家庭菜園

春どりコカブのトンネル栽培


 立春が過ぎ、陽差しの強まりを感じ始めるころになると、今年の家庭菜園の仕事始めです。一番先に種まきできるお勧め野菜はコカブです。トンネルで保温すれば、4〜5月に、白肌できめ細かく、歯触りのよいおいしいコカブが楽しめます。
 種のまきどきは2月中旬です(関東南部以西の平たん地の場合。寒いところでは気温差を考慮して遅らせる)。
 畑に1m幅のベッドを作り、全面に完熟堆肥と油かす、化成肥料をばらまき、15pほどの深さによく耕し込みます。そして、くわ幅よりやや広め(17〜18p幅)のまき溝を3列、溝底が平らになるよう丁寧につくり、溝の外にはみ出さないよう注意しながらジョウロでたっぶりかん水しておきます。種まきしたらすぐにフィルムで覆ってしまうため、発芽と初期生育に必要な水を十分与えておくことが大切です。
 種まきは1.5〜2p間隔とし、1pほど覆土して図のようにトンネルがけします。すそに土をかけて密閉して発芽を促します。発芽して本葉2〜3枚に育ったら頂部に小穴を開けて換気し、さらに内部が30℃を超えるようになったらすそを開けて温度の上昇を防ぎます。
 育つにつれて株間が込み合わないように間引きし、かん水も適宜行って乾き過ぎに注意します。また、生育中は2回ほど、葉の緑が淡くなりかけたころに、溝の間に化成肥料をばらまいて追肥します。
 球径が5p内外に育ったら収穫適期です。途中で間引いたものも上手に利用しましょう。


2月の園芸

 花壇の土の荒起こし・天地返しは終わりましたか?もしまだなら、早めに終えておきましょう。3月に入ると春の種まきや植えつけが始まりますが、1ヶ月くらい前には、整地して元肥を施す地ごしらえをしなければなりません。早めに荒起こしして、土を風乾させておきましょう。地ごしらえでは、消石灰(1u当たり100g)で土の酸度を矯正し、堆肥など有機物(1u当たりバケツ1杯)、緩やかに効き目をあらわす緩効性化成肥料を入れて、土をならしておきます。
 2月の前半は気温が低く、草花の動きはまだ活発ではありませんが、水やりは忘れないようにしましょう。水やりが必要な理由は、前月号でも述べたように、地上部は動いていなくても、根は吸水して体力を保っているからです。
 下旬になると、多くの宿根草が根の活動を活発にして、春の芽出しの準備を始めます。ですから、植え替えをしない宿根草には、このころに元肥を施します。株から少し離れたところに、環状に浅く溝を掘り、堆肥や油かす、骨粉を入れて土を埋め戻しておきます。堆肥の代わりに野菜くずや果物の皮でもいいですし、油かすや骨粉の代わりに緩効性肥料でも構いません。
 植えつけて3年ほど経ち、株分け、植え替えを予定しているものは、3月の作業時に肥料を施します。宿根草でも、ニホンサクラソウは早い時期の比較的低温のころから動き出しますので、今月の上中旬に株分け、植え替えをしましよう。
 寒さに当てている水栽培の球根草花は、立春過ぎに室内の日当たりの良い、暖かいところに置きましょう。




お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2006