家庭菜園

フキの植えつけと上手な管理

 山野に自生するフキは、極めて数少ない日本原産の野菜です。家の庭先や木陰、畑の片隅などに植えておけば、あまり手を掛けなくても毎年取り続けられるので大変便利です。通常は葉柄を食べますが、早春に取れるフキノトウの、苦味のある独特な味も格別です。
 植えつけの適期は、暑さが遠のき始めた8月下旬から9月にかけてです。すでに栽培されているところや自生地から根株を掘り上げてきて、しっかり充実した地下茎を3〜4節(長さ10〜15cmぐらい)に切り分け、これを種根とします。根株がなければ、園芸店などで少数ずつ袋詰めされたものが、シーズンに入れば売り出されます。
 植えつけ場所には早めに石灰を全面にばらまき、よく耕し込んでおきます。そして50〜60cm間隔にくわ幅の溝を掘り、元肥に堆肥(たいひ)と油かすを施したあと土を戻し、25〜30cm間隔に、横向きに種根を並べ置いて、3〜4cm覆土します。その上に防乾、防暑のために稲わらまたは乾草などを覆っておきます。
 茎葉が伸びてきたら、春から秋の間に3〜4回ほど、少量の油かすを株の周りにばらまいて追肥をします。細根が浅いところに張っているので、肥料は根やけを起こさせないものを適量与えることが大切です。
 夏の強い日差しを嫌うので、木陰など半日陰に植えるのがベターですが、日当たりの艮い場所では遮光資材を用いたり、丈の長い作物を2〜3列置きに植えるなど、陰を作る工夫をしてみましょう。
 一度植えたら4〜5年以上もそのままで収穫し続けられますが、良質品を得るには2〜3年で植え替えすることをおすすめします。

地下部をできるだけ大きくつけて掘り上げる 地下茎は節を3〜4節つけ、
10〜15cmの長さに切り分ける


肥料の3要素の役割

  夏の間、水やりと草取りが中心だった花壇の仕事も、来年の春花壇のための苗作り、株分けなどが始まります。
 秋まき草花の種まきは、秋の彼岸前後に終えましょう。秋まき草花の発芽適温は15度くらいで、春まき草花より発芽適温は低いのですが、秋は気温の下がり方が急なので、種まきが遅れると、寒さが来るまでに植物体が根をよく伸ばせず、十分な大きさに育たない心配があります。
 10月には、球根の植えつけや今月まいた草花の定植の時期になるので、植えつけの2〜3週間前には花壇の地ごしらえをしておきましょう。石灰で土を中和し、元肥を入れてやります。
 植物の体は、水、炭素、窒素、リン酸、カリ、マグネシウム、硫黄、鉄、カルシウムなどでできています。これらがバランス良く供給されないと丈夫な草花に育たず、良い花が咲かないことになります。このうち、水分と炭素は、根から吸い上げた水や、自分が光合成(炭酸同化作用)で作った炭水化物があり、ほかのものも土中にあるものを根から吸い上げて利用します。
 ただ、最も多く必要な、いわゆる肥料の3要素である窒素、リン酸、カリは、土中のものだけでは十分でなく、肥料として与えてやる必要があります。窒素は、植物のタンパク質のもとになるものですし、葉緑素を作るのにも必要です。葉や茎を大きくする役割を果たすものといえます。リン酸は細胞の分裂を促す働きがありますので、花や種子を作るのに必要なものです。カリは植物体を丈夫に育てる働きがあります。



     


お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA