家庭菜園

夏に涼味を ショウガづくり

 

 ショウガは殺菌作用や薬効、料理の香りづけや魚類のにおい消しなど、古来広く食生活に取り入れられてきました。これを若いうちに収穫する葉ショウガ(谷中ショウガ)はみそをつけてビールのつまみに、消臭にと、大いに役立ってくれること請け合いで、家庭菜園におすすめの夏野菜といってよいでしょう。密植できるので、狭い畑や庭先、プランター作りにも向いています。
 種子は取れないので、まず種ショウガ(塊茎)を準備することが必要です。成功のポイントは、何といっても良い種ショウガを入手することです。4月中旬ごろから種ショウガが出回リます。よく見て、病害根や腐れ込みがなく、充実して少し白い芽が伸び始めているものなら確実です。
 植えつけの適期は4月末〜5月上旬(関東南部以西の平たん地の場合)です。高温性なので地温が12度以上にならないと芽が伸びださないので、植えつけて芽が伸びだすまでには1ヶ月半〜2ヶ月近くかかります。
 元肥に完熟堆肥(たいひ)と油かすを施し、60cmの畝間を取って植え溝を掘ります。大きい塊は指2、3本分ぐらいの大きさに分割し、株間は7〜8cm開けて列状に植えつけます。覆土は5〜6cmとします。
 芽が10cmほど伸びたら、半月ごとに2〜3回化成肥料と油かすを、列の片側に溝をつけて追肥します。
 葉が3〜4枚開いたころから逐次収穫します。塊茎を残したままかき取るように収穫すれば、次々と夏の間収穫が楽しめます。途中で塊茎ごと収穫すれば古根として、秋まで置けば新ショウガとして利用でき、重宝します。


秋植え球根の掘り上げ

 4月は気温が上がってきますから、苗の花壇への植つけや幼苗の植え広げでは、植え傷みを起こさないように気をつけましょう。苗が育っている場所の土が乾いていたら、2時間くらい前に軽く水を掛けておき、掘り取ったとき根に土がついてくるようにしてやります。乾いたままで掘り取ると、根に土がこないので、しおれやすくなります。
 球根は春植えのものが植えつけ時期になる一方で、スイセン、チューリップなど春の花壇を彩った秋植え球根は、間もなく掘り上げる時期になります。掘り上げ時期の目安は、葉が緑を失うころです。花を咲かすのに頑張った葉は、花が終わると今度は次の世代のために球根に栄養を供給していくからです。花後は花殻を早めに取り除きましょう。
 また、チューリップは、地温が上がると根が弱ってくるので葉の枯れ上がりは早いのですが、スイセンはかなり遅くまで青々としていますから、梅雨入り前、5月中には掘り上げましょう。
 掘り上げの間隔は、スイセンとチューリップでは少し違います。スイセンは球根のりん片が毎年2枚ずつ増えて、3年かかって、ゆっくり「一人前」の球根になりますが、チューリップやクロッカスなどは、花の咲いた年の1年で「一人前」になります。つまり毎年新しい球根に育つわけです。しかも、チューリップなどは1年で大小5、6個の新球ができて、植えつけ場所が急に込み合ってきます。
 そこで、チューリップのような球根は毎年掘り上げ、秋に植えつけます。スイセンの仲間は3年に1度の間隔で掘り上げればよいでしょう。



     


お問い合わせ
営農部 農業振興課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2008