家庭菜園

球根ハクサイ作りのポイント

 なかまでよく締まったハクサイの球は、70〜100枚という多くの葉によって構成されています。このような立派なハクサイを育てる上で大切なポイントは次の3つです。

 

1 種まきの適期を外さないこと
 夏の暑さが峠を越したころの8月下旬(関東南部以西の平たん地の場合)が標準です。早過ぎると暑さのため苗の育ちが悪く、あとで病害が発生しやすくなります。遅過ぎると最も育ち盛りのころに気温が低下してしまうため、葉の肥大が足りず、成長点に花芽ができて葉の枚数の増加が止まってしまい、球の締まりが悪くなってしまいます。最適期は4〜5日と考えてよいでしょう。

2 根の分布に応じた施肥を入念に

 ハクサイの根は浅く、横に広がる性質を持っているので、元肥は畝全面にばらまき、深さ15〜18cmぐらいに耕し込むようにします。涼しくなると盛んに肥料を吸収し、急速な成長を遂げますから、元肥には良質な堆肥(たいひ)と油かす、化学肥料を施し、植えつけ後、20日と40日、結球し始めのころの計3回を目安に追肥するように心掛けましょう。野菜の中では多肥好みですから、多量の降雨で肥料が流失したと思われるときは、それを補うための追肥も必要です。

元肥は全面にばらまいて耕し込む

3 害虫防除を怠らないこと
 アブラナ科好みの害虫は必ず発生するものと考え、苗床から防除に努めます。べたがけ資材で飛来を防止するのが一番有効です。苗床から本圃(ほんぽ)の前半の時期(株同士の葉が重なり始めるころまで)に被覆すれば、ほとんど農薬に頼らないで済みます。
害虫防除には資材を被覆して飛来を防ぐのが有効


デージーの早まき

 8月は、草取りや水やりが中心の作業になりますが、サルビア、マリーゴールド、コスモスなど早くから咲いているものは、草丈の3分の1くらいの所で切り戻す(刈り込む)作業をします。すぐに新しい枝が出てきて、秋にまた花を咲かせます。姿が乱れてきたコリウスも同じようにするとよいでしょう。9月になると、秋まき草花の種まき時期になりますが、秋まきは適期幅が短いので、早めにまき床を準備しておきます。
 8月は、暑さのため発芽、育苗が難しく、種まき作業はしないのが普通ですが、あえてこの難関に挑戦して、早い時期から開花を楽しんでみませんか。
 細い花弁を密生させて咲くデージー(ヒナギク)のかれんな姿は、春の花壇になくてはならないものです。このデージーは発芽適温が15〜20℃で、一般的には9月になってからまき、来年2月くらいからの開花を待ちますが、これを8月中〜下旬にまいて、うまく育てると、年内から花が見られます。
 平鉢などにまき、日陰で風通しの良い、涼しい所で発芽させて育苗してます。種子が細かいので、覆土なしか、細かい粉のような土を種子が隠れる程度にかけるくらいでよいでしょう。上からじょうろなどで水をかけると種子が流れてしまうので、たらいなど浅く水を張り、鉢を浸して下から水を吸い上げさせます。
 3〜4日して発芽がそろったところで、0.5〜1cm間隔くらいに間引くか、植え広げておき、9月中〜下旬の涼しい時期に定植します。
 パンジーも夏は発芽しにくいものの、同じような工夫で早まきすれば、早く花が咲きます。



     


お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2007