家庭菜園

タマネギ苗の植え付けと肥料の与え方


 9月に種まきしたタマネギの苗は、草丈20〜25p、径4〜5oになったころが植えどきです。まだ種まきしていない場合は、園芸店で早めに苗を求めて植え付けます。最近は各種病害への抵抗性を持つ品種も多く出ているので、土地に適したものを選ぶとよいでしょう。
 畑はできるだけ早く石灰をまいて耕しておきます。このとき、前作の残渣や草などは取り除き、未熟物を畑にすき込まないように注意してください。
 タマネギは冬に入るまでに十分に根を張らせ、春になったらすぐに勢いよく育つようにすることが大切です。そのためには、元肥にリン酸成分を多めに与えます。列植えなら植え溝の部分に、ベッド植えなら全面に耕し込むように、化成肥料と過リン酸石灰または熔成燐肥を与えておきます。たい肥など粗い有機物を根の近くに与えるとかえって生育を損ねるという、他の野菜とは異なった性質があるため、元肥にたい肥などは与えないようにします。重粘な土でない場合は、株元を足で踏みつけ、土を固く締める必要もあります。
 厳寒期に入る前の年内に、第1回の追肥をします。根が伸び出している先の方に、列植えでは軽く溝を作り、ベッド植えでは株間にばらまいて化成肥料を与えます。このとき、完熟たい肥を株の周りの地表に与えておくと、霜柱で根が浮き上がるのを防ぐのに有効です。
 春先になって茎葉が盛んに伸び始めてきたころ、2回目の追肥を、前述の要領に準じて行います。この追肥が遅れたり、チッソ成分が効き過ぎたりすると、病害にかかりやすくなり、貯蔵性を損ねることにつながります。



11月の園芸


 秋冷深まり、花壇での作業もだんだん少なくなってきますが、宿根草の株分け、差し芽、植え付けなどが終わっていない場合は、急いで終えましよう。
 秋まきの草花苗も、月初めくらいには定植し終えるようにしましょう。霜が来る前に根を張らせ、霜が降りるほどに寒くなったら、霜よけを作ってやります。
 秋植え球根は11月上旬、暖かい地域ではもう少し後までが植え付けの時期です。
 ユリの植え付けは、ちょっとした注意が必要です。一般的に球根の植え付けの深さは、球根の高さの2〜3倍ですが、ユリは3倍以上の深さに植えます。ユリは、球根の下部から根が出るのはほかの球根と変わりませんが、球根から上の、葉の部分までの間の茎からも「上根」が出るからです。
 この上根からも栄養分や水を吸い上げるため、上根がしっかり働けるようにしてやることが、良い花を咲かせることにつながります。ですから、植え付け準備では、深めによく耕しておきます。元肥のたい肥や化成肥料は、球根の下層と、球根より上層に当たる部分にも施してやりましよう。
 ユリの球根は乾燥に弱いことも忘れないでください。球根を買い求めたらすぐに植え付けましょう。すぐに植えられないときは、花壇の隅にでも仮植えしておくか、乾燥させないようビニール袋に入れておくとよいでしよう。 





お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA