家庭菜園

人気の中国野菜チンゲンサイ

 近年導入された中国野菜のうちで、最もなじまれて人気があるのはチンゲンサイです。煮ても色あせせず、煮くずれしなくて、ほかの野菜とも味が合います。案外育てやすいので、家庭菜園にもとり入れやすい野菜です。
 生育適温は15〜22℃と冷涼な気候を好み、秋が一番育てやすいのですが、ハクサイなどに比べると格段に暑さにも耐えるし、小型野菜だけに、生育期間が短いため、今から種まきしても50日内外で収穫できます。
 原産地の中国にはタイプの異なる極めて多くの品種がありますが、それらをもとにわが国で栽培しやすいように改良された青帝チンゲンサイ、長陽、青軸パクチョイなどが、暑さにも比較的強く、これからの栽培向きです。
 畑に直まきする方法は、くわ幅のまき溝を60p間隔に作り、2〜3p間隔になるよう種まきし、2回ほど間引きして最終株間が15p内外になるようにして育てます。少ない株数でよければ、3号ポリ鉢(直径9p)に4〜5粒まき、育つにつれて間引きして1本残しとし、本葉4〜5枚のとき、株間15p内外で畑に植えつけます。肥料は元肥として完熟堆肥、油粕、化成肥料を前もって畑全面にばらまき、育つにつれて1〜2回油粕と化成肥料を株の周りに施し、軽く土に混ぜ込んでおきます。アブラナ科の野菜に共通のことですが、コナガの幼虫やヨトウムシなどにやられやすく、鳥も好んで食べます。害虫対策には、殺虫剤を早めに散布することが肝要ですが、鳥害を併せての対策として一番良いのは、軽くて薄い不織布などのべたがけ資材を用いることです。防暑効果もかなりある、重宝な資材です。


6月の園芸

 ハナショウブやジャーマンアイリスは、花が終わったら株分けしましょう。梅雨が上がらないうちに作業をします。今回咲いた花茎の基部には新しい芽ができていますので、根を付けたまま1芽ずつに切り分けて植え付けます。葉は半分くらいに切り詰めておきます。植え付けは浅めにします。特にジャーマンアイリスは、根が地表面に出るくらいがよいでしょう。
 新しい根株の植え付けもこの時期にします。
 ケイトウ、サルビア、マリーゴールドなど真夏の花壇に欠かせない草花は、今ごろからまくと、草丈が短くて花が咲きます。ケイトウは直根ですから、直まきがいいでしょう。サルビアやマリーゴールドは、本葉の出た苗を移植する方法でも、直まきして間引くやり方でもいいでしょう。株間は20pくらいにします。
 コスモスも、これからまけば背の低い姿で花が見られます。他の草花に比べて、やせた土地でも育って花を咲かせますから、花壇の奥の方にまいて、背景代わりに利用したらどうでしょうか。
 春の花壇を飾ってくれた草花の球根は、掘り上げて保管します。葉が黄色になってきたら、傷つけないように掘り上げ、日陰でよく乾かします。土や根は取り除いて保管します。




お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2006