家庭菜園

玉レタスのまきどきと苗づくり

 レタスの仲間は多彩になってきましたが、シャリッとした歯ざわりとみずみずしさを持つ玉レタス(結球レタス)がやはりなじみ深いもの。自家菜園に取り入れて新鮮な味を楽しみたいものです。
 玉レタスの生育適温は17〜18℃で、25℃以上、5℃以下では順調に育ちません。一般的には8月上〜中旬(温暖地では9月まきも可能)に種まきし、降霜前の11月に収穫する必要があります。
 レタスの発芽適温は18〜23℃とかなり低温好みです。まきどきの温度が高いと発芽しにくいため、種子は半日ほど水に浸して吸水させてから、ふたつきのポリ容器に湿らせたぺーパータオルを敷き、その上に種子を広げます。冷蔵庫に入れ、2〜3日間低温処理をして発芽を促進します。
 育苗用の用土を詰めたセルトレイ(128穴)または3号ポリ鉢(径9p)を用意し、わずかに発芽し始めた種子を4〜5粒まいて、ごく薄く覆土し、芽が伸びてくるまで新聞紙で覆っておきます。本葉1〜2枚のころ間引いて一本立とします。
 強い日差しで高温になるときには涼しい木陰か、寒冷紗張りの日よけの下におき、温度の上昇を防ぎます。朝夕のかん水を入念に。特にセルトレイの場合は周辺部が水分不足にならないよう注意しましょう。
 128穴のセルトレイでは本葉2〜3枚、3号ポリ鉢では4〜5枚に苗が育ったころ、根が切れないよう丁寧に抜きとって定植します。


8月の園芸

 8月は、厳しい暑さによる花壇の土の乾燥に対処するため、水やりが大きな仕事です。1日2回くらい、土の表面が白く乾いたころが水やりの目安です。
 サルビア、ダリア、マリーゴールドなどはそろそろ草姿が乱れてくるころでしょう。月初めに、草丈の3分の1くらいの高さで切り戻しておきます。ダリアは茎が空洞で、節と節の中間で切ると枯れ込むことがあるため、節のすぐ上で切りましょう。コリウスやコスモスも、茎が伸びて姿が悪くなってきたら、同じようにします。
 切り戻したら、体力回復と新芽の発芽促進のために追肥をしておきます。追肥は、効き目が長持ちする緩効性の化成肥料がよいでしょう。こうしておくと、秋になってまた花が楽しめます。
 シャクヤクは、9月から10月に根が伸びますので、その前の8月終わりから9月中ごろまでに、株分け・植え替えをしましょう。3年に一度くらいは行いましょう。長期間同じ場所で栽培するわけですから、直径も深さも30pくらいの穴の底に、元肥として有機質をたっぷり(バケツ半分くらい)施して、化成肥料も1株当たり2〜3握りを入れて混ぜ、その上に少し土を入れて肥料が根株に直接触れないようにして植えます。
 秋まき草花の種まき準備もしましょう。秋の種まきの適期は短いので、種まきの準備を今月中には終えて、あとは種まきをするだけの態勢にしておきましょう。栽培場所の土は、消石灰(花壇1u当たり100g程度)で中和して、元肥を施しておきます。元肥は、花壇1u当たり有機質をバケツー杯ぐらいと緩効性肥料200gを施して、土とよく混ぜておきます。




お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2006