愛菜館農園だより2月号

愛菜館農園だより2月号
(2011年1月14日、28日(金)実施)

 2011年の実技指導は、雪に囲まれたハウスの中で始まりました。
 1月14日のテーマは「土壌づくり」です。良い土の作り方を学びました。良い土は美味しい野菜を育てるための基本です。
 1月28日のテーマは「ブロッコリーの種まき」です。ブロッコリーは緑黄色野菜で栄養価も高く、鮮やかな緑色で料理に彩りを与えます。春に収穫する品種ということで、冬季での育苗方法も学びました。

2月は18日(金)実技指導実施予定!!

※通常毎週金曜日(冬場は1週間おき)午前9時よりJAの専門営農指導員が丁寧に指導しています。お気軽に覗いてみて下さい。
〜土壌づくり〜
寒い中、多くの方が参加されました。皆さんが真剣に河崎指導員の説明を聞いておられました。

農園にあるハウスの土も改良中です。使う堆肥の種類や使用量などは、育てる野菜によって違います。よく調べて最適な物を選びましょう! 今回はぴょんぴょんネットさんが取材に来ていました。営農指導の様子を放送するのは不定期ということで、見れた人はラッキーかも!?
〜ブロッコリーの種まき〜
水稲用育苗箱に乗せたセルトレーに均一に用土を入れ、同じサイズのセルトレーを使って浅い窪みを作ります。 今回は“ピクセル”という品種の種を播きました。1粒ずつ種を播き、軽く覆土をして水を与えます。少量ずつ数回与えるのがポイント! 寒い冬の間は温度管理が重要です。土の温度を下げ過ぎないよう、セルトレーにビニールなどをかけて保温しましょう。

このページの先頭へ
中 大