家庭菜園

冬の間のイチゴの管理


 10月、畑に植え付けた露地栽培のイチゴは、本格的な寒さにあって地上部の育ちはすっかり止まってしまい、身を縮めて休眠状態に入っています。この間は、土が極端に乾き過ぎたなら畝間にたっぷり水を与えます。土が軽くて霜柱が立って株が浮き上がりそうなところでは、株間の地面に粗めのたい肥を薄く敷くなどしますが、特にそのような状態にならないようでしたら、そのままにしておいてかまいません。
 厳寒期を過ぎ、イチゴの新葉が元気づき始めるころ(関東南部以西の平坦地なら2月上旬ごろの気温)、株元近くの枯れかかった葉を付け根からとり外して整理し、株間に化成肥料と油かすを1株当たり小さじ1杯くらいずつばらまき、竹べらなどで軽く土に混ぜ込みます。イチゴは肥料あたりしやすいので株のすぐ近くにまいたり、また根を傷めたりしないよう注意して作業しましょう。
 畝全面に黒色のポリエチレンフィルムを敷く(マルチするという)方法は、地温を高くし、草を抑え、雨による肥料の流亡や土の固結を防ぎます。また、果実に土がはね上がるのを防ぐなど、一石四、五鳥の効果がありますから、イチゴ栽培には是非とも取り入れたい手法です。これは下葉取り、追肥などをした後の、この時期に行います。
 マルチの仕方は図の通りフィルムで畝全面を覆い、周囲に土をかけてフィルムをきっちり固定してから、イチゴが当たっているところにカミソリで切れ目を入れて、葉を上にのぞかせてやります。このとき、株元付近の草は入念に取り除いておきましよう。
フィルムをイチゴの畝の上にすっぽりかぶせ、四辺の裾を土でおさえる。 イチゴのあるところをカミソリで十文字に切り開き、イチゴを上にのぞき出させる。




1月の園芸


 年間でいちばん作業の少ない時期ですが、水やりを忘れないようにしましょう。秋まきの一年草や秋植えの球根では、地上部は静かに春の気温上昇を待って、じっとしているように見えますが、地下部つまり根の方は、葉や球根の命を支えるために一生懸命に水分を探しています。地表面が乾いて白っぽくなったら、暖かい昼前後に水をたっぷりやっておきましょう。あまり神経質になる必要はありませんが、地上部がしおれるほど極端に水分不足にしてしまうと、株や球根が消耗し、花をつけなかったり、良い花が咲かなくなったりします。
 花壇作業の少ない今月や来月のうちに、球根や苗を植えていない場所を深く掘り返しておきましょう。「天地返し」といいますが、スコップで30p以上の深さに掘り起こし、深い所の土を表面に出して表層の土と入れ替えます。天地返しをする場所の端をスコッブ幅で一列30〜40pの深さに掘り、この深い所へ、隣りの列の表層15〜20pの土を移し、この土の上へ下層にあった15〜20pの土を乗せます。これを順次繰り返します。
 こうして、草花の植え付け1ヵ月くらい前まで風乾しておくと、通気性も水もちも良い「団粒化」した土になります。病害虫の減少も期待できます。植え付け1ヵ月から3週間前になったら、たい肥と消石灰を混ぜて耕し、調整します。
 正月の居間を飾ろうと求めた鉢植えのフクジュソウは、花が終わったら、大地に戻してやりましょう。なお、鉢植えでいつまでも花が開かないようなら、霧吹きでつぼみに水分を与えてみましょう。




お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2005