トップページ営農情報新鮮野菜生活JAのご案内リンク集ネットショップええもん届ける便
家庭菜園

堆肥づくりのシーズン

 野菜づくりの成功のポイントは良い土づくりにありますが、そのための第一条件は、畑に地力をつけることです。このときに大切なのが堆肥です。
 堆肥の材料としては稲わら、落ち葉、枯れ草、家畜ふんなどの有機質資材が必要ですが、その材料は身近にたくさんあります。庭の落ち葉や雑草、台所から出る生ゴミに至るまで、分解するものなら何でも堆肥資材になります。堆肥づくりはこれらの材料を集めることから始まりますが、この時期は材料が豊富であり、今から着手すれば春の夏野菜の準備に十分間に合います。
 堆肥づくりの基本は、これらの材料に含まれている糖類やタンパク質を、微生物の働きによってよく分解させることです。そのためには微生物が働きやすい条件を上手に作り出すことです。そこで大切なのは水と空気のバランス、微生物の体を構成するタンパク質のもとになる窒素成分です。
 作り方のコツは、堆肥資材に水と窒素源(油かす、米ぬか、鶏ふん、硫安肥料など)を加え、適当な酸素量となるように足で踏み固めることです。実際には材料を30pほどの厚さに積み、水と窒素源を与えて踏みつけ、さらに2層、3層と積み上げます。雨を受けると水分過多になり、また肥料成分が流失するので、プラスチックシートで覆い、発酵を待ちます。その後2〜3回積み直して均一に腐熟させ、黒ずんで砕けやすくなったら、良い堆肥の出来上がりです。
30cmくらいの高さに積み、水、油かすを全体にまく。その上に同じように何層にも積む。
腐熟が進んできたら切り返して積み直す。(2〜3回)
中心部の材料を外へ、外側のものを内側へ。


1月の園芸

 育苗中の草花はもちろんですが、地中に眠っているように見える球根も、冬のあいだ春の伸長に備えて根を活動させています。水が不足して活動を鈍らせると、冬越しの体力や良い花を咲かせる力を弱めるので、水やりは欠かせません。この冬は気温が高めのようですから、花壇の土の乾燥はいつもの年より強いかもしれません。土の表面が白く乾いたら、十分に水をかけてやります。昼間の気温が上がるころがよいでしょう。
 花壇で何も植えてない部分は、1月から2月の寒い時期に深く耕しておきます。これを「天地返し」とか「寒ざらし」といい、この1年間下層にあった土を日光や空気にさらすことで、潜んでいた害虫や病菌を殺し、土を水や空気を含みやすい構造(団粒構造)に変えます。布団を干すようなものです。
 草花ではありませんが、冬の庭を彩ってくれる園芸植物としてセンリョウやマンリョウがあります。緑の葉の下に真っ赤な実が鈴なりになっている姿は目を引きつけます。実が真っ赤になったころ、中の種子を取り出して、まいてみませんか。春、暖かくなると発芽しますので、1年間育てて、来春に鉢や庭に植え替えましよう。
 年初めですから「一年の計は元旦にあり」ということで、花壇作りの年間計画を立ててみましょう。昔"こたつ園芸"などと言う人がいましたが、寒さに縮こまってこたつに入っているときに、家族でいろいろ思いをめぐらせてみてはどうでしょう。特に、これまで作ってみたいと思っていても種が手に入らなかったり、気がついたときには時期遅れだったりしてやれなかったものを手がけるには、事前の計画が大切です。






1月 2月 3月
→シュンギクの摘み取り栽培のこつ →イチゴ年明け後のイチゴの管理 →ジャガイモバレイショの植付けと管理
→種子使い残った種子の上手な貯蔵法 →野菜今年の菜園に魅力野菜を!! →春植え果菜類の元肥のやり方
→サヤエンドウサヤエンドウこれからの管理 →タマネギこれからのタマネギ管理 →ジャムにして逸品のルバーブづくり
→早春に種まきできるトンネル栽培 →根株を軟化してミョウガダケに →早春に種まきできるトンネル栽培
→ジャガイモジャガイモの植えつけ →ネギ春まきのネギ苗づくり →自分でできる果菜類の苗づくり
→イチゴ冬の間のイチゴの管理 →小物野菜のトンネル栽培 →ハクサイ超小型で育てやすいハクサイ登場
→堆肥づくりのシーズン →春どりコカブのトンネル栽培 →茎が長く伸びる新顔のシュンギク
→菜園の計は元旦にあり →サヤエンドウサヤエンドウの冬期の管理

