家庭菜園

色つやの良いナスを取り続ける

 

 気温の高まりとともに、ナスは紫黒色の形の良い果実が連続して収穫できるようにまりますが、やがて株の勢いが弱まり、実どまりが悪くなって収穫が減ってきます。また、品質も悪くなり、梅雨明けごろには早くも老衰し始めてしまします。
 その主因となるのは肥料不足や「なり疲れ」です。
 ナスは相当多肥好みなので、たくさん取れ始めたら半月に1回ぐらい追肥(目安は一株当たり油かす大さじ2杯、化成肥料1杯)します。そして図のように茎葉や花の状態を良く観察し、それに応じた肥培管理をしてやることが大切です。茎が太く、葉は大きく厚みがあること、咲いた花の上には4〜5枚の葉が開いて、花は大きく色濃く、雄しべよりも雌しべの方が長いこと−が健全な育ち方です。栄養不良の兆候が表れたら早めに発見し、対策を講ずることが大切です。
 対策としては、まず果実を若取りして株の負担を軽くすることです。そして追肥で栄養を補給し、硬くなった通路付近の根の張る場所の土にくわを入れて通気を図り、乾いていたらかん水し、防乾の敷きわらをしましょう。
 また、茎葉が込み過ぎると日射不足のため果色が悪くなり、病害虫も発生しやすくなるので、果実に木漏れ日が当たるぐらいに枝を整理したり、摘葉したりすることも大切です。アブラムシ、スリップス、ところによってはチャノホコリダニも大敵で、防除が必要です。
 7月末ごろになったら思い切って枝を詰めて更新剪定(せんてい)し、株の周りを掘って堆肥(たいひ)と化成肥料、油かすなどを施せば、1ヵ月後あたりから良質の秋ナスを楽しむことができます。
健全な育ち
雌しべが雄しべより長い(長花柱花)
よく実どまりする
栄養不良の育ち
雌しべが雄しべより短い(短花柱花)
ほとんど落ちてしまう


スイセンの球根の掘り上げ

 春花壇の後始末と、夏花壇の植えつけ準備をします。地ごしらえは早めに終えておきましょう。消石灰を振りまいておき、酸性になった土を矯正し、元肥を入れて耕しておきます。
 前年まで春先の花壇を彩り、香りも提供してくれたスイセンが、翌年は、葉はよく茂ったのに花を見せてくれなっかたという経験はありませんか。日当たりの良い、水はけも良い所に植えてあるのに、どうしてなんだろう?と疑問に思っていた方もいるでしょう。実は、こんなことになるのは、球根が小さく、花芽を持つだけの十分な大きさに育っていないからです。
 スイセンは、扇状に分球して増えていきますから、やがて球根同士が押し合いへし合いの状態となって、薄っぺらで球根とはいえないような形になってしまいます。何年も植えっ放しにしておくと、このような状態に陥ります。そこで一度、広く間隔を取って植え直し、球根を太らせなければなりません。
 ですから、以前に本欄で少し説明したように、3年に一度くらい掘り上げ、植え直すわけです。その時期が6月です。
 関東では5月下旬になると葉が枯れ始めるので、少し黄色味を帯びて、光合成の能力が落ちてきたころに掘り上げます。掘り上げた球根は乾燥させますが、時期的に梅雨に入ってしまうので、作業は梅雨入り前の晴天の日のうちにやっておきましょう。よく乾燥させて網袋に入れ、軒下など風通しの良い涼しい日陰で、秋の植えつけまで貯蔵します。
 チューリップも毎年この時期に、掘り上げるようにします。



     


お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2008