家庭菜園

超小型で育てやすいハクサイ登場


 通常のハクサイは1個4〜5s、小型でも2・5〜3sですが、ここで紹介するのは手のひらにのる、300〜500gの超小型のかわいい「娃々菜」”わわさい”(娃々は中国語で赤ちゃんの意)です。
 生まれは中国雲南省。最近では中国全土で料理に用いられており、わが国には昨年からお目見えです。店頭では半カットや4分の1カットで売られることの多いハクサイですが、これなら丸のままで販売でき、少人数でも食べ切ることができます。和・洋・中いずれの料理にも向き、サラダや小品の盛り器などに、と用途も広がります。
 まきどきは、これからの時期なら春秋用種が3月下旬と8月中旬〜9月下旬、夏用種が5月中旬〜8月中旬(いずれも関束南部以西の平たん地の場合)です。収穫までの日数は50〜65日ですから、1〜4月の低温期を除けば、かなり長期間収穫を楽しめます。
 育て方は、通常のハクサイと同じく、セルトレイ(128穴)やポリ鉢に1ヵ所4〜5粒まきとし、育つにつれて間引いて1本立てにします。
 本葉4〜5枚で、図のように畑にベッドをつくって植えつけます。小型なので、1u当たり10株以上もの密植にするわけです。元肥には良質の堆肥と油かす等を十分施し、2回ほど追肥して肥切れさせないように育てます。
 害虫には要注意。生育の前半にべたがけ資材を被覆すれば、極めて少農薬で育てられます。通常のハクサイに比べて大変育てやすく、家庭菜園に好適です。


3月の園芸

 いよいよ草花園芸の作業が本格化する季節になります。
 昨年の秋から育ててきた苗は、霜の心配がない時期になったら、花壇に植え込みます。種をまくものより10日〜2週間ほど前になります。植えつけの2〜3週間前には、酸度の矯正や元肥の施用など花壇の地ごしらえをして、準備を終えておきましよう。
 春まき草花の種子は、発芽温度が15〜20℃のものが多くあります。東京を基準にすると、日中の最高気温が15℃を超えるのが3月下旬ですから、このあたりの時期から種まきを始めます。よくいわれる「ソメイヨシノが咲くころ」が、この気温くらいの時期の目安として分かりやすいでしよう。
 ただしアサガオ・ケイトウ.コリウス・サルビア・ニチニチソウ・マツバポタンなどは少し発芽温度が高いため、日中の気温が20℃くらいになる時期にまくのがよいでしょう。目安としては、日中の最高気温が15℃を超えてから3〜4週間くらい後になります。
 春まき草花を少しでも早く咲かせたいのなら、鉢に種まきして室内で発芽させて、これを花壇に植えるとよいでしよう。
 植えつけてから3年以上たった宿根草は株分けと移植をします。時期は、彼岸過ぎの暖かくなったころから始めます。
 ダリア・カンナ・グラジオラスなどの春植えの球根類も、このころに植えます。球根は植えつけ時期に幅がありますので、少し早めの時期から、他の作業との兼ね合いで植えつけをしていいでしょう。ただ、宿根草にしても球根にしても、株分けや分球は植えつけ直前にしましょう。




お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2007