愛菜館農園だより4月号

愛菜館農園だより4月号
(2011年3月4日、18日(金)実施)

 3月は晴れたと思ったら雪が積もるというとても不安定な天気の中での実技指導となりました。
 実技指導テーマは春の収穫や夏の定植に向けて、白ねぎの育苗と小松菜の種まきの指導を行いました。主に農機具を使っての実技となりました。

4月は1日、15日(金)、28日(木)実技指導実施予定!!

※通常毎週金曜日(冬場は1週間おき)午前9時よりJAの専門営農指導員が丁寧に指導しています。お気軽に覗いてみて下さい。
〜白ねぎの育苗〜
白ねぎは苗の状態で販売されることがあまりありません。そのため、白ねぎを栽培するには種から育てるしかないのです。 今回は白ねぎのコート種子を使用しました。コート種子は大きさも形もまちまちな種子を天然物成分で均一な形状に被覆造粒したものです。 種子を播いたら、土が流れないように数回に分けてしっかりと水をやります。しかし、芽は水に弱いので芽が出たら水のやり過ぎには注意!
〜小松菜の種まき〜
1月・2月で土壌改良を行った場所に小松菜の種を播きます。今回は、手ではなく、播種機「ごんべえ」を使用して播きました。 この「ごんべえ」は1台4役!溝切り・播種・覆土・鎮圧を行います。畝の上をコロコロと押すだけで種まき完了! 保温のために“すくも”を上に播きます。すくもは水をよく吸ってしまうので、いつもより多めに水やりするくらいが丁度良いですよ。

このページの先頭へ
中 大