器は冷暗所におきます。

膨らまないものはナイフで傷つける




お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2005