家庭菜園

長く収穫が楽しめるインゲンマメ


 比較的簡単に育てられ、工夫すれば長い間収穫を楽しめるのがインゲンマメ。自家菜園で取れた新鮮な味は格別です。
 インゲンマメにはつるなし(わい性)種と、つるあり(つる性)種があり、それぞれ特性が大きく違います。
 つるなし種は生育期間が短く、早生種なら種まきからわずか50〜60日で収穫できます。5月から7月上旬ごろまで逐次種まきして連続的に収穫します。その代わり一作の収穫期間は20〜25日ぐらいと短く、株当たりの収量もそう多くは望めません。代表的な品種としては「マスターピース」「江戸川」「アーロン」「セリーナ」「さつきみどり」などがあります。丈は30p前後にしか伸びないので、畝間60p、株間25pぐらいに1カ所3〜4粒まきとし、本葉2枚のころに間引いて2本立てとします。支柱は不要です。
 つるあり種は、つるの長さが2m以上にも伸びます。長い間収穫できてつるなし種より味も良いため、畑にゆとりのある場合はこちらがおすすめです。代表的な品種は「ケンタッキーワンダー」「尺五寸」「舞姿」「オレゴン」などです。5〜6月に種まきして1ヶ月ぐらいで収穫に入り、30日以上収穫し続けられます。大きく育つので、畝間90〜100p、株間35pぐらいに粗植し、つるなし種と同じく3〜4粒まきして、間引いて2本を伸ばします。
 つるの伸びが早く、すぐに巻きつきますから、早めに1.8m以上の長い支柱を、図のように低い位置で交差させて立てます。こうするとつる先まで手が届きやすく、収穫が楽にできます。
つるが長く伸びるので、トマトやキュウリよりも支柱を低い位置で交差させ、傾斜を緩くして、先の方まで手が届きやすくする。


アサガオ

 アサガオの種まき時期になります。アサガオは今から1200年くらい前に日本に渡来したといわれ、特に江戸期以降、花や花木の改良に独特の才能を持つ日本人が熱心に育種し、世界に冠たる品種を作り出しました。
 夏の花の定番ともいえるアサガオは、実は短日性の草花です。意外な感じもしますが、日の長さが15時間くらいの夏至(6月21日)を過ぎないと花は咲きません。早くまいても植物体が成長するだけですから、5月中旬ごろになってからまくとよいでしよう。
 種子は、まく前日から水に浸して、水をよく吸わせておきます。3p間隔で、深さ1pぐらいにまきます。種まき後2〜3日で発芽するので、双葉のうちに6p間隔ほどに植え広げます。
 このとき、葉が丸みがかったものを残します。大きな花になる可能性が高いものです。双葉が細くとがったものは、花が小さい可能性があります。本葉1〜2枚で花壇や鉢など定植場所に植えつけましょう。鉢植えでは行灯(あんどん)作りが一般的です。3本支柱に3段ほどのリングをつけたものを用意し、1段ずつつるをめぐらせます。最上段に達したら、つるは止めます。
 短日にならないと花芽がつかない性質を逆手に取ると、次のようなことが可能です。遅い時期になってからまけば、植物体が大きくならないうちに花を咲かせることができます。8月の終わりから9月にまくと、気温が下がっていく時期でもあることから、本葉3枚くらいで花芽がつき始めます。花壇にいろいろな種類をまいてやれば、アサガオのじゅうたんを楽しめるでしょう。




お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2007