愛菜館農園だより 9月号

愛菜館農園だより 9月号
(2010年8月6、20、27日(金)実施)

 8月の実技指導では、7月に引き続き農薬の説明と、秋の収穫に向けての準備について説明を行いました。
 今年は、お盆を過ぎても残暑が厳しく気温の高い状態が続いたため、害虫、病気や水管理でのトラブルが多く発生し、これらの問題についての対処法や、秋の作物の準備についても気温が高いため少し遅らせるよう指導員が丁寧に指導を行いました。
 9月はストック、小松菜、ネギなど秋の作物について実習を予定しています。

9月は3、10、17、24日(金)実技指導実施予定!!

※通常毎週金曜日(冬場は1週間おき)午前9時よりJAの専門営農指導員が丁寧に指導しています。お気軽に覗いてみて下さい。
〜ストック〜
8/20にストックの種まきを行いました。
ストックはお彼岸の時期に出回る八重咲きの花です。(2009/2/9撮影)
これがストックの種です!例年は3〜4粒ずつ播きますが、今年は暑いので4〜5粒ずつ直播しました。使用したのはアイアンシリーズとステッキシリーズ(新品種)です。 は種は、ペットボトルの蓋を使うと楽に穴が開けられます。
その後、発芽し、9月の実習で八重鑑別を行う予定です。
〜アスパラ〜
立茎中の株で茎枯病が発生。産地を壊滅させる事もある大変な病気です。周りに感染するので、発病個体は早急に取り除きましょう。 茎枯病は写真のような病斑が現れ、最終的に枯死していまします。 発病個体は取り除き、畑の外に持ち出しましょう。また、取り除く際に葉が落ちるので注意しましょう。
〜ネギ・ナス〜
ネギでは、今年の暑さと乾燥により、一部で黄色や白色に変色した葉が目立ちます。 愛菜館のある場所では、夕立もほとんど降らず、乾燥を好むネギでもきつい状態。そのため、こまめに灌水を行っています。 ナスは男性の肩ぐらいの高さにまで成長しました。引き続き追肥・整枝管理をして収穫を行います。
〜その他〜
7月に引き続き、農薬について講習しました。農薬も適期・適量で使う事により、安心安全に、且つ作業の軽減に繋げられます。 今年はお盆後も残暑厳しく、指導員もちょっとバテ気味です。皆そろって汗をふきつつ取材担当と会話していました。 秋近し・・・なんですがこの暑さで、秋物の種まき等は例年より1週間ほど遅らせた方が良い状況です!
熱中症などに気をつけて作業しましょう。

このページの先頭へ
中 大