家庭菜園

暑さに強く育てやすいカイラン


 盛夏に入ると家庭菜園も夏枯れで、青物が途切れがちになります。こんな時に育てておくと重宝するのがカイランです。
 カイラン(芥藍)はキャベツの仲問で、葉はキャベツに似ていますが、早くから茎が太く伸び、やがてとう立ちしてきます。その若い葉と、伸びてきた柔らかな花茎を利用するのです。耐暑性のある南方系の野菜で、中国南部から台湾、東南アジア方面で夏野菜として広く栽培されています。
 まき時の幅は広いのですが、夏どり中心なら今の時期がよく、種まき後50〜60日で収穫できます。
 早めに完熟堆肥(たいひ)と油かす、化成肥料を全面に耕し込んでおいた畑に、50p間隔にくわ幅のまき溝を作り、3〜4p四方に1粒ぐらいの割合で種をまきます。育つにつれて間引き、最終株間を10pぐらいにします。途中で2回ほど追肥をして、肥切れさせないように軟らかく育て上げます。
 128穴のトレーで本葉3〜4枚の苗に育てて、80p幅のベッドを作り、10×10p間隔に植えつけて育てれば、そろった良品が得られます。肥料の与え方は前述の直まきと同様にします。害虫がつきやすいので、早めに発見し、防除をする必要があります。べたがけ資材をトンネル状に覆い、害虫の飛来を防ぐのがおすすめです。
 収穫は草丈が15pぐらいに伸びたころからが適期です。若葉やつぼみはいため物や揚げ物に、茎の部分はサラダなどに用います。また汁の実や漬物にしてもおいしく食べられます。
草丈15cmくらいになったころから利用できる。 風味が一番出るのは茎が伸びて先端の1〜2花が咲き始めたころ。


アヤメの仲間

 チューリップやスイセンなど、春花壇を飾ってくれた球根草花は、葉が黄色になり始めたら掘り上げ、風通しの良い所で貯蔵します。宿根草のアヤメ類などは株分け・定植の時季です。パンジー・キンギョソウ・ポピー・ヤグルマギクなど一年草の種を採るのも今月です。
 5〜6月が主役の草花の一つに、アヤメの仲間があります。いかにも日本風情を漂わせる草花で、アヤメ・ハナショウブ・カキツバタなどがあり、これらはひげなしアヤメです。花びら(垂れ弁)の中央にひげがないので、こう呼んでいます。アヤメの仲間には、ほかにひげアヤメというのがあります。花びらの中央にひげのような細かい毛が縦に並んでいます。ジャーマンアイリスがこれです。また、花びらの中央に鶏のとさかのような突起がある、とさかアヤメもあります。イチハツが代表的です。
 ひげなしアヤメの植えつけ・株分けは梅雨明け前までです。植えつけてすでに3〜4年たったものが株分けの対象です。この時季に終えられなかったら、真夏を避けて秋にやりましよう。
 植えつけ場所は、カキツバタは湿気のある土を好むため、水田や池のような場所が適しています。アヤメやハナショウブは湿り気のある土を好みますが、水やり(特に夏場の水やり)に気をつければ、花壇でも大丈夫です。植えつけ場所には、腐葉土や堆肥(たいひ)などを施して土とよく混ぜておきます。植え方はぐらぐらしない程度の浅植えがよいでしょう。株分けして植えつけるときだけは、葉を3分の2ほどに切り詰めておくと体力の消耗を防げます。




お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2007