家庭菜園

新鮮な味が長く楽しめるブロッコリー

 

 ブロッコリーは栄養に富む緑黄色野菜の代表種です。濃い緑と独特の風味は、自家菜園で得られる新鮮さで、いっそう引き立ちます。茎頂につく大きな頂花蕾(らい)だけでなく、次々と伸びてくる脇芽も、その先端に蕾(側花蕾)をつけるので、小形ながら長い間続けて収穫を楽しめるのが大きな魅力です。
 春まきと夏まきがあり、夏まきは7月がまきどです。早生から晩生、さらに花蕾のつき方などが異なる多くの品種があり、適期に幅がありますが、中生の頂・側花蕾兼用種を選び、7月中旬ごろ(関東以西の平たん地の場合)に作業します。
 種まきは128穴のセルトレイ、少ない苗数でよければ3号ポリ鉢に、一穴または一鉢当たり3粒ほど種まきし、育つにつれて間引いて1株にします。セル育苗では本葉3〜4枚、鉢育苗では本葉4〜5枚の苗に仕上げて本畑に植えます。
 暑い盛りの育苗になるので、苗を置く場所はできるだけ風通しの良い所を選び、盛夏には強い光を遮るために、苗床上によしずや黒色の寒冷しゃを覆って遮光します。
 アブラムシ、アオムシなどに加害されやすいので早めに発見し、薬剤を散布して防除しましょう。
 元肥には良質の堆肥(たいひ)と油かすを多めに施します。根は湿害に弱く、水はけが悪いと根腐れを起こし、枯れたりしやすいので、深植えを避け、降雨後に株元やその周辺に水たまりができないように、排水に十分注意して栽培します。また、草丈が高く風にあおられやすいにで、風当たりの強い所では早めに支柱を立てて倒れるのを防ぎます。


温暖・短日条件を生かす

 7月は花壇の作業が少ない月ですが、梅雨明けとともに、夏の太陽光がギラギラと照りつけますので、土の乾燥は激しく、水やりには気を使いましょう。土の表面が白く乾いたら、水をやるようにしますが、7月から8月は、朝夕2回の水やりが必要になる日も多いでしょう。
 さて、7月に咲いている草花のような、春に種をまいて夏から秋にかけて咲く草花は、高い気温の下で体を成長させ、短日条件で花芽をつけるものです。この性質をうまく利用して草花を育ててみましょう。
 サルビア、コスモス、ダリア、ベコニアなどは、真夏の炎天下にもめげず、花を見せてくれていますが、これを秋にもう一度咲かすのも、こんな性質を利用すれば可能です。
 これらの草花は、7月下旬にもなると、草姿が乱れてきます。そこで、7月下旬〜8月初旬にかけて、一度、茎を切り戻してやると、秋には再びきれいな花を見せてくれます。これからは気温の高い時期に植物体を成長させて、日長が12時間程度以下の短日条件下で花芽をつけ、開花していきます。夏から秋にかけて、枝葉が再生できる気温が得られる時期なら、再び花を咲かせることができるわけです。草丈の半分くらいのところまで切り詰めておきましょう。
 このように、温暖期に発芽・成長して、短日条件下で花芽をつける性質を利用して、夏最盛期に種まきをすれば、気温が下降するときに生育することになり、茎の伸びはゆっくりになって、草丈は短いながら花を咲かすこともできます。つまり、ミニ仕立ての開花草花が作れるのです。



     


お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2008