家庭菜園

タマネギの植えつけと上手な施肥

 

 9月に種まきしたタマネギの苗は、11月ごろ、草丈25cm、太さ4〜5mmぐらいになったら本畑への植えどきです。苗の育ち具合を見て、葉色が淡く育成が遅れ気味なら苗床全面に化成肥料をばらまき、ふるいで軽く土入れをし、病斑が見られたら薬剤散布をして最後の仕上げをしましょう。購入苗を用いる場合は早めに予約しておき、良い苗を入手するように心掛けます。
 タマネギは、冬に入るまでに十分根を張らせ、春になったらすぐに勢いよく育つようにすることが大切です。そのためには根の発育に有効なリン酸成分を、元肥に多め与えるようにします。条植えなら溝の中に、ベッド植えなら植え床全面に、化成肥料と過リン酸石灰または熔成(ようせい)リン肥を施します。
 通常、野菜が良く育つ畑なら堆肥(たいひ)は特に施す必要はありませんが、やせ気味の畑なら完熟堆肥を少量与えます。粗い堆肥などを根の下に与えると、かえって生育を損ねるという性質があるので注意して下さい。
 条植えは条間60cm、株間9cm、ベット植えは幅80cmに12×12cmぐらいに植えます。深植えを避け、植えたあとに株元の土を締めつけておくことが大切です。フィルムマルチで生育促進を図るには、ベッド植えが好適です。
 条植えでは、冬越し前と春先の育ち始める前の2回、列の片側に軽くクワで溝をつけて、ベッド植えでは、株間の所々に(マルチでは小穴を開けて)、化成肥料を施します。球が肥大し始めてからの追肥は、貯蔵性を損ねるので避けてください。

ベッド植え
指先で挿し込んで、株元の土を締めておく 白いところが地上に出ているようにする
条植え
できるだけ直立に近づけて根が下方に入るようにする 土をかけ足で株元を踏みつけておく


球根草花の水栽培

 春咲きの球根は早めに植え終えます。ユリは少し遅くなっても大丈夫ですが、それでも11月中には植えましょう。ユリの球根の植えつけは、一般の球根より深めにします。球根の3倍は土の層があるように、深く植えましょう。
 ハボタンの苗は、寒くなり始めると色づいてくるので、花壇に植えましょう。窒素肥料は施しません。色つきが悪くなります。
 球根は栄養の貯蔵器官です。特別に栄養を補給しなくても、水さえあれば茎葉を伸ばし、花を咲かせます。この特質を利用して水栽培ができます。簡便な容器を使って栽培環境を自在に制御できるので、花壇に植えるものより早く咲かせることができます。
 多くの球根で水栽培はできますが、ヒヤシンスがよく使われます。チューリップ、クロッカスあたりもいいでしょう。園芸店などで水栽培用の容器を売っていますが、牛乳パックでも、上部にミカンやオクラの入っていたネット袋を掛け、球根が落ちないようにすれば使えます。
 栽培を始める時期は、気温が15〜16℃に下がるころがいいでしょう。水を好む殺菌の繁殖が抑えられます。根をよく伸ばし、寒さに十分当てるのがポイントです。
 球根底部に着くように水を入れ、暗く、気温の低い場所に置きます。ただし、空気は必要ですから、根が伸びるのにつれて水を捨て、徐々に水位を下げていきます。水は容器の3分の2程度を残せばいいでしょう。
 こうして、年内は根が十分に伸びるようにして、その後、数℃の気温に1ヵ月ほど当ててから、2月初めに暖かい部屋に置きます。1ヵ月ほどで開花します。



     


お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2007