愛菜館農園だより(2013年3月号)

愛菜館農園だより3月号
(2013年2月8日、22日(金)実施)

  2月の実技指導は、ジャガイモの定植とスイートコーンの苗作りでした。ジャガイモの定植は雪がまだ残る2月8日に行いました。ハウスならではの早めの定植で、植える際の注意点を指導しました。昨年もジャガイモを作りましたが、昨年とは違う品種を使ったので収穫が楽しみです。
  2月22日の実技指導は、スイートコーンの苗作りでした。一般的な黄色いトウモロコシよりも栽培が難しい薄いクリーム色のとうもろこしを作ります。野菜に合ったセルトレーの選び方も指導しました。

3月は8日、22日(金)実技指導実施予定!!

※通常毎週金曜日(冬場は1週間おき)午前9時よりJAの専門営農指導員が丁寧に指導しています。お気軽に覗いてみて下さい。
〜ジャガイモ〜
2月上旬、外には雪が残っていましたが露地栽培より一足早くハウス内にジャガイモを定植しました。今回はメークイン、アンデスレッド、十勝こがねの3品種を栽培します。 種芋は、事前に苗箱で芽出しをしておくと良いでしょう。寒い時期の定植なので芽が出にくいのです。(※露地での定植は通常2月下旬〜3月中旬) 土の深い部分は温度が低く、ジャガイモの生育に影響がでるので深植えしないのがポイントです。後で土寄せをするので、最初は浅く植えても問題ありません。
〜スイートコーン〜
スイートコーンは、黄色・バイカラ―(黄+白)の2種類が一般的ですが、今回栽培するのは粒がクリーム色の「バニラッシュ」を作ります。甘みが強いのが特徴です。 苗をセルトレーで作ります。トウモロコシの苗は128穴のサイズを使います。ブロッコリーや白菜もこのサイズを使用します。ネギなどの小さい苗は200穴のサイズが適しています。 種まきのあとは必ず水やりです。水やりの仕方として、少しずつ回数を分けて広範囲にかけていきます。苗箱がたくさん並んでいるイメージでかけると満遍なく水やり出来ますよ。

≪前月    次月≫

このページの先頭へ
中 大