家庭菜園

ソラマメの種まき

 

 ソラマメの収穫はひと月足らずと短時間ですが、それだけに季節感が味わえるので、家庭菜園にはぜひ取り入れたい野菜です。
 種まき適期は地域によって異なり、温暖地では早く、逆に、寒い地域では遅らせることが大切です。開花してさやがつくと低温に弱く、寒害を受けてしまうので、寒い地域では厳寒期を過ぎてから開花させます。
 適期の大まかな目安としては、温暖地が10月上旬、中間地が10月中〜下旬ごろです。寒・高冷地など寒さが厳しい地域では2月以降にまき、寒期が過ぎてから伸びだすようにした方がよいでしょう。
 ソラマメの種子は大きく、発芽には多くの水分と酸素を必要とします。特に大粒種は発芽ぞろいが悪くなりやすいので、種をまく時に、おはぐろを斜め下方に向けて土に差し込むようにしてまき、あまり深くしないように注意して下さい。
 上手に作るには、セルトレイ(セルサイズの大きい72穴がよい)を用い、種子の端が少し地面に出るぐらいに浅まきし、乾き過ぎないようかん水に注意して発芽を促します。
 本葉が2〜3枚開いたころ畑に植えだします。事前にたっぷりかん水してから苗をトレイから引き抜きます。根鉢が崩れそうなら、トレイの底を指でつまんで、苗を浮かせて引き抜きます。根を切らないように、できるだけ慎重に作業することが大切です。
 フィルムマルチによる地温上昇、防寒効果は大きく、アブラムシの回避にも役立つので、畝面を被覆してから植えつけることをおすすめします。
おはぐろを斜め下に向けて置く 種が大きいので大きい穴の
セルトレイ(72穴)を用いる
出来上がった苗
本葉2〜3枚


スイートピーの種まき

 秋植え球根の植えつけ時期です。植えつけの2〜3週間前には、地ごしらえをしておきましょう。土の酸度を矯正するため、消石灰をまいて30cmくらいに深く耕し、油かすや骨紛、堆肥(たいひ)などの有機質を入れておきましょう。油かすや骨粉の代わりに、緩効性肥料でもOKです。
 種をまくものは、だいたい作業が終わっていると思いますが、草花のなかでも高級感を漂わせ、優しい姿を見せてくれるスイートピーは少し遅まきにしますので、10月上旬がまきどきです。マメ科の植物ですがら、直まきが原則です。
 まきつける花壇は、2週間前には地ごしらえをしますが、草花のなかでも高級感を漂わせ、優しい姿を見せてくれるスイートピーは少し遅まきにしますので、10月上旬がまきどきです。マメ科の植物ですから、直まきが原則です。
 まきつける花壇は、2週間前には地ごしらえをしますが、弱アルカリ性を好む植物なので、土の酸度矯正はしっかりやります。1u当たり200gと、やや多めに消石灰をまいて土とよく混ぜておきます。また、堆肥以外には、窒素など一般的に用いる肥料は必要ありません。
 種子は、一晩水に漬けて、膨らんだものはそのまままき、膨らまなかったものは皮に傷をつけてまきましょう。30〜40cm間隔で1穴に2、3粒ずつまきます。芽は数日で出てきますが、そのまま放っておいて平気です。10cmくらいに伸びると、倒れて株元の節から新しい芽が出てきます。それが伸びて倒れ、また新芽が出てきます。これを繰り返して、冬前に地下部の株が充実し、地下部の根がよく伸びて、越冬できるのです。
 まだ花壇に草花が残っていて、まきつけられないのでしたら、5〜6cmのポットにまいて育て、鉢土を壊さないように鉢から抜き、植えつけましょう。来春の彼岸ころになって、つるが伸び始めたら支柱を立ててやります。



     


お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2007