家庭菜園

タマネギの苗作り 種まきのコツ

 

 タマネギのまきどきが近づいてきました。種まきの適期は品種によって異なり、極早生(関東南部以西は9月初旬)と中・晩生種では15〜20日の開きがあるので、種子を買い求めるときによく確めてください。
 苗床は、前作にネギ類やナスなどを栽培していなかった畑を選び、半月以上前に石灰と完熟堆肥(たいひ)を与え(未熟のものは禁物)、よく耕しておきます。種まきの数日前に幅80cm内外のべットを作り、化成肥料と過リン酸石灰(1u当たり大さじ5杯くらい)を施し、15cm内外の深さによく耕し込みます。まく前は、排水をよくするためベッドの中央部をやや高くして、板切れで丁寧にならします。
 種まきは、1cm四方に1粒ぐらいの間隔で全面均等に行います。あるいは横方向に10cmの列間隔になるよう板切れで深さ5〜6mmの溝を作り、やや厚めにまきます。
 種まき後、5mm目ぐらいのふるいで3〜4mmの厚さに覆土し、その上を板切れなどで軽く押さえ、種が流れ出ないようじょろうで2〜3回に分けてたっぷりかん水します。その上に、草木灰かもみ殻くん灰を土が見えなくなる程度に覆い、さらに細かく砕いた完熟堆肥を、薄く満遍なくかけます。最後に防乾のための稲わらをベッド全面に薄く覆い、風で飛ばされないように竹棒などで押さえておきましょう。この稲わらは、5〜6日たってタマネギが発芽してきたら取り除きます。このとき、乾いていたらたっぷりかん水して発芽を促し、生育をそろえます。


宿根草の株分け

 春咲き草花の種まき時期になります。秋まき草花は温帯原産のものが多く、発芽適温は20℃くらいと春まき草花より低温ですが、秋は日々気温が急激に下がっていくので作業が遅れないようにしましょう。
 9月は、春と並んで宿根草の株分け、植えつけの適期です。毎年種をまいて育てる1年草と違って、宿根草は一度植えつければそのまま毎年育ってくれるので、手間の掛からないところがありがたい草花です。また、開花期が長いものを植えつけて、1年草と組み合わせれば、年間で花の切れ目のない花壇作りも楽しめます。
 しかし、植えつけてそのまま放っておくというわけにはいきません。3〜4年間隔で株分けをして植え替えてやらないと、花が少なくなったり、咲かなくなったりします。ひどい場合には枯れることさえあります。秋に株分け・植え替え、また新しい株の植えつけが適している宿根草には、アルメリア(ハマカンザシ)、シバザクラ(モス・フロックス)、シャクヤク、シャスターデージー、ニオイスミレ、タツタナデシコなどがあります。
 旧株を掘り起こし、3〜4芽を1株にして、竹べらか使い古しの果物ナイフなどで切り分けます(アルメリアは、するめのように手で簡単に分けられます)。黒っぽい古根も整理して、若い根を残しましょう。
 植えつけ場所は、これまで植えてあった所とは変えます。地ごしらえで、堆肥(たいひ)など有機質をたっぷり入れておくのが、宿根草の栽培では重要なポイントです。




お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2007