家庭菜園

人気が高く育て方も楽な水菜

 京野菜の一つ、水菜。かつては大株に育て、もっぱら煮物や漬物に用いられていましたが、シャキシャキした歯ざわりの良さと鮮やかな緑の葉、独得の味わいがサラダやトッピングにもよく合い、近年人気が高まっています。
 大きな株(葉の数は数百枚以上にもなる)に育てるには、少し涼しくなった9月上旬に育苗箱に種まきします。本葉2枚のころ苗床に移植し、本葉5〜6枚の苗を作り、うね間50p、株間35pに植えつけます。この旧来の育て方でとれる水菜は、煮物、漬物など和風の料理向け。寒気が増すにつれて本当の味が出てきます。
 小さな株は逐次種まきして、生育途中で収穫します。生食または汁の実など、和洋を間わず幅広い料理で楽しむことができます。
 長型プランターなら2列、畑ならうね間40pにくわ幅のまき溝を作って直まきし、本葉2〜3枚のころ6〜7pの株間になるよう間引きします。小さな間引き菜も有効に利用しましょう。一見か弱そうに見えますが、思いのほかよく成長するので、初めての方でも十分育てることができます。
 品質の良いものを育てるには、畑なら元肥に完熟堆肥(ピートモス、ヤシがらでもよい)と油かす、化成肥料を与え、プランターなら肥料入りの野菜用土を用いることが大切です。また生育中、大株なら2回、小株なら1回、化成肥料をうね間に施し、軽く中耕します。プランターなら液肥を与えます。虫がつきやすいので、十分に注意してください。


9月の園芸

 秋まき草花の種まき時期は、秋の彼岸ごろを目安にします。種子の発芽温度は、春まきのものより低めで15〜20℃ですが、1日では発芽しません。春と違って、日を追うごとに気温が下がっていきますから、作業は早めにして、寒くなるまでに十分に根が張れるようにしてやりましょう。
 シャクヤクやシャスタ・デージーなど宿根草は株分け、植え替えの時期になります。3、4年に一度はやりましょう。植えつけ場所を変え、堆肥を十分に施しておくのがこつです。株分けは、芽を一つずつではなく、3芽1株くらいに分けるのがよいでしよう。
 9月ごろになると、シュウカイドウが淡紅色の花を咲かせます。この花は少し変わっていて、日当たりが良く乾燥するところでは育ちが悪くしかも葉、焼けを起こしやすい性質があります半日陰の湿りがちの土を好むので、他の草花が育ちにくい場所に置いてみるのもいいでしょう。
 ベゴニアの仲間ですから、茎を挿してやれば簡単に根づきますが、茎と葉柄の分岐(また)にできるムカゴを取って、半日陰の乾きにくい場所にぱらぱらとまいておくだけで、発根して育ちます。
 ムカゴは花が終わった後にできますから、シュウカイドウを植えている人に何個かいただいたらどうでしょう。江戸時代に中国から渡来したものですが、わが国では戸外で冬を越せます。今や半野生化して、たまに野山でも見つけられるので、そのときはムカゴだけを取ってきて、まいてみてはいかがでしょうか。草丈は50pぐらい、茎が赤みを帯びていて花や葉はベゴニアに似ていますが、花柄が長く、葉は左右非対称の形をしています。




お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2006