4月 5月 6月
→果菜類トンネル栽培の上手な管理 →ショウガ夏に涼味を!筆ショウガ作り →スイカスイカの実どまりを良くするには
→インゲンマメ手軽に作れて重宝するインゲンマメ →モロヘイヤ栄養価の優等生!!モロヘイヤを作ろう。 →オクラ花も実(莢果(きょうか))も人気のあるオクラ
→野菜春まき野菜の種まき →果菜類は接ぎ木苗で連作障害を防ぐ →タマネギタマネギの収穫
→モロヘイヤ健康野菜モロヘイヤ栽培に挑戦 →タマネギタマネギの収穫 →夏の強光・虫よけに効く、べたがけ資材
→ジャガイモジャガイモ萌芽後の上手な管理 →手軽で有効なキャップ利用のすすめ →果莱類の追肥のポイント
→キュウリ手軽にできるキュウリの低支柱栽培 →エダマメ、トウモロコシはセル苗で →人気の中国野菜チンゲンサイ
→連作に耐える接ぎ木苗の手配は早めに →インゲンマメ長く収穫が楽しめるインゲンマメ →暑さに強く育てやすいカイラン
→ショウガ夏に涼味を ショウガづくり →実入りの良いトウモロコシ作り →ナス色つやの良いナスを取り続ける

7月 8月 9月
→ニンジンニンジンの種播きは適期を守り、覆土は薄めに →ナスおいしい秋ナス取りのための若返り法 →ホウレンソウホウレンソウの上手な育て方
→キュウリこれから間に合う地這いキュウリづくり →サラダに美味、新顔野菜のトレビス →タマネギタマネギの苗づくりのポイント
→サトイモサトイモの追肥と土寄せ →長い間収穫が楽しめるメキャベツ →ダイコンダイコン作りのポイント
→ハクサイハクサイの種まき・苗づくり →ダイコンダイコンの肥料の上手な与え方 →タマネギタマネギ苗の準備と上手な植え方
→茎が球形に肥大するコールラビー →プランター野菜〜夏の水やりのコツ →フキの植え付けと管理
→ニンジンニンジンの種まき、上手に発芽を →玉レタスのまきどきと苗づくり →人気が高く育て方も楽な水菜
→ネギ根深ネギの上手な植え方 →ハクサイ球根ハクサイ作りのポイント →タマネギタマネギの苗作り 種まきのコツ
→ブロッコリー新鮮な味が長く楽しめるブロッコリー →彩り豊かなミックスレタスを楽しむ →フキの植えつけと上手な管理

10月 11月 12月
→ソラマメソラマメの種まきと栽培管理 →サトイモサトイモの収穫と蓄え方 →多回刈り取り収穫できるワケギ
→連作にも耐える強健野菜コマツナ →ネギ白ネギ(根深ネギ)の土寄せ →アスパラガスアスパラガスの冬の手入れ
→作るのが簡単、重宝なナバナ →ブロッコリーブロッコリーは、わき芽の蕾も有効利用 →野菜種類選びのポイント
→冬どり軟弱野菜の防寒対策 →タマネギタマネギ苗の植え付けと肥料の与え方 →冬の間に地力を高めるたい肥づくりを
→トンネル栽培で冬どり葉菜類を →身近で育てる冬のプランター野莱 →アスパラガスアスパラガスの植え付けと管理
→手軽に作れて重宝するルッコラ →タマネギタマネギの植えつけと上手な施肥 →収穫した後の野菜の茎葉の処理
→ソラマメソラマメの種まき →ネギ根深ネギの土寄せ軟白のポイント →スィートキャロット
→冬の青菜の主役・小松菜   →ハクサイ結球したハクサイの防寒対策

 

お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140
中 大
ご利用にあたって | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 利用者等との利益相反管理方針   このページの先頭へ