家庭菜園

ニンジンの種まき、上手に発芽を

 夏まきニンジンは、秋の適温条件(18〜20℃)で育つため作りやすく、秋から冬にかけて長い期間収穫できますから、家庭菜園にぜひ取り入れたいものです。ただ、種まきは7月上旬ごろ(暖地は7月中〜下旬)が適期となるので、発芽と生育初期だけは難しい時期に当たります。従ってこの作型では、発芽をそろえて、初期の生育を順調に運ぶのが成功のポイントです。
 前作は早めに片づけ、少なくとも20日ぐらい前までに、完熟した細かいたい肥と油かすなど有機質肥料を畑全面にばらまきます。20pぐらいの深さによく耕して分解させ、種まきに備えます。元肥はこれぐらいにして、施肥は育ち始めてからの追肥を主体にしましょう。
 まき溝はクワ幅くらいに、底面が平らになるよう丁寧に作り、乾いていたらジョウロで溝全面にたっぷりかん水してから種をまきます。図のように溝からはみ出さないよう、水がしみて底面が平らに落ち着くようにします。はみ出すと周辺の土が濡れて、覆土するとき困ることになります。
 覆土は種子がやっと見えなくなるぐらい、ごく薄くします。図のような手順で、まき終わったら溝面に細かな堆肥を覆い、乾燥と降雨による土のはね上げ、地面の固結を防ぎます。もちろん、発芽しても取り除く必要はありません。
 発芽後は、初期の育ちが緩やかで葉も小さいので、除草は入念に行いましょう。
乾いていたら、まく前に溝全面にたっぷりとかん水する。 種子間隔は1cm内外、覆土はごく薄く1mmぐらい。 覆土したあと、クワの背で軽く鎮圧し、種子と土をなじませる。 細かくほぐした完熟堆肥、または切りわらで覆い、雨や乾燥から守る。


7月の園芸

 ハボタンを苗作りから育てるなら、七夕ごろに種をまきましょう。本葉2〜3枚と7〜8枚のときに植え広げて育て、8月下旬に定植します。鉢植えにするなら小ぶりに育てた方がいいので、種まきは8月初めで大丈夫です。
 梅雨が明けると、晴天・高温で花壇や鉢の土はすぐに乾燥します。そこで、水やりは朝と夕の2回行うことが多くなりますが、アサガオは夜間に水が多いとつるが伸びすぎるため、夕方の水やりは控えます。また、根の活動を損なわないように、くんでからしばらく置いた水をやるようにしたいものです。
 梅雨どきの庭を飾ってくれたハナショウブは、植えつけて3〜4年のものは、花後すぐに株分けして植えつけます。しばらくして葉の中心から新しい葉が出てきたら、来年の開花のために肥料をやって株を充実させます。油かすがいいのですが非常に臭いので、緩効性の化成肥料が良いでしょう。8月中旬にもう一度肥料をやります。
 5月ごろ、新芽の伸長時期に増し土をして芽を乾燥から守ってやったサクラソウは、梅雨の雨で芽がむき出しになっているでしょうから、もう一度増し土をしましょう。
 サルビア、マリーゴールド、コスモスなどをこれからまくと、草丈が低いうちに花が咲きます。株間を詰めてまき、植え替えをしないで育てます。花も少し小さくなりますが、そろいが良くなります。
 すでに咲いているサルビア、ダリア、コスモス、ベゴニアなどは、7月末から8月初めごろに咲いた花が終わって草姿が乱れてきたころ、草丈を半分くらいに切り詰めておくと、秋に再び良い花が見られます。




お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2006