愛菜館農園だより 5月号

愛菜館農園だより 5月号
(2010年4月2、16、30日(金)実施)

 4月の実技指導のテーマは「苗の手入れと定植」でした。

 これまでの実習で育ててきた苗(ブロッコリー、ネギ、メロン)の手入れを行い、頃合いを見て露地、ハウス内に定植しました。
 ブロッコリーは本葉3枚になった頃、外気に1週間ほど晒し、定植しました。 ネギは寒さに強いので霜などの害を受けません。そこで、4月になったら外で育苗し、V字の間から子葉が出始めたくらいで定植を行いました。メロンはポットの下から根が出る前に、定植を行いました。

5月は14、28日(金)実技指導実施予定!!

※通常毎週金曜日(冬場は1週間おき)午前9時よりJAの専門営農指導員が丁寧に指導しています。お気軽に覗いてみて下さい。
〜ブロッコリーの定植〜
今年は4月の気温が低かったので、ブロッコリーの苗が少し紫(アントシアン)がかってしましましたが、心配ありません。 定植から2週間後、追肥と土寄せを行いました。今回の肥料はダブルクイックNN660を施用しました。 ハモグリバエの痕跡です。
ブロッコリーでは問題ありません。ただし、エンドウマメ等では要注意の害虫です。
〜ネギの定植〜
ネギは寒さに強いので4月からは外で育苗します。過保護に育てると伸び過ぎてしまうので注意して下さい。 定植のタイミングはV字の間から子葉が出てきたらを目安にしてみましょう。 2週間ほど外気に晒したのち、定植します。
〜メロンの定植〜
メロンはハウス内に黒マルチをひき、定植します。マルチに穴をあける道具を使用してもいいですし、カミソリ等で×に切る方法もあります。 せっかくの熱が逃げてしまわないよう、マルチの穴はきちんと塞ぎましょう。
また、穴を塞ぐ際に苗の株下に露地の土はかけないようにします。
80cm程度の間隔をあけて定植完了です。最後に灌水は、株下だけでなくマルチ上にも水が溜まる位かけます。そうすることで湿度が保たれます。

このページの先頭へ
中 大