家庭菜園

自分でできる果菜類の苗づくり


 ナス、ピーマン、トマトなどは、開花するぐらいの大きさの苗を育て上げるには70〜80日もの長い日数がかかり、寒いなかの種まきとなるため管理も難しく、苗は買い求めるのが得策です。一方、育苗日数の短いキュウリ、カボチャ、トウガン、シロウリなどは割合容易に育てられるので、自家育苗にトライして好みの品種を育ててみてはいかがでしょう。
 種まきは桜の花が散ったころ。径9pのポリ鉢を用いて市販の育苗用土(またはそれに類した園芸培養土)に種子を3〜4粒まき、1pの厚さに覆土します。発芽には25℃以上の温度が必要なため、日当たりの良い場所に図のようなビニールトンネル苗床を設け、その中に鉢を並べて発芽させます。発芽するまでは密閉して温度を高めますが、32〜33℃以上は危険ですから、そのようなときはフィルムのすそを上げて換気します。
 夜間は昼の蓄熱でかなり保温できますが、14〜15℃以上は欲しいので、気温が低すぎるときはムシロ、不用品の毛布などで保温します。
 寒い地域では、径12p内外の筒状の透明フィルムの袋をつくり、水を蓄えて日中の温水で夜の保温力を高めるなど、太陽熱を有効に利用するとよいでしょう。
 少ない本数の苗で足りるようなら、あらかじめ鉢を育苗箱などに並べておき、冷え込む夜には屋内に持ち込むのがよいでしょう。
 苗が育つにつれて間引きし、本葉2〜3枚になったら1本立ちにし、本葉4〜5枚のころに畑に植え出します。後半、葉色が淡くなったらかん水代わりに液肥を与え、元気をつけて植え出すようにしましょう。





3月の園芸


 中旬からは本格的な作業時期になります。地ごしらえが遅れている花壇は、月初めには終えましょう。地ごしらえは、消石灰をまいて土の酸度を中和・矯正し、有機質肥料や少量の化成肥料を入れて、耕しておきます。
 秋まきで育ててきた草花は、中旬から植えつけを始めます。パンジーやデージー(ヒナギク)は中旬からでよいのですが、スイート・アリッサムやネモフィラ(ルリカラクサ)は直接霜が当たると傷み方が大きいので、植えつけ後、霜の降りそうな夜には簡単な霜よけをしてやりましょう。植えつけを少し遅らせるのも手です。
 土に埋めたりして貯蔵してあるカンナやダリアなどは分球して準備し、植えつけは今月下旬から4月上旬がよいでしよう。
 植えつけたものへの水やりは、根づくまでは十分にします。根づいた後は、土の表面が乾いたら与えるようにします。
 春まき草花の種まきは、霜の心配がなくなったころからですが、よく「ソメイヨシノ(桜)が咲くころ」といわれます。これを目安にしておけば、気象庁の桜前線(開花予想)の発表があるので、分かりやすいでしょう。徐々に気温が上がっていく時期ですから、春まきは少々遅れても発芽・生育には影響はありません。
 アサガオやマツバボタンなど発芽に高温を要するものは、4月下旬か5月に入ってからまいても大丈夫です。昼の長さが15時間以下にならないと花が咲かないアサガオは、早くまいても草丈が伸びるだけですから、屋根まで届くような高い仕立てにするなら早くまき、低く作って咲かせるなら遅くまきます。




お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2006