愛菜館農園だより3月号

愛菜館農園だより3月号
(2011年2月18日(金)実施)

 2月の実技指導テーマは、1月に引き続き「土壌づくり」、そして新たに「連作について」です。今回は、野菜に合った堆肥や肥料の上手な選び方について説明しました。使う堆肥によって、野菜の味が良くなったり作業の手間が省けたりするものもあるのです。
 そして、連作障害と輪作についても説明しました。連作障害の障害を避け、いつも新鮮な野菜を育てるための輪作について指導しました。

3月は4日、18日(金)実技指導実施予定!!

※通常毎週金曜日(冬場は1週間おき)午前9時よりJAの専門営農指導員が丁寧に指導しています。お気軽に覗いてみて下さい。
〜土壌づくり〜
引き続き「けたか有機」を使用してハウスの土壌を改良中。牛フンの堆肥は土作りに最適なのです。柔らかく良質な土ができますよ♪ 堆肥だけでなく成分バランスの良い化成肥料も土作りには有効です。しかし、野菜によって必要な養分は様々。肥料の成分を良く見て選びましょう。 連作障害を避けるためには、菜園をいくつかに区切り種類の違う野菜を組み合わせて作ります。輪作年限や病害虫の被害程度を十分に考えて作付しましょう。
〜やまひがし有機センター〜

大きな地図で見る
「けたか有機」は、やまひがし有機センターで作られています。完全堆肥なのでガスが発生することがなく、臭いもほとんど無いので、ハウスでの使用も安心です。 けたか有機はJAグリーンや資材館での袋売り以外にも、トラックで畑への直接配達も行っています!大量に購入されたい人にはオススメです☆ お問い合わせはやまひがし有機センター
所在地:鳥取市気高町山宮643-23
TEL:(0857)84-6255
または各支店 営農経済課まで

このページの先頭へ
中 大