家庭菜園

冬の青菜の主役・小松菜

 

 小松菜は在来のカブから分化した古い歴史を持つツケナの代表種です。小松菜という名は、江戸時代に現・東京都江戸川区の小松川周辺の特産であったことから呼ばれるようになったと伝えられています。
 市場に多く出回っているのは葉身が円形で緑の濃い丸葉系ですが、クキタチナ、大崎菜、武州寒菜、女池菜など、類似の在来品種は全国各地にあります。
 寒さ・暑さによく耐え、強健で育てやすく、連作障害も出にくく、作りやすい野菜です。カルシウムやビタミン類、鉄分などを多く含み、栄養価が高く、まさに冬の青菜の主役といってよいでしょう。
 正月に使うには、関東南部以西なら50〜60日の生育期間を見て、10月末〜11月初旬ごろに播種(はしゅ)すればよいでしょう。寒い地域では、ビニールトンネルやべた掛け資材を被覆して保温した方が品質の良いものが得られます。べた掛けは防虫効果も得られ、無農薬栽培も可能で、家庭菜園には特におすすめです。
 畑はあらかじめ石灰をまいて耕しておき、播種前に堆肥(たいひ)、油かす、化成肥料を元肥として全面に散布し、15cmぐらいの深さに耕し込んでおきます。
 通常、くわ幅のまき溝を作って条まきにしますが、狭い畑を有効に使うにはベットを設けて細かい条まきにし、1cm厚さに覆土します。
 図のように発芽したら間引き、降雨のあとは中耕して土を柔らかくしておきます。生育半ばに1回、少量の追肥をする程度と管理は至って楽で、入門野菜としてもおすすめです。


サフランを毎年咲かす

 秋まき草花は、地温15〜20度がまきどきです。10月は多くの地域で、この条件に合う気候になるでしょう。
 9月にまいた草花は、かなり大きくなり、込み合ってきているでしょうから、10月初めには一度植え広げて仮植えをしておき、下旬に花壇に定植します。宿根草の草花の芽挿し、株分け、植え替えも、同じころには終えましょう。
 10月後半は、秋植え球根の植えつけ適期になります。温帯地方が原産の植物なので、秋の涼しさ、冬の寒さに遭遇して、春の暖かさで花開く性質があります。冬の間は、茎や葉は大きくなる必要はなく、球根が寒さに当たればいいのですが、球根が冬の寒さに耐えるためには、十分な水分を必要とします。そのため、厳しい寒さが来る前に、根をよく伸ばしておく必要があります。
 秋植え球根の中に、クロッカスの仲間のサフランがあります。約1ヶ月で咲くという早業の草花です。皿のような平たい容器にミズゴケを敷いて育ててもよし、花壇に植えても、また鉢やプランターで育ててもいいのですが、この時期の急場しのぎ的に、風景を飾るのに便利な草花です。
 ところが、この植物は植えた年は見事に花が咲くのですが、次の年は咲かないことが多くあります。花後の初夏までにできる新球が小さいと咲かないので、花壇では植える前の花壇の地ごしらえで、十分に肥料を入れて、大きな新球を育てるようにします。花が終わったらすぐに肥料を十分に施して、地ごしらえをした花壇に植え直しておきましょう。



     


お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2008