家庭菜園

連作に耐える接ぎ木苗の手配は早めに


 ナス・トマト・キュウリ・スイカなどの果菜類は、根が土壊病害虫に対して弱く、一度栽培した畑では3〜4年間同じものを作らないのが原則です。そのため、狭い家庭菜園などではローテーションがすぐに行き詰まってしまいます。
 こんなときの対策としては、耐病虫性の高い品種に接ぎ木した苗を用いるのが、最も確実です。日本の農家ではすでに100年も前から実用に供していましたが、近年は耐病性の台木育種や接ぎ木方法の簡易化が図られて利用が増え、欧米でも臭化メチル消毒の代替技術として普及が進んできたようです。
 苗は、シーズンになるとJAの店舗などに並びますが、心配なら今から予約発注しておくのがよいでしょう。小さなセルトレイで接ぎ木した苗は、買い求めてから育苗用土を入れた3〜4号鉢に鉢上げし、成苗になるまで再育苗します。専門の農家が大苗に育てたものなら一番安心です。
 育苗中や定植後に台木の芽が伸びてくることがありますから、入念にかき取ります。よく、ナスに赤い果実がついたとか、ピンクのトマトに赤い果実がなったというのは、多くの場合、台木の芽が伸びたためです。勢いがよく、すぐに穂木と見分けがつかないぐらいに成長するので、早めに整枝しておきましょう。
 また、接ぎ木の接合部が地面に近過ぎると、接ぎ木部から穂木の根(自根)が伸び出してくることがあります。当然、この場合は台木の力が大きく落ちてしまうため、定植後でも気づいたら、株元付近の土を取り除いてやりましよう。


アスター

 春まき草花の種まきシーズンになります。熱帯原産のものが多いですから、晩霜にあわないように注意しましょう。これからは暖かくなる時期ですので、慌てずに作業を進められます。秋まきのナデシコは春まきもできます。寒地では、秋まき草花も春にまきます。春植え球根も今月早めに植えつけましょう。
 春まき草花は、これからまいて夏に花を咲かせます。なかでもアスターは、夏の暑さをものともせずに咲き、夏の花壇で重要な役目を果たす草花の一つです。
 花壇だけでなく、切り花にして花瓶に挿しても楽しめます。草丈の低いものは鉢植えでもいいでしょう。
 アスターは昔からエゾギクと呼ばれて栽培されてきた、なじみ深い花です。花色は豊富で、草丈の高いものから低いものまであります。ギリシャ語で星を意味する名前の通り、花の形も花びらが放射状になるものや八重咲きに近いものなどバラエティーに富んでいます。
 発芽温度は比較的低いのですが、種まきは、関東以西では4月上旬以降がよいでしょう。本葉3〜4枚で仮植床か育苗用ポツトに植え広げ、本葉8枚くらいになったら花壇に定植します。
 植えつけ場所は半日陰程度の、日当たりが特別に良くない場所でも育ちます。ただし、土壊水分には敏感ですから、乾き過ぎる土はよくありません。堆肥(たいひ)など有機物を十分に入れて、土づくりをしておくことが大切です。ウリバエやヨトウムシなどの害虫にも注意しましょう。




お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2007