家庭菜園

根深ネギの上手な植え方


 3月中〜下旬に種まきをして育ててきた春まきの根深ネギ苗は、葉鞘(ようしょう)部の太さが1p内外になる7月が畑への定植適期です。苗取りは株元にくわを入れ、できるだけ根をたくさんつけるようにして掘り上げ、下の方の枯れた葉は軽く取り除きます。そして大・中・小にサイズを分けます。苗数にゆとりがあれば小さいものは除外します。ここで苗の大きさをそろえておけば、あとで管理しやすく、そろった良品を得やすくなります。
 植え溝は幅15p内外、深さ25〜30pになるように、くわを使って丁寧に、形崩れしないように掘ります。列の間隔は、土寄せしやすい畑では90p、寄せにくい畑ならそれより10〜15p広く確保します。溝が崩れないようにするために、前作を片づけた後は耕さないで畑が固まったままにしておき、植えつけ直前に溝掘りをするのがこつです。掘り上げた土は片側だけに上げます。
 植えつけは図のように溝の片側に苗をぴったり寄せ、垂直に立てるようにします。そして根元に2pほど土をかけ、足で踏みつけて倒れないようにしながら作業を進めます。
 かん水は不要ですが、防乾と、土寄せしてからの通気のために、溝のなかに稲わらや乾草などを入れておきましょう。この段階で肥料は施さず、涼風を受けて成長が盛んになり始めてから追肥を始めます。本格的に追肥・土寄せをするのは9月中旬以降です。
 根は多湿に弱いため多雨の後の排水に気をつけ、土寄せを急がないこと。風で倒れたら早めに起こしてやりましょう。
きちんと植え溝を掘る 苗はできるだけ慎重に植える 覆土は1〜2cm(深過ぎは禁物)


コンパクト仕立て

 7月は、前半が梅雨、後半は梅雨が明けてカンカン照りという極端な生育環境の変化にさらされる月です。
 梅雨明け後は、水やりに気を配る必要があります。土の表面が白く乾いたら、十分に水をやりましょう。
 冬の花壇を彩るハボタンは、上・中旬に種まきをします。薄まきにして、覆土も少なくして発芽させ、本葉2〜3枚と本葉7〜8枚で植え広げ、8月下旬に定植します。
 この時期、一般的な草花で種まき時期になるのはハボタンくらいですが、既に花の最盛期にさしかかっているサルビア・マリーゴールド・コスモス・ヒマワリなどもまだ大丈夫ですから、残っていた種子をまいてみませんか。もちろん、新しい種子が入手できるならそれをまいても結構です。秋に小ぶりな姿の花を見せてくれます。
 やり方としては、直まきにして植え替えはしません。草丈が低くなるので、夏前に移植したもの(今咲いているもの)より株間を狭くしてまきます。
 これらの花やアサガオなど、夏から秋に咲く草花は日が短くなると花芽ができ、開花するものです。普通は、気温が十分に得られる時期になってからまき、植物の体をしっかり大きく作っておいて花を咲かせるのですが、今からまくと短日で気温が徐々に低くなっていくときですから、植物の体の伸びがゆっくりで、まだ小さいうちに花芽ができて花を咲かせるようになります。
 短日でないと咲かないものや、短日でも長日でも咲くけれど、短日の方が早く咲くものは、この手法で育てると面白い花壇作りができるのではないでしょうか。




お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2007