家庭菜園

根深ネギの土寄せ軟白のポイント

 

 夏の暑いさなかに苗を植えつけた根深ネギは、生育の好適温の下でどんどん育ってきました。この時期に肥料を十分に効かせて生育を促すとともに、伸び上がってくる葉鞘部(白根になる部分)を完全に土寄せし、長い軟白部に仕上げることが大切です。そのためには土寄せの時期と作業を適切に行う必要があります。
 これまでの生育前半期の管理としては、溝の肩の部分に追肥し、それを土に混ぜるようにして溝の中に土を落とし込み、次に溝を埋めてしまう方法で行ってきましたが、これからは畝(うね)の通路の部分の肥料をばらまき、それを耕し込みながら、葉鞘部に土を寄せます。その程度は、緑葉のつけ根ぐらいまでとします。
 そして最終の土寄せの完成は、収穫の目標日を決めて、そこからさかのぼって約40日前に行うようにしましょう。冬の低温期には、葉鞘の緑色が失せて十分軟白するまでに40日ぐらいを要するからです。年末に収穫するなら11月の15〜20日ということです。
 このとき、図のように葉の緑の部分が7〜8cm隠れるほど十分な量を、緑色のすき間にきっちり入れるように、丁寧に寄せ上げます。指先ですき間に土を入れ込むようにすれば最良です。火山灰土の軽い土の畑では、乾いた状態だと作業がしにくく、細粒が葉の間に入り込んだりしやすいので、一雨降ったあとで作業ができればいいでしょう。
 長い軟白部に仕上げたネギは、収穫のとき白根の最下部が出るほど十分に土を掘り下げて、折らないよう丁寧に抜き取りましょう。

−最後の土寄せ−  −収穫−
 
収穫予定日の約40日前に行う
緑葉の茎部が埋まるぐらい
しっかり土を寄せる
 根元まで深く掘り下げて引き抜く


ユリの球根は深植えで

 春咲き球根草花の植えつけは早めに終えましょう。
 ヒヤシンスやクロッカスなどの球根の水栽培をするなら、水温が14〜15度になるころに始めます。寒くなって低温に当てるまでに十分に根を伸ばしておきたいところですが、あまり早くから始めると、水温が高くて病菌が繁殖して失敗することがあります。
 ササが反り返ったような独特の花弁、色も濃厚なものから清楚(せいそ)なものまであって、春から夏にかけての花壇に華やかさを提供してくれるユリ類は、一般の春咲き球根草花より遅くまで植えつけることができます。おおむね寒さに強く、気温に対する適応幅は広いからです。
 ユリは面白い形態を持っています。根が球根の底からだけではなく、球根の上に出る茎からも出るのです。球根の底部から出る根を底出根あるいは下根といい、球根直上の茎からでる根を吸収根あるいは茎出根と呼びます。下根は太いのですが数が少なく、上根は細いものの数多く出ます。下根は養分を吸い上げる能力が低く、上根の方が養水分の吸収能力に優れています。ですから上根のことを吸収根というわけです。
 上根は、地上部の成長に先立って伸びだし、花が咲くころ最も多くなります。つまり、ユリの生育、開花に重要な役割をするのが上根です。良い花を咲かすには、上根を多く出させることが重要です。この上根は茎出根ですが、土がないと出ません。ですから、ユリの球根は、ほかの球根より深めに植えつけて、地中にある茎の部分を多くしてやることが大切になります。ほかの球根より、球根1個分深くします。球根3個分以上の土がかぶっているくらいにしましょう。



     


お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

All Rights Reserved,Copyright(c) JA TOTTORI INABA 2000-2008